聖典
サムエル記上22
戻る 次へ

第22章

1 こうしてダビデはそのところり、アドラムのほらあなへのがれた。かれ兄弟きょうだいたちとちちいえものみな、これをき、そのところくだってかれのもとにきた。

2 また、しえたげられている人々ひとびと負債ふさいのある人々ひとびとこころ不満ふまんのある人々ひとびとみなかれのもとにあつまってきて、かれはそのちょうとなった。おおよそ四百にん人々ひとびとかれともにあった。

3 ダビデはそこからモアブのミヅパへき、モアブのおうった、「かみがわたしのためにどんなことをされるかわかるまで、どうぞわたしの父母ふぼをあなたのところにおらせてください」。

4 そしてかれはモアブのおうかれらをたくしたので、かれらはダビデが要害ようがいにおるあいだおうところにおった。

5 さて、預言者よげんしゃガドはダビデにった、「要害ようがいにとどまっていないで、ってユダのきなさい」。そこでダビデはって、ハレテのもりった。

6 サウルは、ダビデおよびかれともにいる人々ひとびとつかったということをいた。サウルはギベアで、やりをにもって、おかのぎょりゅうのしたにすわっており、家来けらいたちはみなそのまわりにっていた。

7 サウルはまわりにっている家来けらいたちにった、「あなたがたベニヤミンびとはきなさい。エッサイのもまた、あなたがたおのおのにはたけやぶどうはたけあたえ、おのおのを千にんちょう、百にんちょうにするであろうか。

8 あなたがたはみなともにはかってわたしにてきした。わたしのがエッサイの契約けいやくむすんでも、それをわたしにげるものはなく、またあなたがたのうち、ひとりもわたしのためにうれえず、きょうのように、わたしのがわたしのしもべをそそのかしてわたしにさからわせ、みちかれがわたしをせするようになっても、わたしにげるものはない」。

9 そのときエドムびとドエグは、サウルの家来けらいたちのそばにっていたが、こたえてった、「わたしはエッサイのがノブにいるアヒトブのアヒメレクのところにきたのをました。

10 アヒメレクはかれのためにしゅい、またかれ食物しょくもつあたえ、ペリシテびとゴリアテのつるぎをあたえました」。

11 そこでおうひとをつかわして、アヒトブの祭司さいしアヒメレクとそのちちいえのすべてのもの、すなわちノブの祭司さいしたちをしたので、みなおうところにきた。

12 サウルはった、「アヒトブのよ、きなさい」。かれこたえた、「わがしゅよ、わたしはここにおります」。

13 サウルはかれった、「どうしてあなたはエッサイのともにはかってわたしにてきし、かれにパンとつるぎをあたえ、かれのためにかみい、きょうのようにかれをわたしにさからってたせ、みちせさせるのか」。

14 アヒメレクはおうこたえてった、「あなたの家来けらいのうち、ダビデのように忠義ちゅうぎものがほかにありますか。かれおうむすめ婿むこであり、近衛このえへいちょうであって、あなたのいえたっとばれるひとではありませんか。

15 かれのためにかみうたのは、きょうはじめてでしょうか。いいえ、けっしてそうではありません。おうよ、どうぞ、しもべとちち全家ぜんかつみわせないでください。しもべは、これについては、こと大小だいしょうわず、なにをもらなかったのです」。

16 おうった、「アヒメレクよ、あなたはかならころされなければならない。あなたのちち全家ぜんかおなじである」。

17 そしておうはまわりにっている近衛このえへいった、「をひるがえして、しゅ祭司さいしたちをころしなさい。かれらもダビデと協力きょうりょくしていて、ダビデのげたのをりながら、それをわたしにげなかったからです」。ところがおう家来けらいたちはしゅ祭司さいしたちをころすためにくだそうとはしなかった。

18 そこでおうはドエグにった、「あなたがをひるがえして、祭司さいしたちをころしなさい」。エドムびとドエグはをひるがえして祭司さいしたちをち、その亜麻あまぬののエポデをにつけているもの八十五にんころした。

19 かれはまた、つるぎをもって祭司さいしまちノブをち、つるぎをもっておとこおんなおさ乳飲ちのうし、ろば、ひつじころした。

20 しかしアヒトブのアヒメレクのたちのひとりで、をアビヤタルというひとは、のがれてダビデのところはしった。

21 そしてアビヤタルは、サウルがしゅ祭司さいしたちをころしたことをダビデにげたので、

22 ダビデはアビヤタルにった、「あの、エドムびとドエグがあそこにいたので、わたしはかれがきっとサウルにげるであろうとおもった。わたしがあなたのちちいえ人々ひとびといのちうしなわせるもととなったのです。

23 あなたはわたしのところにとどまってください。おそれることはありません。あなたのいのちもとめるものは、わたしのいのちをももとめているのです。わたしのところにおられるならば、あなたは安全あんぜんでしょう」。