聖典
サムエル記上23
戻る 次へ

第23章

1 さて人々ひとびとはダビデにげてった、「ペリシテびとがケイラをめて、穀物こくもつをかすめています」。

2 そこでダビデはしゅうてった、「わたしがって、このペリシテびとをちましょうか」。しゅはダビデにわれた、「ってペリシテびとをち、ケイラをすくいなさい」。

3 しかしダビデの従者じゅうしゃたちはかれった、「われわれは、ユダのここにおってさえ、おそれているのに、ましてケイラへって、ペリシテびとのぐんあたることができましょうか」。

4 ダビデがかさねてしゅうたところ、しゅかれこたえてわれた、「って、ケイラへくだりなさい。わたしはペリシテびとをあなたのわたします」。

5 ダビデとその従者じゅうしゃたちはケイラへって、ペリシテびととたたかい、かれらの家畜かちくうばいとり、かれらをおおころした。こうしてダビデはケイラの住民じゅうみんすくった。

6 アヒメレクのアビヤタルは、ケイラにいるダビデのもとにのがれてきたときにエポデをもってくだってきた。

7 さてダビデのケイラにきたことがサウルにきこえたので、サウルはった、「かみはわたしのかれをわたされた。かれもんかんのあるまちにはいって、自分じぶんじこめたからである」。

8 そこでサウルはすべてのたみたたかいにあつめて、ケイラにくだり、ダビデとその従者じゅうしゃかこもうとした。

9 ダビデはサウルが自分じぶんがいくわえようとしているのをって、祭司さいしアビヤタルにった、「エポデをってきてください」。

10 そしてダビデはった、「イスラエルのかみしゅよ、しもべはサウルがケイラにきて、わたしのために、このまちほろぼそうとしていることをたしかにきました。

11 ケイラの人々ひとびとはわたしをかれわたすでしょうか。しもべのいたように、サウルはくだってくるでしょうか。イスラエルのかみしゅよ、どうぞ、しもべにげてください」。しゅわれた、「かれくだってる」。

12 ダビデはった、「ケイラの人々ひとびとはわたしと従者じゅうしゃたちをサウルのにわたすでしょうか」。しゅわれた、「かれらはあなたがたをわたすであろう」。

13 そこでダビデとその六百にんほどの従者じゅうしゃたちはって、ケイラをり、いずこともなくさまよった。ダビデのケイラからったことがサウルにきこえたので、サウルはたたかいにることをやめた。

14 ダビデは荒野あらのにある要害ようがいにおり、またジフの荒野あらの山地さんちにおった。サウルは日々ひびかれたずもとめたが、かみかれをそのわたされなかった。

15 さてダビデはサウルが自分じぶんいのちもとめててきたのでおそれた。そのときダビデはジフの荒野あらののホレシにいたが、

16 サウルのヨナタンはって、ホレシにいるダビデのもとにき、かみによってかれちからづけた。

17 そしてヨナタンはかれった、「おそれるにはおよびません。ちちサウルのはあなたにとどかないでしょう。あなたはイスラエルのおうとなり、わたしはあなたのつぎとなるでしょう。このことはちちサウルもっています」。

18 こうしてかれらふたりはしゅまえ契約けいやくむすび、ダビデはホレシにとどまり、ヨナタンはいえかえった。

19 そのときジフびとはギベアにいるサウルのもとにのぼってき、そしてった、「ダビデは、荒野あらのみなみにあるハキラのおかうえのホレシの要害ようがいかくれて、われわれとともにいるではありませんか。

20 それゆえおうよ、あなたがくだってこうというのぞみのとおり、いまくだってきてください。われわれはかれおうわたします」。

21 サウルはった、「あなたがたはわたしに同情どうじょうせてくれたのです。どうぞしゅがあなたがたを祝福しゅくふくされるように。

22 あなたがたはって、なおたしかめてください。かれのよくところとだれがそこでかれたかをきわめてください。ひとかたるところによると、かれはひじょうに悪賢わるがしこいそうだ。

23 それで、あなたがたはかれかくれるかく場所ばしょをみなきわめ、たしかならせをもってわたしのところかえってきなさい。そのときわたしはあなたがたとともきます。もしかれがこのにいるならば、わたしはユダの氏族しぞくをあまねくたずねてかれさがしだします」。

24 かれらはって、サウルに先立さきだってジフへった。さてダビデとその従者じゅうしゃたちは荒野あらのみなみのアラバにあるマオンの荒野あらのにいた。

25 そしてサウルとその従者じゅうしゃたちはきてかれさがした。人々ひとびとがこれをダビデにげたので、ダビデはマオンの荒野あらのにあるいわところくだってった。サウルはこれをいて、マオンの荒野あらのにきてダビデをった。

26 サウルはやまのこちらがわき、ダビデとその従者じゅうしゃたちとはやまのむこうがわおこなった。そしてダビデはいそいでサウルからのがれようとした。サウルとその従者じゅうしゃたちが、ダビデとその従者じゅうしゃたちをかこんでとらえようとしたからである。

27 そのとき、サウルのところに、ひとりの使者ししゃがきてった、「ペリシテびとがくにおかしています。いそいできてください」。

28 そこでサウルはダビデをうことをやめてかえり、ってペリシテびとにあたった。それで人々ひとびとは、そのところを「のがれのいわ」とづけた。

29 ダビデはそこからのぼってエンゲデの要害ようがいにいた。