サムエル記上31
    脚注
    Theme

    第31章

    1 さてペリシテびとはイスラエルとたたかった。イスラエルの人々ひとびとはペリシテびとのまえからげ、おおくのものきずついてギルボアやまにたおれた。

    2 ペリシテびとはサウルとそのらにり、そしてペリシテびとはサウルのヨナタン、アビナダブ、およびマルキシュアをころした。

    3 たたかいははげしくサウルにせまり、ゆみものどもがサウルをつけて、かれたので、サウルはものたちにひどいきずわされた。

    4 そこでサウルはその武器ぶきものった、「つるぎをき、それをもってわたしをせ。さもないと、これらの割礼かつれいものどもがきて、わたしをし、わたしをなぶりごろしにするであろう」。しかしその武器ぶきものは、ひじょうにおそれて、それにおうじなかったので、サウルは、つるぎをって、そのうえした。

    5 武器ぶきものはサウルがんだのをて、自分じぶんもまたつるぎのうえして、かれともんだ。

    6 こうしてサウルとその三にんたち、およびサウルの武器ぶきもの、ならびにその従者じゅうしゃたちはみな、このともんだ。

    7 イスラエルの人々ひとびとで、たにこうがわ、およびヨルダンのこうがわにいるものが、イスラエルの人々ひとびとげるのを、またサウルとそのたちのんだのを町々まちまちててげたので、ペリシテびとはきてそのなかんだ。

    8 あくる、ペリシテびとはころされたものから、はぎるためにきたが、サウルとその三にんたちがギルボアやまにたおれているのをつけた。

    9 かれらはサウルのくびり、そのよろいをはぎり、ペリシテびとのぜんひとをつかわして、このらせを、その偶像ぐうぞうたみとにつたえさせた。

    10 またかれらは、そのよろいをアシタロテの神殿しんでんき、かれのからだをベテシャンの城壁じょうへきにくぎづけにした。

    11 ヤベシ・ギレアデの住民じゅうみんたちは、ペリシテびとがサウルにしたこといて、

    12 勇士ゆうしたちはみなち、もすがらって、サウルのからだと、そのたちのからだをベテシャンの城壁じょうへきからりおろし、ヤベシにきて、これをそこでき、

    13 そのほねって、ヤベシのぎょりゅうのしたほうむり、七日なぬかあいだ断食だんじきした。