サムエル記上3
    脚注
    Theme

    第3章

    1 わらべサムエルは、エリのまえで、しゅつかえていた。そのころ、しゅ言葉ことばはまれで、黙示もくしつねではなかった。

    2 さてエリは、しだいにがかすんで、ることができなくなり、そのとき自分じぶんのへやでていた。

    3 かみのともしびはまだえず、サムエルがかみはこのあるしゅ神殿しんでんていたとき

    4 しゅは「サムエルよ、サムエルよ」とばれた。かれは「はい、ここにおります」とって、

    5 エリのところはしっていってった、「あなたがおおよびになりました。わたしは、ここにおります」。しかしエリはった、「わたしはばない。かえってなさい」。かれってた。

    6 しゅはまたかさねて「サムエルよ、サムエルよ」とばれた。サムエルはきてエリのもとへってった、「あなたがおおよびになりました。わたしは、ここにおります」。エリはった、「よ、わたしはばない。もう一なさい」。

    7 サムエルはまだしゅらず、しゅ言葉ことばがまだかれあらわされなかった。

    8 しゅはまた三度目どめにサムエルをばれたので、サムエルはきてエリのもとへってった、「あなたがおおよびになりました。わたしは、ここにおります」。そのとき、エリはしゅがわらべをばれたのであることをさとった。

    9 そしてエリはサムエルにった、「ってなさい。もしあなたをばれたら、『しもべはきます。しゅよ、おはなしください』といなさい」。サムエルはって自分じぶんところた。

    10 しゅはきてち、まえのように、「サムエルよ、サムエルよ」とばれたので、サムエルはった、「しもべはきます。おはなしください」。

    11 そのときしゅはサムエルにわれた、「よ、わたしはイスラエルのうちに一つのことをする。それをものはみな、みみが二つともるであろう。

    12 そのには、わたしが、かつてエリのいえについてはなしたことを、はじめからおわりまでことごとく、エリにおこなうであろう。

    13 わたしはエリに、かれっている悪事あくじのゆえに、そのいえ永久えいきゅうばっすることをげる。そのらがかみをけがしているのに、かれがそれをとめなかったからである。

    14 それゆえ、わたしはエリのいえちかう。エリのいえあくは、犠牲ぎせいそなものをもってしても、永久えいきゅうにあがなわれないであろう」。

    15 サムエルはあさまでて、しゅみやをあけたが、サムエルはそのまぼろしのことをエリにかたるのをおそれた。

    16 しかしエリはサムエルをんでった、「わがサムエルよ」。サムエルはった、「はい、ここにおります」。

    17 エリはった、「何事なにごとをおげになったのか。かくさずはなしてください。もしおげになったことを一つでもかくして、わたしにわないならば、どうぞかみがあなたをばっし、さらにおもばっせられるように」。

    18 そこでサムエルは、そのことをことごとくはなして、なにかれかくさなかった。エリはった、「それはしゅである。どうぞしゅが、いとおもうことをおこなわれるように」。

    19 サムエルはそだっていった。しゅかれともにおられて、その言葉ことばを一つもちないようにされたので、

    20 ダンからベエルシバまで、イスラエルのすべてのひとは、サムエルがしゅ預言者よげんしゃさだめられたことをった。

    21 しゅはふたたびシロであらわれられた。すなわちしゅはシロで、しゅ言葉ことばによって、サムエルにみずからをあらわされた。こうしてサムエルの言葉ことばは、あまねくイスラエルの人々ひとびとおよんだ。