民数記1
戻る 次へ

民数みんすう

第1章

1 エジプトのくにつぎとしの二がつにちに、しゅはシナイの荒野あらのにおいて、会見かいけん幕屋まくやで、モーセにわれた、

2 「あなたがたは、イスラエルの人々ひとびとぜん会衆かいしゅうを、その氏族しぞくにより、その父祖ふそいえによって調査ちょうさし、そのすべての男子だんしかずを、ひとりびとりかぞえて、その総数そうすうなさい。

3 イスラエルのうちで、すべて戦争せんそうることのできる二十さい以上いじょうものを、あなたとアロンとは、その部隊ぶたいにしたがってかぞえなければならない。

4 また、すべての部族ぶぞくは、おのおの父祖ふそいえちょうたるものを、ひとりずつして、あなたがたと協力きょうりょくさせなければならない。

5 すなわち、あなたがたに協力きょうりょくすべき人々ひとびとは、つぎのとおりである。ルベンからはシデウルのエリヅル。

6 シメオンからはツリシャダイのシルミエル。

7 ユダからはアミナダブのナション。

8 イッサカルからはツアルのネタニエル。

9 ゼブルンからはヘロンのエリアブ。

10 ヨセフのたちのうち、エフライムからはアミホデのエリシャマ、マナセからはパダヅルのガマリエル。

11 ベニヤミンからはギデオニのアビダン。

12 ダンからはアミシャダイのアヒエゼル。

13 アセルからはオクランのパギエル。

14 ガドからはデウエルのエリアサフ。

15 ナフタリからはエナンのアヒラ」。

16 これらは会衆かいしゅうのうちからえらされた人々ひとびとで、その父祖ふそ部族ぶぞくのつかさたち、またイスラエルの氏族しぞくのかしらたちである。

17 こうして、モーセとアロンが、ここにかかげた人々ひとびとれて、

18 がつにち会衆かいしゅうをことごとくあつめたので、かれらはその氏族しぞくにより、その父祖ふそいえにより、そのかずにしたがって二十さい以上いじょうのものが、ひとりびとり登録とうろくした。

19 しゅめいじられたように、モーセはシナイの荒野あらのかれらをかぞえた。

20 すなわち、イスラエルの長子ちょうしルベンのたちからうまれたものを、その氏族しぞくにより、その父祖ふそいえによって調しらべ、すべて戦争せんそうることのできる二十さい以上いじょう男子だんしかずを、ひとりびとりたが、

21 ルベンの部族ぶぞくのうちで、かぞえられたものは四万六千五百にんであった。

22 またシメオンのたちからうまれたものを、その氏族しぞくにより、その父祖ふそいえによって調しらべ、すべて戦争せんそうることのできる二十さい以上いじょう男子だんしかずを、ひとりびとりたが、

23 シメオンの部族ぶぞくのうちで、かぞえられたものは五万九千三百にんであった。

24 またガドのたちからうまれたものを、その氏族しぞくにより、その父祖ふそいえによって調しらべ、すべて戦争せんそうることのできる二十さい以上いじょうものかずたが、

25 ガドの部族ぶぞくのうちで、かぞえられたものは四万五千六百五十にんであった。

26 ユダのたちからうまれたものを、その氏族しぞくにより、その父祖ふそいえによって調しらべ、すべて戦争せんそうることのできる二十さい以上いじょうものかずたが、

27 ユダの部族ぶぞくのうちで、かぞえられたものは七万四千六百にんであった。

28 イッサカルのたちからうまれたものを、その氏族しぞくにより、その父祖ふそいえによって調しらべ、すべて戦争せんそうることのできる二十さい以上いじょうものかずたが、

29 イッサカルの部族ぶぞくのうちで、かぞえられたものは五万四千四百にんであった。

30 ゼブルンのたちからうまれたものを、その氏族しぞくにより、その父祖ふそいえによって調しらべ、すべて戦争せんそうることのできる二十さい以上いじょうものかずたが、

