サムエル記上17
    脚注
    Theme

    第17章

    1 さてペリシテびとは、ぐんあつめてたたかおうとし、ユダにぞくするソコにあつまって、ソコとアゼカのあいだにあるエペス・ダミムに陣取じんどった。

    2 サウルとイスラエルの人々ひとびとあつまってエラのたに陣取じんどり、ペリシテびとにたいして戦列せんれつをしいた。

    3 ペリシテびとはこうのやまうえち、イスラエルはこちらのやまうえった。そのかんたにがあった。

    4 ときに、ペリシテびとのじんから、ガテのゴリアテというの、たたかいをいどむものてきた。のたけは六キュビトはん

    5 あたまには青銅せいどうのかぶとをいただき、には、うろことじのよろいをていた。そのよろいは青銅せいどうおもさ五千シケル。

    6 またあしには青銅せいどうのすねとうけ、かたには青銅せいどうげやりを背負せおっていた。

    7 っているやりのは、はた巻棒まきぼうのようであり、やりのてつは六百シケルであった。かれまえには、たてものすすんだ。

    8 ゴリアテはってイスラエルの戦列せんれつかってさけんだ、「なにゆえ戦列せんれつをつくっててきたのか。わたしはペリシテびと、おまえたちはサウルの家来けらいではないか。おまえたちから、ひとりをえらんで、わたしのところへくだってこさせよ。

    9 もしそのひとたたかってわたしをころすことができたら、われわれはおまえたちの家来けらいとなる。しかしわたしがってそのひところしたら、おまえたちは、われわれの家来けらいになってつかえなければならない」。

    10 またこのペリシテびとはった、「わたしは、きょうイスラエルの戦列せんれつにいどむ。ひとりをして、わたしとたたかわせよ」。

    11 サウルとイスラエルのすべてのひとは、ペリシテびとのこの言葉ことばいておどろき、ひじょうにおそれた。

    12 さて、ダビデはユダのベツレヘムにいたエフラタびとエッサイというひとで、このひとはちにんがあったが、サウルのにはとしすすんで、すでに年老としおいていた。

    13 エッサイのらのうち、うえの三にんはサウルにしたがって戦争せんそうた。そのたたかいにた三にんは、長子ちょうしをエリアブといい、つぎをアビナダブといい、だい三をシャンマとった。

    14 ダビデはすえであって、あににんはサウルにしたがった。

    15 ダビデはサウルのところからったりきたりして、ベツレヘムでちちひつじっていた。

    16 あのペリシテびとは四十にちあいだ朝夕あさゆうてきて、かれらのまえった。

    17 ときに、エッサイはそのダビデにった、「あにたちのため、このいりむぎ一エパと、この十のパンをとって、いそいで陣営じんえいにいるあにところっていきなさい。

    18 またこの十の乾酪かんらくって、千にんちょうにもってき、あにたちの安否あんぴとどけて、そのしるしをもらってきなさい」。

    19 さてサウルとかれらおよびイスラエルのすべてのひとは、エラのたにでペリシテびととたたかっていた。

    20 ダビデはあさはやくきて、ひつじ番人ばんにんたくし、エッサイがめいじたように食料しょくりょうひんたずさえてった。かれ陣営じんえいいたとき軍勢ぐんぜいは、ときのこえをあげて戦線せんせんようとしていた。

    21 そしてイスラエルとペリシテびととは戦列せんれついて、ぐんぐんった。

    22 ダビデは荷物にもつをおろして、荷物にもつまもものにあずけ、戦列せんれつほうはしって、あにたちのところき、かれらの安否あんぴたずねた。

    23 あにたちとかたっているとき、ペリシテびとの戦列せんれつから、ガテのペリシテびとで、をゴリアテという、あのたたかいをいどむもののぼってきて、まえおな言葉ことばったので、ダビデはそれをいた。

    24 イスラエルのすべてのひとは、そのひとて、けてげ、ひじょうにおそれた。

    25 イスラエルの人々ひとびとはまたった、「あなたがたは、あののぼってきたひとたか。たしかにイスラエルにいどむためにのぼってきたのだ。かれころひとは、おうおおいなるとみあたえてませ、そのむすめあたえ、そのちちいえにはイスラエルのうちでぜいまぬかれさせるであろう」。

    26 ダビデはかたわらにっている人々ひとびとった、「このペリシテびとをころし、イスラエルのはじをすすぐひとには、どうされるのですか。この割礼かつれいなきペリシテびとは何者なにものなので、けるかみぐんをいどむのか」。

    27 たみまえおなじように、「かれころひとにはこうされるであろう」とこたえた。

    28 うえあにエリアブはダビデが人々ひとびとかたるのをいて、ダビデにかいいかりをはっしてった、「なんのためにくだってきたのか。にいるわずかのひつじはだれにたくしたのか。あなたのわがままとわるこころはわかっている。たたかいをるためにくだってきたのだ」。

