サムエル記上9
    脚注
    Theme

    第9章

    1 さて、ベニヤミンのひとで、キシという裕福ゆうふくひとがあった。キシはアビエルの、アビエルはゼロルの、ゼロルはベコラテの、ベコラテはアピヤの、アピヤはベニヤミンびとである。

    2 キシにはサウルというがあった。わかくてうるわしく、イスラエルの人々ひとびとのうちにかれよりもうるわしいひとはなく、たみのだれよりもかたからうえたかかった。

    3 サウルのちちキシのすうとうのろばがいなくなった。そこでキシは、そのサウルにった、「しもべをひとりれて、ってき、ろばをさがしてきなさい」。

    4 そこでふたりはエフライムの山地さんちとおりすぎ、シャリシャのとおぎたけれども見当みあたらず、シャリムのとおぎたけれどもおらず、ベニヤミンのとおぎたけれども見当みあたらなかった。

    5 かれらがツフのにきたとき、サウルはれてきたしもべにった、「さあ、かえろう。ちちは、ろばのことよりも、われわれのことを心配しんぱいするだろう」。

    6 ところが、しもべはった、「このまちにはかみひとがおられます。たっとひとで、そのわれることはみなそのとおりになります。そのところきましょう。われわれのてきたたびのことについてなにしめされるでしょう」。

    7 サウルはしもべにった、「しかしくのであれば、そのひとなにおくろうか。ふくろのパンはもはや、なくなり、かみひとっていくおくものがない。なにかありますか」。

    8 しもべは、またサウルにこたえた、「わたしのに四ぶんの一シケルのぎんがあります。わたしはこれを、かみひとあたえて、われわれのみちしめしてもらいましょう」。

    9 ——むかしイスラエルでは、かみうためにときには、こうった、「さあ、われわれは先見者せんけんしゃのところへこう」。いま預言者よげんしゃは、むかし先見者せんけんしゃといわれていたのである。——

    10 サウルはそのしもべにった、「それはい。さあ、こう」。こうしてかれらは、かみひとのいるそのまちった。

    11 かれらはまちさかのぼっているときみずをくむためにてくるおとめたちに出会であったので、かれらにった、「先見者せんけんしゃはここにおられますか」。

    12 おとめたちはこたえた、「おられます。ごらんなさい、このさきです。いそいできなさい。たみがきょうたかところ犠牲ぎせいをささげるので、たったいままちにこられたところです。

    13 あなたがたは、まちにはいるとすぐ、あのかたがたかところのぼって食事しょくじされるまええるでしょう。たみはそのかたがこられるまでは食事しょくじをしません。あのかたが犠牲ぎせい祝福しゅくふくされてから、まねかれた人々ひとびと食事しょくじをするのです。さあ、のぼっていきなさい。すぐにえるでしょう」。

    14 こうしてかれらはまちのぼっていった。そしてまちなかに、はいろうとしたとき、サムエルはたかところのぼるためかれらのほうにかっててきた。

    15 さてサウルがる一にちまえに、しゅはサムエルのみみげてわれた、

    16 「あすのいまごろ、あなたのところに、ベニヤミンのから、ひとりのひとをつかわすであろう。あなたはそのひとあぶらそそいで、わたしのたみイスラエルのきみとしなさい。かれはわたしのたみをペリシテびとのからすくすであろう。わたしのたみさけびがわたしにとどき、わたしがそのなやみをかえりみるからである」。

    17 サムエルがサウルをときしゅわれた、「よ、わたしのったのはこのひとである。このひとがわたしのたみおさめるであろう」。

    18 そのときサウルは、もんなかでサムエルにちかづいてった、「先見者せんけんしゃいえはどこですか。どうかおしえてください」。

    19 サムエルはサウルにこたえた、「わたしがその先見者せんけんしゃです。わたしのまえって、たかところのぼりなさい。あなたがたは、きょう、わたしと一緒いっしょ食事しょくじしなさい。わたしはあすのあさあなたをかえらせ、あなたのこころにあることをみなしめしましょう。

    20 まえに、いなくなったあなたのろばは、もはやつかったのでこころにかけなくてもよろしい。しかしイスラエルのすべてののぞましきものはだれのものですか。それはあなたのもの、あなたのちちいえのすべてのひとのものではありませんか」。

    21 サウルはこたえた、「わたしはイスラエルのうちのもっとちいさい部族ぶぞくのベニヤミンびとであって、わたしの一族いちぞくはまたベニヤミンのどの一族いちぞくよりもいやしいものではありませんか。どうしてあなたは、そのようなことをわたしにわれるのですか」。

    22 サムエルはサウルとそのしもべをみちびいて、へやにはいり、まねかれた三十にんほどのうちの上座かみざにすわらせた。

    23 そしてサムエルは料理りょうりにんった、「あなたにわたして、りのけておくようにとっておいたぶんってきなさい」。

    24 料理りょうりにんは、ももとそのうえ部分ぶぶんげて、それをサウルのまえいた。そしてサムエルはった、「ごらんなさい。っておいたものが、あなたのまえかれています。しあがってください。あなたが客人きゃくじんたちと一緒いっしょ食事しょくじができるように、このときまで、あなたのためにっておいたものです」。こうしてサウルはそのサムエルと一緒いっしょ食事しょくじをした。

    25 そしてかれらがたかところくだってまちにはいったとき、サウルのために屋上おくじょうとこもうけられ、かれはそのうえよこたえてた。

    26 そして夜明よあけになって、サムエルは屋上おくじょうのサウルにばわってった、「きなさい。あなたをおおくりします」。サウルはがった。そしてサウルとサムエルのふたりは、ともそとた。

    27 かれらがまちはずれにくだったとき、サムエルはサウルにった、「あなたのしもべにさきくようにいなさい。しもべがさきったら、あなたは、しばらくここにちとどまってください。かみ言葉ことばらせましょう」。