民数記15
    脚注
    Theme

    第15章

    1 しゅはモーセにわれた、

    2 「イスラエルの人々ひとびといなさい、『あなたがたが、わたしのあたえてませるって、

    3 しゅ火祭かさいをささげるとき、すなわち特別とくべつ誓願せいがんそなもの、あるいは自発じはつそなもの、あるいはしゅくのときのそなものとして、うしまたはひつじ燔祭はんさいまたは犠牲ぎせいとしてささげ、しゅこうばしいかおりとするとき、

    4, 5 そのそなものしゅにささげるものは、燔祭はんさいまたは犠牲ぎせいともに、小羊こひつじとうごとに、麦粉むぎこ一エパの十ぶんの一に、あぶら一ヒンの四ぶんの一をぜたものを、素祭そさいとしてささげ、ぶどうしゅ一ヒンの四ぶんの一を、灌祭かんさいとしてささげなければならない。

    6 もし、また雄羊おひつじもちいるときは、麦粉むぎこ一エパの十ぶんの二に、あぶら一ヒンの三ぶんの一をぜたものを、素祭そさいとしてささげ、

    7 また、ぶどうしゅ一ヒンの三ぶんの一を、灌祭かんさいとしてささげて、しゅこうばしいかおりとしなければならない。

    8 またあなたが特別とくべつ誓願せいがんそなもの、あるいは酬恩祭しゅうおんさいを、しゅにささげるときわか雄牛おうしを、燔祭はんさいまたは犠牲ぎせいとするならば、

    9 麦粉むぎこ一エパの十ぶんの三に、あぶら一ヒンの二ぶんの一をぜたものを、素祭そさいとして、わか雄牛おうしともにささげ、

    10 また、ぶどうしゅ一ヒンの二ぶんの一を、灌祭かんさいとしてささげなければならない。これは火祭かさいであって、しゅこうばしいかおりとするものである。

    11 雄牛おうし、あるいは雄羊おひつじ、あるいは小羊こひつじ、あるいはやぎは、一とうごとに、このようにしなければならない。

    12 すなわち、あなたがたのささげるかずにてらし、そのかずにしたがって、一とうごとに、このようにしなければならない。

    13 すべてくにうまれたものが、火祭かさいをささげて、しゅこうばしいかおりとするときは、このように、これらのことをおこなわなければならない。

    14 またあなたがたのうちに寄留きりゅうしている他国たこくじん、またはあなたがたのうちに、代々よよながくものが、火祭かさいをささげて、しゅこうばしいかおりとしようとするときは、あなたがたがするように、そのひともしなければならない。

    15 会衆かいしゅうたるものは、あなたがたも、あなたがたのうちに寄留きりゅうしている他国たこくじんも、同一どういつさだめにしたがわなければならない。これは、あなたがたが代々よよながくまもるべきさだめである。他国たこくひとも、しゅまえには、あなたがたとひとしくなければならない。

    16 すなわち、あなたがたも、あなたがたのうちに寄留きりゅうしている他国たこくじんも、同一どういつ律法りっぽう同一どういつのおきてにしたがわなければならない』」。

    17 しゅはまたモーセにわれた、

    18 「イスラエルの人々ひとびといなさい、『わたしがみちびいてに、あなたがたがはいって、

    19 その食物しょくもつべるとき、あなたがたは、ささげものしゅにささげなければならない。

    20 すなわち、麦粉むぎこ初物はつものつくった菓子かしを、ささげものとしなければならない。これを、からのささげもののように、ささげなければならない。

    21 あなたがたは代々よよその麦粉むぎこ初物はつもので、しゅにささげものをしなければならない。

    22 あなたがたが、もしあやまって、しゅがモーセにげられたこのすべてのいましめをおこなわず、

    23 しゅがモーセによっていましめをあたえられたからこのかた、代々よよにわたり、あなたがたにめいじられたすべてのことおこなわないとき、

    24 すなわち、会衆かいしゅうらずに、あやまっておかしたときは、ぜん会衆かいしゅうわか雄牛おうしとうを、燔祭はんさいとしてささげ、しゅこうばしいかおりとし、これに素祭そさい灌祭かんさいとをさだめのようにくわえ、またやぎ一とうを、罪祭ざいさいとしてささげなければならない。

    25 そして祭司さいしは、イスラエルの人々ひとびとぜん会衆かいしゅうのために、つみのあがないをしなければならない。そうすれば、かれらはゆるされるであろう。それは過失かしつだからである。かれらはその過失かしつのために、そのそなものとして、火祭かさいしゅにささげ、また罪祭ざいさいしゅまえにささげなければならない。

    26 そうすれば、イスラエルの人々ひとびとぜん会衆かいしゅうはゆるされ、またかれらのうちに寄留きりゅうしている他国たこくじんも、ゆるされるであろう。たみはみな過失かしつおかしたからである。

    27 もしひとがあやまってつみおかときは、一さいやぎ一とう罪祭ざいさいとしてささげなければならない。

    28 そして祭司さいしは、ひとがあやまってつみおかしたとき、そのあやまってつみおかしたひとのために、しゅまえつみのあがないをして、そのつみをあがなわなければならない。そうすれば、かれはゆるされるであろう。

    29 イスラエルの人々ひとびとのうちの、くにうまれたものでも、そのうちに寄留きりゅうしている他国たこくじんでも、あやまってつみおかものには、あなたがたは同一どういつ律法りっぽうもちいなければならない。

    30 しかし、くにうまれたものでも、他国たこくひとでも、故意こいつみおかものしゅけがすもので、そのひとたみのうちからたれなければならない。

    31 かれしゅ言葉ことばあなどり、そのいましめをやぶったのであるから、かならたれ、そのつみわなければならない』」。

    32 イスラエルの人々ひとびと荒野あらのにおるとき、安息日あんそくにちにひとりのひとが、たきぎをあつめるのをた。

    33 そのたきぎをあつめるのを人々ひとびとは、そのひとをモーセとアロン、およびぜん会衆かいしゅうのもとにれてきたが、

    34 どうあつかうべきか、まだしめしをけていなかったので、かれめておいた。

    35 そのとき、しゅはモーセにわれた、「そのひとかならころされなければならない。ぜん会衆かいしゅう宿営しゅくえいそとで、かれいしころさなければならない」。

    36 そこで、ぜん会衆かいしゅうかれ宿営しゅくえいそとし、かれいしころし、しゅがモーセにめいじられたようにした。

    37 しゅはまたモーセにわれた、

    38 「イスラエルの人々ひとびとめいじて、代々よよその衣服いふくのすその四すみにふさをつけ、そのふさをあおひもで、すその四すみにつけさせなさい。

    39 あなたがたが、そのふさをて、しゅのもろもろのいましめをおもおこして、それをおこない、あなたがたが自分じぶんこころと、よくしたがって、みだらなおこないをしないためである。

    40 こうして、あなたがたは、わたしのもろもろのいましめをおもおこして、それをおこない、あなたがたのかみせいなるものとならなければならない。

    41 わたしはあなたがたのかみしゅであって、あなたがたのかみとなるために、あなたがたをエジプトのくにからみちびしたものである。わたしはあなたがたのかみしゅである」。