民数記7
戻る 次へ

第7章

1 モーセが幕屋まくやおわり、これにあぶらそそいで聖別せいべつし、またそのすべてのうつわ、およびその祭壇さいだんと、そのすべてのうつわあぶらそそいで、これを聖別せいべつしたに、

2 イスラエルのつかさたち、すなわち、その父祖ふそいえちょうたちは、ささげものをした。かれらはかく部族ぶぞくのつかさたちであって、そのかぞえられた人々ひとびとをつかさどるものどもであった。

3 かれらはそのそなものを、しゅまえたずさえてきたが、おおいのあるくるまりょう雄牛おうし十二とうであった。つかさふたりにくるまりょう、ひとりに雄牛おうしとうである。かれらはこれを幕屋まくやまえいてきた。

4 そのときしゅはモーセにわれた、

5 「あなたはこれを会見かいけん幕屋まくやつとめもちいるために、かれらからって、レビびとに、おのおのそのつとめにしたがって、わたさなければならない」。

6 そこでモーセはそのくるま雄牛おうしって、これをレビびとにわたした。

7 すなわち、ゲルションのたちには、そのつとめにしたがって、くるまりょう雄牛おうしとうわたし、

8 メラリのたちには、そのつとめにしたがってくるまりょう雄牛おうしとうわたし、祭司さいしアロンのイタマルに、これを監督かんとくさせた。

9 しかし、コハテのたちには、なにをもわたさなかった。かれらのつとめせいなるものを、かたにになってはこぶことであったからである。

10 つかさたちは、また祭壇さいだんあぶらそそに、祭壇さいだん奉納ほうのうそなものたずさえてきて、そのそなもの祭壇さいだんまえにささげた。

11 しゅはモーセにわれた、「つかさたちは一にちにひとりずつ、祭壇さいだん奉納ほうのうそなものをささげなければならない」。

12 だいにちそなものをささげたものは、ユダの部族ぶぞくのアミナダブのナションであった。

13 そのそなものぎんのさら一つ、そのおもさは百三十シケル、ぎんはち一つ、これは七十シケル、とも聖所せいじょのシケルによる。この二つには素祭そさい使つかあぶらぜた麦粉むぎこたしていた。

14 また十シケルのきんさかずき一つ。これには薫香くんこうたしていた。

15 また燔祭はんさい使つかわか雄牛おうしとう雄羊おひつじとう、一さいおす小羊こひつじとう

16 罪祭ざいさい使つかやぎ一とう

17 酬恩祭しゅうおんさい犠牲ぎせい使つか雄牛おうしとう雄羊おひつじとうやぎ五とう、一さいおす小羊こひつじとうであって、これはアミナダブのナションのそなものであった。

18 だいにちにはイッサカルのつかさ、ツアルのネタニエルがささげものをした。

19 そのささげたそなものぎんのさら一つ、そのおもさは百三十シケル、ぎんはち一つ、これは七十シケル、とも聖所せいじょのシケルによる。この二つには素祭そさい使つかあぶらぜた麦粉むぎこたしていた。

20 また十シケルのきんさかずき一つ、これには薫香くんこうたしていた。

21 また燔祭はんさい使つかわか雄牛おうしとう雄羊おひつじとう、一さいおす小羊こひつじとう

22 罪祭ざいさい使つかやぎ一とう

23 酬恩祭しゅうおんさい犠牲ぎせい使つか雄牛おうしとう雄羊おひつじとうやぎ五とう、一さいおす小羊こひつじとうであって、これはツアルのネタニエルのそなものであった。

24 だいにちにはゼブルンのたちのつかさ、ヘロンのエリアブ。

25 そのそなものぎんのさら一つ、そのおもさは百三十シケル、ぎんはち一つ、これは七十シケル、とも聖所せいじょのシケルによる。この二つには素祭そさい使つかあぶらぜた麦粉むぎこたしていた。

26 また十シケルのきんさかずき一つ、これには薫香くんこうたしていた。

27 また燔祭はんさい使つかわか雄牛おうしとう雄羊おひつじとう、一さいおす小羊こひつじとう

28 罪祭ざいさい使つかやぎ一とう

29 酬恩祭しゅうおんさい犠牲ぎせい使つか雄牛おうしとう雄羊おひつじとうやぎ五とう、一さいおす小羊こひつじとうであって、これはヘロンのエリアブのそなものであった。

