民数記2
戻る 次へ

第2章

1 しゅはモーセとアロンにわれた、

2 「イスラエルの人々ひとびとは、おのおのその部隊ぶたいはたのもとに、その父祖ふそいえ旗印はたじるしにしたがって宿営しゅくえいしなければならない。また会見かいけん幕屋まくやのまわりに、それにかって宿営しゅくえいしなければならない。

3 すなわち、ほうひがし宿営しゅくえいするものは、ユダの宿営しゅくえいはたにつくものであって、その部隊ぶたいにしたがって宿営しゅくえいし、アミナダブのナションが、ユダのたちのつかさとなるであろう。

4 その部隊ぶたい、すなわち、かぞえられたものは七万四千六百にんである。

5 そのかたわらに宿営しゅくえいするものはイッサカルの部族ぶぞくで、ツアルのネタニエルが、イッサカルのたちのつかさとなるであろう。

6 その部隊ぶたい、すなわち、かぞえられたものは五万四千四百にんである。

7 つぎはゼブルンの部族ぶぞくで、ヘロンのエリアブが、ゼブルンのたちのつかさとなるであろう。

8 その部隊ぶたい、すなわち、かぞえられたものは五万七千四百にんである。

9 ユダの宿営しゅくえいの、その部隊ぶたいにしたがってかぞえられたものは、わせて十八万六千四百にんである。これらのものは、まっさきすすまなければならない。

10 みなみほうでは、ルベンの宿営しゅくえいはたにつくものが、その部隊ぶたいにしたがっており、シデウルのエリヅルが、ルベンのたちのつかさとなるであろう。

11 その部隊ぶたい、すなわち、かぞえられたものは四万六千五百にんである。

12 そのかたわらに宿営しゅくえいするものはシメオンの部族ぶぞくで、ツリシャダイのシルミエルが、シメオンのたちのつかさとなるであろう。

13 その部隊ぶたい、すなわち、かぞえられたものは五万九千三百にんである。

14 つぎはガドの部族ぶぞくで、デウエルのエリアサフが、ガドのたちのつかさとなるであろう。

15 その部隊ぶたい、すなわち、かぞえられたものは四万五千六百五十にんである。

16 ルベンの宿営しゅくえいの、その部隊ぶたいにしたがってかぞえられたものは、わせて十五万一千四百五十にんである。これらのものは二番目ばんめすすまなければならない。

17 そのつぎ会見かいけん幕屋まくやを、レビびとの宿営しゅくえいとともに、もろもろの宿営しゅくえい中央ちゅうおうにしてすすまなければならない。かれらは宿営しゅくえいするのとおなじように、おのおのその位置いちで、そのはたにしたがってすすまなければならない。

18 西にしほうでは、エフライムの宿営しゅくえいはたにつくものが、その部隊ぶたいにしたがっており、アミホデのエリシャマが、エフライムのたちのつかさとなるであろう。

19 その部隊ぶたい、すなわち、かぞえられたものは四万五百にんである。

20 そのかたわらにマナセの部族ぶぞくがおって、パダヅルのガマリエルが、マナセのたちのつかさとなるであろう。

21 その部隊ぶたい、すなわち、かぞえられたものは三万二千二百にんである。

22 つぎにベニヤミンの部族ぶぞくがおって、ギデオニのアビダンが、ベニヤミンのたちのつかさとなるであろう。

23 その部隊ぶたい、すなわち、かぞえられたものは三万五千四百にんである。

24 エフライムの宿営しゅくえいの、その部隊ぶたいにしたがってかぞえられたものは、わせて十万八千百にんである。これらのものは三番目ばんめすすまなければならない。

25 きたほうでは、ダンの宿営しゅくえいはたにつくものが、その部隊ぶたいにしたがっており、アミシャダイのアヒエゼルが、ダンのたちのつかさとなるであろう。

26 その部隊ぶたい、すなわち、かぞえられたものは六万二千七百にんである。

27 そのかたわらに宿営しゅくえいするものは、アセルの部族ぶぞくであって、オクランのパギエルが、アセルのたちのつかさとなるであろう。

28 その部隊ぶたい、すなわち、かぞえられたものは四万一千五百にんである。

29 つぎにナフタリの部族ぶぞくがおって、エナンのアヒラが、ナフタリのたちのつかさとなるであろう。

30 その部隊ぶたい、すなわち、かぞえられたものは五万三千四百にんである。

31 ダンの宿営しゅくえいの、かぞえられたものわせて十五万七千六百にんである。これらのものはそのはたにしたがって、最後さいごすすまなければならない」。

32 これがイスラエルの人々ひとびとの、その父祖ふそいえにしたがってかぞえられた人々ひとびとである。もろもろの宿営しゅくえいの、その部隊ぶたいにしたがってかぞえられたものわせて六十万三千五百五十にんであった。

33 しかし、レビびとはイスラエルの人々ひとびとのうちにかぞえられなかった。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

34 イスラエルの人々ひとびとは、すべてしゅがモーセにめいじられたとおりにおこない、そのはたにしたがって宿営しゅくえいし、おのおのその氏族しぞくしたがい、その父祖ふそいえしたがってすすんだ。