民数記31
戻る 次へ

第31章

1 さてしゅはモーセにわれた、

2 「ミデアンびとにイスラエルの人々ひとびとのあだをむくいなさい。そののち、あなたはあなたのたみくわえられるであろう」。

3 モーセはたみった、「あなたがたのうちからひとえらんでたたかいのために武装ぶそうさせ、ミデアンびとをめて、しゅのためミデアンびとに復讐ふくしゅうしなさい。

4 すなわちイスラエルのすべての部族ぶぞくから、部族ぶぞくごとに千にんずつをたたかいにおくさなければならない」。

5 そこでイスラエルの部族ぶぞくのうちから部族ぶぞくごとに千にんずつをえらび、一万二千にんて、たたかいのために武装ぶそうさせた。

6 モーセはかく部族ぶぞくから千にんずつをたたかいにつかわし、また祭司さいしエレアザルのピネハスに、せいなるうつわらすラッパとをらせて、ともたたかいにつかわした。

7 かれらはしゅがモーセにめいじられたようにミデアンびととたたかって、その男子だんしをみなころした。

8 そのころしたもののほかにまたミデアンのおうにんころした。そのはエビ、レケム、ツル、フル、レバである。またベオルのバラムをも、つるぎにかけてころした。

9 またイスラエルの人々ひとびとはミデアンのおんなたちとそのともたちを捕虜ほりょにし、その家畜かちくと、ひつじれと、ざいとをことごとくうばり、

10 そのすまいのある町々まちまちと、その部落ぶらくとを、ことごとくいた。

11 こうしてかれらはすべてうばったものと、かすめたものとはひとをも家畜かちくをもり、

12 そのなまけどったものと、かすめたものと、うばったものとをたずさえて、エリコにちかいヨルダンのほとりのモアブの平野へいや宿営しゅくえいにおるモーセと祭司さいしエレアザルとイスラエルの人々ひとびと会衆かいしゅうのもとへもどってきた。

13 ときにモーセと祭司さいしエレアザルと会衆かいしゅうのつかさたちはみな宿営しゅくえいそとむかえたが、

14 モーセは軍勢ぐんぜいしょうたち、すなわち戦場せんじょうからかえってきた千にんちょうたちと、百にんちょうたちにたいしていかった。

15 モーセはかれらにった、「あなたがたはおんなたちをみなかしておいたのか。

16 かれらはバラムのはかりごとによって、イスラエルの人々ひとびとに、ペオルのことでしゅつみおかさせ、ついにしゅ会衆かいしゅうのうちに疫病えきびょうおこすにいたった。

17 それでいま、この子供こどもたちのうちのおとこをみなころし、またおとこて、おとこったおんなをみなころしなさい。

18 ただし、まだおとこず、おとこらないむすめはすべてあなたがたのためにかしておきなさい。

19 そしてあなたがたは七日なぬかのあいだ宿営しゅくえいそとにとどまりなさい。あなたがたのうちすべてひところしたもの、およびすべてころされたものれたものは、あなたがた自身じしんも、あなたがたの捕虜ほりょともに、三七日なぬかとにきよめなければならない。

20 またすべての衣服いふくと、すべてのかわうつわと、すべてやぎのつくったものと、すべてのうつわとをきよめなければならない」。

21 祭司さいしエレアザルはたたかいにたいくさびとたちにった、「これはしゅがモーセにめいじられた律法りっぽうさだめである。

22 きんぎん青銅せいどうてつ、すず、なまりなど、

23 すべてえるものなかとおさなければならない。そうすればきよくなるであろう。なおそのうえけがれをきよめるみずで、きよめなければならない。しかし、すべてえないものはみずなかとおさなければならない。

24 あなたがたは七日なぬか衣服いふくあらわなければならない。そしてきよくなり、そののち宿営しゅくえいにはいることができる」。

25 しゅはモーセにわれた、

26 「あなたと祭司さいしエレアザルおよび会衆かいしゅう氏族しぞくのかしらたちは、そのなまけどったひと家畜かちく獲物えもの総数そうすう調しらべ、

27 その獲物えものたたかいに勇士ゆうしと、ぜん会衆かいしゅうとに折半せっぱんしなさい。

28 そしてたたかいにたいくさびとに、ひとまたはうし、またはろば、またはひつじを、おのおの五百ごとに一つをり、みつぎとしてしゅにささげさせなさい。

29 すなわちかれらがける半分はんぶんのなかから、それをり、しゅにささげるものとして祭司さいしエレアザルにわたしなさい。

30 またイスラエルの人々ひとびとける半分はんぶんのなかから、そのひとまたはうし、またはろば、またはひつじなどの家畜かちくを、おのおの五十ごとに一つをり、しゅ幕屋まくやつとめをするレビびとにあたえなさい」。

31 モーセと祭司さいしエレアザルとはしゅがモーセにめいじられたとおりにった。

32 そこでその獲物えもの、すなわち、いくさびとたちがうばったものののこりはひつじ六十七万五千、

33 うし七万二千、

34 ろば六万一千、

35 ひと三万二千、これはみなおとこず、おとこらないおんなであった。

36 そしてその半分はんぶん、すなわちたたかいにものぶんひつじ三十三万七千五百、

37 しゅにみつぎとしたひつじは六百七十五。

38 うしは三万六千、そのうちからしゅにみつぎとしたものは七十二。

39 ろばは三万五百、そのうちからしゅにみつぎとしたものは六十一。

40 ひとは一万六千、そのうちからしゅにみつぎとしたものは三十二にんであった。

41 モーセはそのみつぎをしゅにささげるものとして祭司さいしエレアザルにわたした。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

42 モーセがたたかいに人々ひとびととはべつにイスラエルの人々ひとびとあたえた半分はんぶん

43 すなわち会衆かいしゅうけた半分はんぶんひつじ三十三万七千五百、

44 うし三万六千、

45 ろば三万五百、

46 ひと一万六千であって、

47 モーセはイスラエルの人々ひとびとけた半分はんぶんのなかから、ひとおよびけものをおのおの五十ごとに一つをって、しゅ幕屋まくやつとめをするレビびとにあたえた。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

48 とき軍勢ぐんぜいしょうであったものども、すなわち千にんちょうたちと百にんちょうたちとがモーセのところにきて、

49 モーセにった、「しもべらは、指揮しきのいくさびとをかぞえましたが、われわれのうち、ひとりもけたものはありませんでした。

50 それで、われわれは、おのおのれたきんかざもの、すなわちうでかざり、腕輪うでわ指輪ゆびわ耳輪みみわ首飾くびかざりなどをしゅたずさえてきてそなものとし、しゅまえにわれわれのいのちのあがないをしようとおもいます」。

51 モーセと祭司さいしエレアザルとは、かれらから細工さいくほどこしたきんかざものった。

52 にんちょうたちと百にんちょうたちとが、しゅにささげものとしたきんわせて一万六千七百五十シケル。

53 いくさびとは、おのおの自分じぶんのぶんどりものた。

54 モーセと祭司さいしエレアザルとは、千にんちょうたちと百にんちょうたちとから、そのきんり、それをたずさえて会見かいけん幕屋まくやり、しゅまえいてイスラエルの人々ひとびとのために記念きねんとした。