30 だいにちにはルベンのたちのつかさ、シデウルのエリヅル。

31 そのそなものぎんのさら一つ、そのおもさは百三十シケル、ぎんはち一つ、これは七十シケル、とも聖所せいじょのシケルによる。この二つには素祭そさい使つかあぶらぜた麦粉むぎこたしていた。

32 また十シケルのきんさかずき一つ、これには薫香くんこうたしていた。

33 また燔祭はんさい使つかわか雄牛おうしとう雄羊おひつじとう、一さいおす小羊こひつじとう

34 罪祭ざいさい使つかやぎ一とう

35 酬恩祭しゅうおんさい犠牲ぎせい使つか雄牛おうしとう雄羊おひつじとうやぎ五とう、一さいおす小羊こひつじとうであって、これはシデウルのエリヅルのそなものであった。

36 だいにちにはシメオンのたちのつかさ、ツリシャダイのシルミエル。

37 そのそなものぎんのさら一つ、そのおもさは百三十シケル、ぎんはち一つ、これは七十シケル、とも聖所せいじょのシケルによる。この二つには素祭そさい使つかあぶらぜた麦粉むぎこたしていた。

38 また十シケルのきんさかずき一つ、これには薫香くんこうたしていた。

39 また燔祭はんさい使つかわか雄牛おうしとう雄羊おひつじとう、一さいおす小羊こひつじとう

40 罪祭ざいさい使つかやぎ一とう

41 酬恩祭しゅうおんさい犠牲ぎせい使つか雄牛おうしとう雄羊おひつじとうやぎ五とう、一さいおす小羊こひつじとうであって、これはツリシャダイのシルミエルのそなものであった。

42 だいにちにはガドのたちのつかさ、デウエルのエリアサフ。

43 そのそなものぎんのさら一つ、そのおもさは百三十シケル、ぎんはち一つ、これは七十シケル、とも聖所せいじょのシケルによる。この二つには素祭そさい使つかあぶらぜた麦粉むぎこたしていた。

44 また十シケルのきんさかずき一つ、これには薫香くんこうたしていた。

45 また燔祭はんさい使つかわか雄牛おうしとう雄羊おひつじとう、一さいおす小羊こひつじとう

46 罪祭ざいさい使つかやぎ一とう

47 酬恩祭しゅうおんさい犠牲ぎせい使つか雄牛おうしとう雄羊おひつじとうやぎ五とう、一さいおす小羊こひつじとうであって、これはデウエルのエリアサフのそなものであった。

48 だいにちにはエフライムのたちのつかさ、アミホデのエリシャマ。

49 そのそなものぎんのさら一つ、そのおもさは百三十シケル、ぎんはち一つ、これは七十シケル、とも聖所せいじょのシケルによる。この二つには素祭そさい使つかあぶらぜた麦粉むぎこたしていた。

50 また十シケルのきんさかずき一つ、これには薫香くんこうたしていた。

51 また燔祭はんさい使つかわか雄牛おうしとう雄羊おひつじとう、一さいおす小羊こひつじとう

52 罪祭ざいさい使つかやぎ一とう

53 酬恩祭しゅうおんさい犠牲ぎせい使つか雄牛おうしとう雄羊おひつじとうやぎ五とう、一さいおす小羊こひつじとうであって、これはアミホデのエリシャマのそなものであった。

54 だいにはマナセのたちのつかさ、パダヅルのガマリエル。

55 そのそなものぎんのさら一つ、そのおもさは百三十シケル、ぎんはち一つ、これは七十シケル、とも聖所せいじょのシケルによる。この二つには素祭そさい使つかあぶらぜた麦粉むぎこたしていた。

56 また十シケルのきんさかずき一つ、これには薫香くんこうたしていた。

57 また燔祭はんさい使つかわか雄牛おうしとう雄羊おひつじとう、一さいおす小羊こひつじとう

58 罪祭ざいさい使つかやぎ一とう

59 酬恩祭しゅうおんさい犠牲ぎせい使つか雄牛おうしとう雄羊おひつじとうやぎ五とう、一さいおす小羊こひつじとうであって、これはパダヅルのガマリエルのそなものであった。

60 だいにちにはベニヤミンのらのつかさ、ギデオニのアビダン。

61 そのそなものぎんのさら一つ、そのおもさは百三十シケル、ぎんはち一つ、これは七十シケル、とも聖所せいじょのシケルによる。この二つには素祭そさい使つかあぶらぜた麦粉むぎこたしていた。

