サムエル記上25
    脚注
    Theme

    第25章

    1 さてサムエルがんだので、イスラエルの人々ひとびとはみなあつまって、かれのためにひじょうにかなしみ、ラマにあるそのいえかれほうむった。そしてダビデはってパランの荒野あらのくだってった。

    2 マオンに、ひとりのひとがあって、カルメルにその所有しょゆうがあり、ひじょうに裕福ゆうふくで、ひつじ三千とう、やぎ一千とうっていた。かれはカルメルでひつじっていた。

    3 そのひとはナバルといい、つまはアビガイルといった。アビガイルはかしこくてうつくしかったが、そのおっと剛情ごうじょうで、粗暴そぼうであった。かれはカレブびとであった。

    4 ダビデは荒野あらのにいて、ナバルがそのひつじっていることをいたので、

    5 にん若者わかものをつかわし、その若者わかものたちにった、「カルメルにのぼってってナバルのところき、わたしのをもってかれにあいさつし、

    6 かれにこういなさい、『どうぞあなたに平安へいあんがあるように。あなたのいえ平安へいあんがあるように。またあなたのすべてのもの平安へいあんがあるように。

    7 わたしはあなたがひつじっておられることをきました。あなたの羊飼ひつじかいたちはわれわれと一緒いっしょにいたのですが、われわれはかれらをすこしもがいしませんでした。またかれらはカルメルにいるあいだに、なにひとつうしなったことはありません。

    8 あなたの若者わかものたちにいてみられるならば、わかります。それゆえ、わたしの若者わかものたちに、あなたの好意こういしめしてください。われわれはしゅくにきたのです。どうぞ、あなたのもとにあるものを、おくものとして、しもべどもとあなたのダビデにください』」。

    9 ダビデの若者わかものたちはって、ダビデのをもって、これらの言葉ことばをナバルにかたり、そしてっていた。

    10 ナバルはダビデの若者わかものたちにこたえてった、「ダビデとはだれか。エッサイのとはだれか。このごろは、主人しゅじんててげるしもべがおおい。

    11 どうしてわたしのパンとみず、またわたしのひつじ人々ひとびとのためにほふったにくをとって、どこからきたのかわからない人々ひとびとあたえることができようか」。

    12 ダビデの若者わかものたちは、そこをり、かえってきて、かれにこのすべてのことげた。

    13 そこでダビデは従者じゅうしゃたちにった、「おのおの、つるぎをびなさい」。かれらはおのおのつるぎをび、ダビデもまたつるぎをびた。そしておおよそ四百にんがダビデにしたがってのぼっていき、二百にん荷物にもつのところにとどまった。

    14 ところで、ひとりの若者わかものがナバルのつまアビガイルにった、「ダビデが荒野あらのから使者ししゃをつかわして、主人しゅじんにあいさつをしたのに、主人しゅじんはその使者ししゃたちをののしられました。

    15 しかし、あの人々ひとびとはわれわれにだいへんよくしてくれて、われわれはすこしもがいけず、またわれわれがにいたときかれらとともにいたあいだは、なにひとつうしなったことはありませんでした。

    16 われわれがひつじってかれらとともにいるあいだかれらはよるひるもわれわれのかきとなってくれました。

    17 それで、あなたはいまそれをって、自分じぶんのすることをかんがえてください。主人しゅじんとその一家いっかわざわいきるからです。しかも主人しゅじんはよこしまなひとで、はなしかけることもできません」。

    18 そのとき、アビガイルはいそいでパン二百、ぶどうしゅかわぶくろ二つ、調理ちょうりしたひつじとう、いりむぎ五セア、ほしぶどう百ふさ、ほしいちじくのかたまり二百をって、ろばにのせ、

    19 若者わかものたちにった、「わたしのさきにすすみなさい。わたしはあなたがたのうしろに、ついてきます」。しかし彼女かのじょおっとナバルにはげなかった。

    20 アビガイルが、ろばにって山陰やまかげくだってきたとき、ダビデと従者じゅうしゃたちは彼女かのじょほうかってりてきたので、彼女かのじょはその人々ひとびと出会であった。

    21 さて、ダビデはさきにこうった、「わたしはこのひと荒野あらのっているものをみなまもって、そのひとぞくするものなにひとつなくならないようにしたが、それはまったくむだであった。かれはわたしのした親切しんせつあくをもってむくいた。