31 ゼブルンの部族ぶぞくのうちで、かぞえられたものは五万七千四百にんであった。

32 ヨセフのたちのうち、エフライムのたちからうまれたものを、その氏族しぞくにより、その父祖ふそいえによって調しらべ、すべて戦争せんそうることのできる二十さい以上いじょうものかずたが、

33 エフライムの部族ぶぞくのうちで、かぞえられたものは四万五百にんであった。

34 マナセのたちからうまれたものを、その氏族しぞくにより、その父祖ふそいえによって調しらべ、すべて戦争せんそうることのできる二十さい以上いじょうものかずたが、

35 マナセの部族ぶぞくのうちで、かぞえられたものは三万二千二百にんであった。

36 ベニヤミンのたちからうまれたものを、その氏族しぞくにより、その父祖ふそいえによって調しらべ、すべて戦争せんそうることのできる二十さい以上いじょうものかずたが、

37 ベニヤミンの部族ぶぞくのうちで、かぞえられたものは三万五千四百にんであった。

38 ダンのたちからうまれたものを、その氏族しぞくにより、その父祖ふそいえによって調しらべ、すべて戦争せんそうることのできる二十さい以上いじょうものかずたが、

39 ダンの部族ぶぞくのうちで、かぞえられたものは六万二千七百にんであった。

40 アセルのたちからうまれたものを、その氏族しぞくにより、その父祖ふそいえによって調しらべ、すべて戦争せんそうることのできる二十さい以上いじょうものかずたが、

41 アセルの部族ぶぞくのうちで、かぞえられたものは四万一千五百にんであった。

42 ナフタリのたちからうまれたものを、その氏族しぞくにより、その父祖ふそいえによって調しらべ、すべて戦争せんそうることのできる二十さい以上いじょうものかずたが、

43 ナフタリの部族ぶぞくのうちで、かぞえられたものは、五万三千四百にんであった。

44 これらがかぞえられた人々ひとびとであって、モーセとアロンとイスラエルのつかさたちとがかぞえた人々ひとびとである。そのつかさたちは十二にんであって、おのおのその父祖ふそいえのためにたものである。

45 そしてイスラエルの人々ひとびとのうち、その父祖ふそいえにしたがってかぞえられたものは、すべてイスラエルのうち、戦争せんそうることのできる二十さい以上いじょうものであって、

46 そのかぞえられたものわせて六十万三千五百五十にんであった。

47 しかし、レビびとは、その父祖ふそ部族ぶぞくにしたがって、そのうちにかぞえられなかった。

48 すなわち、しゅはモーセにわれた、

49 「あなたはレビの部族ぶぞくだけはかぞえてはならない。またその総数そうすうをイスラエルの人々ひとびとのうちにかぞえあげてはならない。

50 あなたはレビびとに、あかしの幕屋まくやと、そのもろもろのうつわと、それに附属ふぞくするもろもろのもの管理かんりさせなさい。かれらは幕屋まくやと、そのもろもろのうつわとをはこび、またそこでつとめをし、幕屋まくやのまわりに宿営しゅくえいしなければならない。

51 幕屋まくやすすときは、レビびとがこれをりくずし、幕屋まくやときは、レビびとがこれをてなければならない。ほかのひとがこれにちかづくときころされるであろう。

52 イスラエルの人々ひとびとはその部隊ぶたいにしたがって、おのおのその宿営しゅくえいに、おのおのそのはたのもとにその天幕てんまくらなければならない。

53 しかし、レビびとは、あかしの幕屋まくやのまわりに宿営しゅくえいしなければならない。そうすれば、しゅいかりはイスラエルの人々ひとびと会衆かいしゅううえのぞむことがないであろう。レビびとは、あかしの幕屋まくやつとめまもらなければならない」。

54 イスラエルの人々ひとびとはこのようにして、すべてしゅがモーセにめいじられたようにおこなった。