サムエル記上11
    脚注
    Theme

    第11章

    1 アンモンびとナハシはのぼってきて、ヤベシ・ギレアデをかこんだ。ヤベシの人々ひとびとはナハシにった、「われわれと契約けいやくむすびなさい。そうすればわれわれはあなたにつかえます」。

    2 しかしアンモンびとナハシはかれらにった、「つぎ条件じょうけんであなたがたと契約けいやくむすぼう。すなわち、わたしが、あなたがたすべてのみぎをえぐりって、ぜんイスラエルをはずかしめるということだ」。

    3 ヤベシの長老ちょうろうたちはかれった、「われわれに七日なぬか猶予ゆうよあたえ、イスラエルのぜん領土りょうど使者ししゃおくることをゆるしてください。そしてもしわれわれをすくものがないとき降伏こうふくします」。

    4 こうして使者ししゃが、サウルのギベアにきて、このことたみみみげたので、たみはみなこえをあげていた。

    5 そのときサウルははたけからうしのあとについてきた。そしてサウルはった、「たみいているのは、どうしたのか」。人々ひとびとかれにヤベシの人々ひとびとことげた。

    6 サウルがこの言葉ことばいたときかみれいはげしくかれうえのぞんだので、かれいかりははなはだしくえた。

    7 かれは一くびきのうしをとり、それをき、使者ししゃによってイスラエルのぜん領土りょうどおくってわせた、「だれであってもサウルとサムエルとにしたがってないものは、そのうしがこのようにされるであろう」。たみしゅおそれて、ひとりのようにてきた。

    8 サウルはベゼクでそれをかぞえたが、イスラエルの人々ひとびとは三十万、ユダの人々ひとびとは三万であった。

    9 そして人々ひとびとは、きた使者ししゃたちにった、「ヤベシ・ギレアデのひとにこういなさい、『あす、あつくなるころ、あなたがたはすくいるであろう』と」。使者ししゃかえって、ヤベシの人々ひとびとげたので、かれらはよろこんだ。

    10 そこでヤベシの人々ひとびとった、「あす、われわれは降伏こうふくします。なんでも、あなたがたがいとおもうことを、われわれにしてください」。

    11 くる、サウルはたみを三つの部隊ぶたいけ、あかつきにてき陣営じんえいり、あつくなるころまで、アンモンびとをころした。のこったものはちりぢりになって、ふたり一緒いっしょにいるものはなかった。

    12 そのときたみはサムエルにった、「さきに、『サウルがどうしてわれわれをおさめることができようか』とったものはだれでしょうか。その人々ひとびとしてください。われわれはその人々ひとびところします」。

    13 しかしサウルはった、「しゅはきょう、イスラエルにすくいほどこされたのですから、きょうはひところしてはなりません」。

    14 そこでサムエルはたみった、「さあ、ギルガルへって、あそこで王国おうこく一新いっしんしよう」。

    15 こうしてたみはみなギルガルへって、そのところしゅまえにサウルをおうとし、酬恩祭しゅうおんさいしゅまえにささげ、サウルとイスラエルの人々ひとびとみな、そのところおおいにいわった。