    22 もしわたしがあすのあさまで、ナバルにぞくするすべてのもののうち、ひとりのおとこでものこしておくならば、かみ幾重いくえにもダビデをばっしてくださるように」。

    23 アビガイルはダビデをて、いそいで、ろばをり、ダビデのまえにひれし、

    24 そのあしもとにしてった、「わがきみよ、このとがをわたしだけにわせてください。しかしどうぞ、はしために、あなたのみみかたることをゆるし、はしための言葉ことばをおきください。

    25 わがきみよ、どうぞ、このよこしまなひとナバルのことをにかけないでください。あのひとはそののとおりです。はナバルで、おろかなものです。あなたのはしためであるわたしは、わがきみなるあなたがつかわされた若者わかものたちをなかったのです。

    26 それゆえいま、わがきみよ、しゅきておられます。またあなたはきておられます。しゅは、あなたがきてながし、またずから、あだをむくいるのをとどめられました。どうぞいま、あなたのてき、およびわがきみがいくわえようとするものは、ナバルのごとくになりますように。

    27 いま、あなたのつかえめが、わがきみたずさえてきたおくものを、わがきみしたが若者わかものたちにあたえてください。

    28 どうぞ、はしためのとがをゆるしてください。しゅかならずわがきみのためにたしかないえつくられるでしょう。わがきみしゅのいくさをたたかい、またこのきながらえられるあいだ、あなたのうちにわるいことがいだされないからです。

    29 たといひとってあなたをい、あなたのいのちもとめても、わがきみいのちは、きているものたばにたばねられて、あなたのかみしゅのもとにまもられるでしょう。しかししゅはあなたのてきいのちを、いしげのなかからげるように、てられるでしょう。

    30 そしてしゅがあなたについてかたられたすべてのいことをわがきみおこない、あなたをイスラエルのつかさににんじられるとき

    31 あなたが、ゆえなくながし、またわがきみがみずからあだをむくいたとうことで、それがあなたのつまずきとなり、またわがきみこころめとなることのないようにしてください。しゅがわがきみくせられるとき、このはしためをおもいだしてください」。

    32 ダビデはアビガイルにった、「きょう、あなたをつかわして、わたしをむかえさせられたイスラエルのかみしゅはほむべきかな。

    33 あなたの知恵ちえはほむべきかな。またあなたはほむべきかな。あなたは、きょう、わたしがきてながし、ずからあだをむくいることをとどめられたのです。

    34 わたしがあなたをがいすることをとどめられたイスラエルのかみしゅはまことにきておられる。もしあなたがいそいでわたしにいにこなかったならば、あすのあさまでには、ナバルのところに、ひとりのおとこのこらなかったでしょう」。

    35 ダビデはアビガイルがたずさえてきたものをそのからけて、彼女かのじょった、「あなたは無事ぶじにのぼって、いえかえりなさい。わたしはあなたのこえきいれ、あなたのねがいをゆるします」。

    36 こうしてアビガイルはナバルのもとにきたが、よ、かれはそのいえで、おう酒宴しゅえんのような酒宴しゅえんひらいていた。ナバルはこころたのしみ、ひじょうにっていたので、アビガイルはくるあさまでこと大小だいしょうわずなにをもかれげなかった。

    37 あさになってナバルのいがさめたとき、そのつまかれにこれらのことげると、かれこころはそのうちにんで、かれいしのようになった。

    38 ばかりしてしゅがナバルをたれたのでかれんだ。

    39 ダビデはナバルがんだといてった、「しゅはほむべきかな。しゅはわたしがナバルのからけた侮辱ぶじょくむくいて、しもべがあくをおこなわないようにされた。しゅはナバルの悪行あくぎょうをそのこうべにむくいられたのだ」。ダビデはアビガイルをつまにめとろうと、ひとをつかわして彼女かのじょもうんだ。

    40 ダビデのしもべたちはカルメルにいるアビガイルのところにきて、彼女かのじょった、「ダビデはあなたをつまにめとろうと、われわれをあなたのところへつかわしたのです」。

    41 アビガイルはち、にひれはいしてった、「はしためは、わがきみのしもべたちのあしあらうつかえめです」。

    42 アビガイルはいそいでち、ろばにって、五にん侍女じじょたちをれ、ダビデの使者ししゃたちにしたがってき、ダビデのつまとなった。

    43 ダビデはまたエズレルのアヒノアムをめとった。彼女かのじょたちはふたりともダビデのつまとなった。

    44 ところでサウルはそのむすめ、ダビデのつまミカルを、ガリムのひとであるライシのパルテにあたえた。