62 また十シケルのきんさかずき一つ、これには薫香くんこうたしていた。

63 また燔祭はんさい使つかわか雄牛おうしとう雄羊おひつじとう、一さいおす小羊こひつじとう

64 罪祭ざいさい使つかやぎ一とう

65 酬恩祭しゅうおんさい犠牲ぎせい使つか雄牛おうしとう雄羊おひつじとうやぎ五とう、一さいおす小羊こひつじとうであって、これはギデオニのアビダンのそなものであった。

66 だいにちにはダンのたちのつかさ、アミシャダイのアヒエゼル。

67 そのそなものぎんのさら一つ、そのおもさは百三十シケル、ぎんはち一つ、これは七十シケル、とも聖所せいじょのシケルによる。この二つには素祭そさい使つかあぶらぜた麦粉むぎこたしていた。

68 また十シケルのきんさかずき一つ、これには薫香くんこうたしていた。

69 また燔祭はんさい使つかわか雄牛おうしとう雄羊おひつじとう、一さいおす小羊こひつじとう

70 罪祭ざいさい使つかやぎ一とう

71 酬恩祭しゅうおんさい犠牲ぎせい使つか雄牛おうしとう雄羊おひつじとうやぎ五とう、一さいおす小羊こひつじとうであって、これはアミシャダイのアヒエゼルのそなものであった。

72 だい十一にちにはアセルのたちのつかさ、オクランのパギエル。

73 そのそなものぎんのさら一つ、そのおもさは百三十シケル、ぎんはち一つ、これは七十シケル、とも聖所せいじょのシケルによる。この二つには素祭そさい使つかあぶらぜた麦粉むぎこたしていた。

74 また十シケルのきんさかずき一つ、これには薫香くんこうたしていた。

75 また燔祭はんさい使つかわか雄牛おうしとう雄羊おひつじとう、一さいおす小羊こひつじとう

76 罪祭ざいさい使つかやぎ一とう

77 酬恩祭しゅうおんさい犠牲ぎせい使つか雄牛おうしとう雄羊おひつじとうやぎ五とう、一さいおす小羊こひつじとうであって、これはオクランのパギエルのそなものであった。

78 だい十二にちにはナフタリのたちのつかさ、エナンのアヒラ。

79 そのそなものぎんのさら一つ、そのおもさは百三十シケル、ぎんはち一つ、これは七十シケル、とも聖所せいじょのシケルによる。この二つには素祭そさい使つかあぶらぜた麦粉むぎこたしていた。

80 また十シケルのきんさかずき一つ、これには薫香くんこうたしていた。

81 また燔祭はんさい使つかわか雄牛おうしとう雄羊おひつじとう、一さいおす小羊こひつじとう

82 罪祭ざいさい使つかやぎ一とう

83 酬恩祭しゅうおんさい犠牲ぎせい使つか雄牛おうしとう雄羊おひつじとうやぎ五とう、一さいおす小羊こひつじとうであって、これはエナンのアヒラのそなものであった。

84 以上いじょう祭壇さいだんあぶらそそに、イスラエルのつかさたちが、祭壇さいだん奉納ほうのうするそなものとして、ささげたものである。すなわち、ぎんのさら十二、ぎんはち十二、きんさかずき十二。

85 ぎんのさらはそれぞれ百三十シケル、はちはそれぞれ七十シケル、聖所せいじょのシケルによれば、このぎんうつわわせて二千四百シケル。

86 また薫香くんこうちている十二のきんさかずきは、聖所せいじょのシケルによれば、それぞれ十シケル、そのさかずききんわせて百二十シケルであった。

87 また燔祭はんさい使つか雄牛おうしわせて十二、雄羊おひつじは十二、一さいおす小羊こひつじは十二、このほかにその素祭そさいのものがあった。また罪祭ざいさい使つかやぎは十二。

88 酬恩祭しゅうおんさい犠牲ぎせい使つか雄牛おうしわせて二十四、雄羊おひつじは六十、やぎは六十、一さいおす小羊こひつじは六十であって、これは祭壇さいだんあぶらそそいだのちに、祭壇さいだん奉納ほうのうそなものとしてささげたものである。

89 さてモーセはしゅかたるために、会見かいけん幕屋まくやにはいって、あかしのはこうえの、贖罪所しょくざいしょうえ、二つのケルビムのあいだから自分じぶんかたられるこえいた。すなわち、しゅかれかたられた。