    29 ダビデはった、「わたしがいまなにをしたというのですか。ただひとこといっただけではありませんか」。

    30 またふりいて、ほかのひとまえのようにかたったところ、たみはまたおなじようにこたえた。

    31 人々ひとびとはダビデのかたった言葉ことばいて、それをサウルにげたので、サウルはかれせた。

    32 ダビデはサウルにった、「だれもかれのゆえにおとしてはなりません。しもべがってあのペリシテびととたたかいましょう」。

    33 サウルはダビデにった、「って、あのペリシテびととたたかうことはできない。あなたは年少ねんしょうだが、かれわかときからの軍人ぐんじんだからです」。

    34 しかしダビデはサウルにった、「しもべはちちひつじっていたのですが、しし、あるいはくまがきて、れの小羊こひつじったとき

    35 わたしはそのあとをって、これをち、小羊こひつじをそのくちからすくいだしました。そのけものがわたしにとびかかってきたときは、ひげをつかまえて、それをころしました。

    36 しもべはすでに、ししと、くまをころしました。この割礼かつれいなきペリシテびとも、けるかみぐんをいどんだのですから、あのけものの一とうのようになるでしょう」。

    37 ダビデはまたった、「ししのつめ、くまのつめからわたしをすくされたしゅは、またわたしを、このペリシテびとのからすくされるでしょう」。サウルはダビデにった、「きなさい。どうぞしゅがあなたとともにおられるように」。

    38 そしてサウルは自分じぶんのいくさころもをダビデにせ、青銅せいどうのかぶとを、そのあたまにかぶらせ、また、うろことじのよろいをにまとわせた。

    39 ダビデは、いくさころもうえに、つるぎをびてこうとしたが、できなかった。それにれていなかったからである。そこでダビデはサウルにった、「わたしはこれらのものをけていくことはできません。れていないからです」。

    40 ダビデはそれらをぎすて、につえをとり、谷間たにまからなめらかないしえらびとって自分じぶんっている羊飼ひつじかいふくろれ、いしげをって、あのペリシテびとにちかづいた。

    41 そのペリシテびとはすすんできてダビデにちかづいた。そのたてをものかれまえにいた。

    42 ペリシテびとはまわしてダビデを、これをあなどった。まだわかくて血色けっしょくがよく、姿すがたうつくしかったからである。

    43 ペリシテびとはダビデにった、「つえをって、かってくるが、わたしはいぬなのか」。ペリシテびとは、また神々かみがみによってダビデをのろった。

    44 ペリシテびとはダビデにった、「さあ、かってこい。おまえのにくを、そらとりけもののえじきにしてくれよう」。

    45 ダビデはペリシテびとにった、「おまえはつるぎと、やりと、げやりをって、わたしにかってくるが、わたしは万軍ばんぐんしゅ、すなわち、おまえがいどんだ、イスラエルのぐんかみによって、おまえにかう。

    46 きょう、しゅは、おまえをわたしのにわたされるであろう。わたしは、おまえをって、くびをはね、ペリシテびとの軍勢ぐんぜいかばねを、きょう、そらとり野獣やじゅうのえじきにし、イスラエルに、かみがおられることをぜんらせよう。

    47 またこのぜん会衆かいしゅうも、しゅすくいほどこすのに、つるぎとやりをもちいられないことをるであろう。このたたかいはしゅたたかいであって、しゅがわれわれのにおまえたちをわたされるからである」。

    48 そのペリシテびとががり、ちかづいてきてダビデにかったので、ダビデはいそ戦線せんせんはして、ペリシテびとにかった。

    49 ダビデはふくろれて、そのなかから一つのいしり、いしげでげて、ペリシテびとのひたいったので、いしはそのひたいはいり、うつむきにたおれた。

    50 こうしてダビデはいしげといしをもってペリシテびとにち、ペリシテびとをって、これをころした。ダビデのにつるぎがなかったので、

    51 ダビデははしりよってペリシテびとのうえり、そのつるぎをって、さやからきはなし、それをもってかれころし、そのくびをはねた。ペリシテの人々ひとびとは、その勇士ゆうしんだのをげた。

    52 イスラエルとユダの人々ひとびとちあがり、ときをあげて、ペリシテびとを追撃ついげきし、ガテおよびエクロンのもんにまでおよんだ。そのためペリシテびとの負傷ふしょうしゃは、シャライムからガテおよびエクロンにみちうえたおれた。

    53 イスラエルの人々ひとびとはペリシテびとの追撃ついげきえてかえり、その陣営じんえい略奪りゃくだつした。

    54 ダビデは、あのペリシテびとのくびってエルサレムへってったが、その武器ぶき自分じぶん天幕てんまくいた。

    55 サウルはダビデがあのペリシテびとにかってていくのをて、ぐんちょうアブネルにった、「アブネルよ、この若者わかものはだれのか」。アブネルはった、「おうよ、あなたのいのちにかけてちかいます。わたしはらないのです」。

    56 おうった、「この若者わかものがだれのか、たずねてみよ」。

    57 ダビデが、あのペリシテびとをころしてかえってきたとき、アブネルは、ペリシテびとのくびっているかれを、サウルのまえれてった。

    58 サウルはかれった、「若者わかものよ、あなたはだれのか」。ダビデはこたえた、「あなたのしもべ、ベツレヘムびとエッサイのです」。