サムエル記上26
    脚注
    Theme

    第26章

    1 そのころジフびとがギベアにおるサウルのもとにきてった、「ダビデは荒野あらのまえにあるハキラのやまかくれているではありませんか」。

    2 サウルはって、ジフの荒野あらのでダビデをさがすために、イスラエルのうちからえらんだ三千にんをひきれて、ジフの荒野あらのくだった。

    3 サウルは荒野あらのまえみちのかたわらにあるハキラのやまじんった。ダビデは荒野あらのにとどまっていたが、サウルが自分じぶんのあとをって荒野あらのにきたのをて、

    4 斥候せっこうし、サウルがたしかにきたのをった。

    5 そしてダビデはって、サウルがじんっているところって、サウルとそのぐんちょう、ネルのアブネルのている場所ばしょた。サウルは陣所じんしょのうちにていて、たみはその周囲しゅうい宿営しゅくえいしていた。

    6 ダビデは、ヘテびとアヒメレク、およびゼルヤので、ヨアブの兄弟きょうだいであるアビシャイにった、「だれがわたしとともにサウルのじんくだってくか」。アビシャイはった、「わたしが一緒いっしょくだってきます」。

    7 こうしてダビデとアビシャイとがよるたみのところへってみると、サウルは陣所じんしょのうちによこたえてており、そのやりはまくらもとにきさしてあった。そしてアブネルとたみらとはその周囲しゅういていた。

    8 アビシャイはダビデにった、「かみはきょうてきをあなたのわたされました。どうぞわたしに、かれのやりをもってひときでかれしとおさせてください。ふたたびくにはおよびません」。

    9 しかしダビデはアビシャイにった、「かれころしてはならない。しゅあぶらそそがれたものかって、をのべ、つみないものがあろうか」。

    10 ダビデはまたった、「しゅきておられる。しゅかれたれるであろう。あるいはかれるであろう。あるいはたたかいにくだってってほろびるであろう。

    11 しゅあぶらそそがれたものかって、わたしがをのべることをしゅきんじられる。しかしいま、そのまくらもとにあるやりとみずのびんをりなさい。そしてわれわれはろう」。

    12 こうしてダビデはサウルのまくらもとから、やりとみずのびんをってかれらはったが、だれもそれをず、だれもらず、また、だれもをさまさず、みなねむっていた。しゅかれらをふかねむらされたからである。

    13 ダビデはこうがわわたってって、とおはなれてやまいただきった。かれらのあいだへだたりはおおきかった。

    14 ダビデはたみとネルのアブネルにばわってった、「アブネルよ、あなたはこたえないのか」。アブネルはこたえてった、「おうんでいるあなたはだれか」。

    15 ダビデはアブネルにった、「あなたはおとこではないか。イスラエルのうちに、あなたにおよひとがあろうか。それであるのに、どうしてあなたは主君しゅくんであるおうまもらなかったのか。たみのひとりが、あなたの主君しゅくんであるおうころそうとして、はいりこんだではないか。

    16 あなたがしたこのことくない。しゅきておられる。あなたがたは、まさにあたいする。しゅあぶらをそそがれた、あなたの主君しゅくんまもらなかったからだ。いまおうのやりがどこにあるか。そのまくらもとにあったみずのびんがどこにあるかをなさい」。

    17 サウルはダビデのこえきわけてった、「わがダビデよ、これはあなたのこえか」。ダビデはった、「おう、わがきみよ、わたしのこえです」。

    18 ダビデはまたった、「わがきみはどうしてしもべのあとをわれるのですか。わたしがなにをしたのですか。わたしのになんのわるいことがあるのですか。

    19 おう、わがきみよ、どうぞ、いましもべの言葉ことばいてください。もししゅがあなたをうごかして、わたしのてきとされたのであれば、どうぞしゅそなものけてやわらいでくださるように。もし、それがひとであるならば、どうぞその人々ひとびとしゅまえにのろいをけるように。かれらが『おまえはって神々かみがみつかえなさい』とって、きょう、わたしをし、しゅぎょうにあずかることができないようにしたからです。

    20 それゆえいましゅまえはなれて、わたしのちることのないようにしてください。イスラエルのおうは、ひとやまで、しゃこをうように、わたしのいのちろうとしててこられたのです」。

    21 そのとき、サウルはった、「わたしはつみおかした。わがダビデよ、かえってきてください。きょう、わたしのいのちがあなたのたっとられたゆえ、わたしは、もはやあなたにがいくわえないであろう。わたしはおろかなことをして、非常ひじょうなまちがいをした」。

    22 ダビデはこたえた、「おうのやりは、ここにあります。ひとりの若者わかものわたってこさせ、これをちかえらせてください。

    23 しゅひとおのおのにその真実しんじつとにしたがってむくいられます。しゅがきょう、あなたをわたしのわたされたのに、わたしはしゅあぶらそそがれたものかって、をのべることをしなかったのです。

    24 きょう、わたしがあなたのいのちおもんじたように、どうぞしゅがわたしのいのちおもんじて、もろもろの苦難くなんからすくしてくださるように」。

    25 サウルはダビデにった、「わがダビデよ、あなたはほむべきかな。あなたはおおくのことをおこなって、それをなしげるであろう」。こうしてダビデはそのみちき、サウルは自分じぶんところかえった。