サムエル記上16
    脚注
    Theme

    第16章

    1 さてしゅはサムエルにわれた、「わたしがすでにサウルをてて、イスラエルの王位おういから退しりぞけたのに、あなたはいつまでかれのためにかなしむのか。つのあぶらたし、それをもってきなさい。あなたをベツレヘムびとエッサイのもとにつかわします。わたしはそのたちのうちにひとりのおうさがたからである」。

    2 サムエルはった、「どうしてわたしはくことができましょう。サウルがそれをけば、わたしをころすでしょう」。しゅわれた、「一とううしいていって、『しゅ犠牲ぎせいをささげるためにきました』といなさい。

    3 そしてエッサイを犠牲ぎせい場所ばしょびなさい。そのときわたしはあなたのすることをしめします。わたしがあなたにげるひとあぶらそそがなければならない」。

    4 サムエルはしゅめいじられたようにして、ベツレヘムへった。まち長老ちょうろうたちは、おそれながらて、かれむかえ、「おだやかなことのためにこられたのですか」とった。

    5 サムエルはった、「おだやかなことのためです。わたしはしゅ犠牲ぎせいをささげるためにきました。をきよめて、犠牲ぎせい場所ばしょにわたしとともにきてください」。そしてサムエルはエッサイとそのたちをきよめて犠牲ぎせいまねいた。

    6 かれらがきたとき、サムエルはエリアブをて、「自分じぶんまえにいるこのひとこそ、しゅあぶらをそそがれるひとだ」とおもった。

    7 しかししゅはサムエルにわれた、「かおかたちやのたけをてはならない。わたしはすでにそのひとてた。わたしがるところはひととはことなる。ひとそとかおかたちをしゅこころる」。

    8 そこでエッサイはアビナダブをんでサムエルのまえとおらせた。サムエルはった、「しゅえらばれたのはこのひとでもない」。

    9 エッサイはシャンマをとおらせたが、サムエルはった、「しゅえらばれたのはこのひとでもない」。

    10 エッサイは七にんにサムエルのまえとおらせたが、サムエルはエッサイにった、「しゅえらばれたのはこのひとたちではない」。

    11 サムエルはエッサイにった、「あなたのむすこたちはみなここにいますか」。かれった、「まだすえのこっていますがひつじっています」。サムエルはエッサイにった、「ひとをやってかれれてきなさい。かれがここにるまで、われわれは食卓しょくたくにつきません」。

    12 そこでひとをやってかれをつれてきた。かれ血色けっしょくのよい、のきれいな、姿すがたうつくしいひとであった。しゅわれた、「ってこれにあぶらをそそげ。これがそのひとである」。

    13 サムエルはあぶらつのをとって、その兄弟きょうだいたちのなかで、かれあぶらをそそいだ。このからのち、しゅれいは、はげしくダビデのうえのぞんだ。そしてサムエルはってラマへった。

    14 さてしゅれいはサウルをはなれ、しゅから悪霊あくれいかれなやました。

    15 サウルの家来けらいたちはかれった、「ごらんなさい。かみから悪霊あくれいがあなたをなやましているのです。

    16 どうぞ、われわれの主君しゅくんが、あなたのまえつかえている家来けらいたちにめいじて、じょうずにことをひくものひとりをさがさせてください。かみから悪霊あくれいがあなたにのぞときかれことをひくならば、あなたはくなられるでしょう」。

    17 そこでサウルは家来けらいたちにった、「じょうずにことをひくものさがして、わたしのもとにれてきなさい」。

    18 そのとき、ひとりの若者わかものがこたえた、「わたしはベツレヘムびとエッサイのましたが、ことがじょうずで、勇気ゆうきもあり、いくさびとで、弁舌べんぜつにひいで、姿すがたうつくしいひとです。またしゅかれともにおられます」。

    19 そこでサウルはエッサイのもとに使者ししゃをつかわしてった、「ひつじっているあなたのダビデをわたしのもとによこしなさい」。

    20 エッサイは、ろばにパンをわせ、かわぶくろにいれたぶどうしゅふくろと、やぎのとをって、そのダビデのによってサウルにおくった。

    21 ダビデはサウルのもとにきて、かれつかえた。サウルはひじょうにこれをあいして、その武器ぶきものとした。

    22 またサウルはひとをつかわしてエッサイにった、「ダビデをわたしにつかえさせてください。かれはわたしのこころにかないました」。

    23 かみから悪霊あくれいがサウルにのぞとき、ダビデはことをとり、でそれをひくと、サウルはしずまり、くなって、悪霊あくれいかれはなれた。