サムエル記上29
    脚注
    Theme

    第29章

    1 さてペリシテびとは、その軍勢ぐんぜいをことごとくアペクにあつめた。イスラエルびとはエズレルにあるいずみのかたわらにじんった。

    2 ペリシテびとのきみたちは、あるいは百にん、あるいは千にんひきいてすすみ、ダビデとその従者じゅうしゃたちはアキシとともに、しんがりになってすすんだ。

    3 そのとき、ペリシテびとのきみたちはった、「これらのヘブルびとはここでなにをしているのか」。アキシはペリシテびとたちにった、「これはイスラエルのおうサウルのしもべダビデではないか。かれはこのごろ、このとしごろ、わたしとともにいたが、ちてきたからきょうまで、わたしはかれにあやまちがあったのをたことがない」。

    4 しかしペリシテびとのきみたちはかれかっていかった。そしてペリシテびとのきみたちはかれった、「このひとかえらせて、あなたがかれいたもとのところかせなさい。われわれと一緒いっしょかれたたかいにくだらせてはならない。たたかいのときかれがわれわれのてきとなるかもれないからである。このものなにをもってその主君しゅくんとやわらぐことができようか。ここにいる人々ひとびとくびをもってするほかはあるまい。

    5 これは、かつて人々ひとびとおどりのうちにうたいかわして、『サウルは千をころし、ダビデはまんころした』とった、あのダビデではないか」。

    6 そこでアキシはダビデをんでった、「しゅきておられる。あなたはただしいひとである。あなたがわたしと一緒いっしょたたかいに出入でいりすることをわたしはいとおもっている。それはあなたがわたしのところにきたからこのまで、わたしは、あなたにわることがあったのをたことがないからである。しかしペリシテびとのきみたちはあなたをわない。

    7 それゆえいまやすらかにかえってきなさい。かれらがわるいとおもうことはしないがよかろう」。

    8 ダビデはアキシにった、「しかしわたしがなにをしたというのですか。わたしがあなたにつかえはじめたからこのまでに、あなたはしもべのなにられたので、わたしはって、わたしの主君しゅくんであるおうてきたたかうことができないのですか」。

    9 アキシはダビデにこたえた、「わたしはて、あなたがかみ使つかいのようにりっぱなひとであることをっている。しかし、ペリシテびとのきみたちは、『われわれと一緒いっしょかれたたかいにのぼらせてはならない』とっている。

    10 それで、あなたは、一緒いっしょにきたあなたの主君しゅくんのしもべたちとともあさはやきなさい。そしてあさはやき、よるけてからりなさい」。

    11 こうしてダビデとその従者じゅうしゃたちとはともにペリシテびとのかえろうと、あさはやきて出立しゅったつしたが、ペリシテびとはエズレルへのぼってった。