民数記33
戻る 次へ

第33章

1 イスラエルの人々ひとびとが、モーセとアロンとにみちびかれ、その部隊ぶたいしたがって、エジプトのくにてから旅路たびじつぎのとおりである。

2 モーセはしゅめいにより、その旅路たびじにしたがって宿駅しゅくえききとめた。その宿駅しゅくえきにしたがえば旅路たびじつぎのとおりである。

3 かれらは正月しょうがつの十五にちにラメセスを出立しゅったつした。すなわち過越すぎこし翌日よくじつイスラエルの人々ひとびとは、すべてのエジプトびとのまえ意気揚々いきようよう出立しゅったつした。

4 そのときエジプトびとは、しゅころされたすべてのういごをほうむっていた。しゅはまたかれらの神々かみがみにもばつくわえられた。

5 こうしてイスラエルの人々ひとびとはラメセスを出立しゅったつしてスコテに宿営しゅくえいし、

6 スコテを出立しゅったつして荒野あらのはしにあるエタムに宿営しゅくえいし、

7 エタムを出立しゅったつしてバアル・ゼポンのまえにあるピハヒロテにかえしてミグドルのまえ宿営しゅくえいし、

8 ピハヒロテを出立しゅったつして、うみのなかをとおって荒野あらのり、エタムの荒野あらのを三ほどって、メラに宿営しゅくえいし、

9 メラを出立しゅったつし、エリムにって宿営しゅくえいした。エリムにはみずいずみ十二と、なつめやし七十ほんとがあった。

10 エリムを出立しゅったつして紅海こうかいのほとりに宿営しゅくえいし、

11 紅海こうかい出立しゅったつしてシンの荒野あらの宿営しゅくえいし、

12 シンの荒野あらの出立しゅったつしてドフカに宿営しゅくえいし、

13 ドフカを出立しゅったつしてアルシに宿営しゅくえいし、

14 アルシを出立しゅったつしてレピデムに宿営しゅくえいした。そこにはたみみずがなかった。

15 レピデムを出立しゅったつしてシナイの荒野あらの宿営しゅくえいし、

16 シナイの荒野あらの出立しゅったつしてキブロテ・ハッタワに宿営しゅくえいし、

17 キブロテ・ハッタワを出立しゅったつしてハゼロテに宿営しゅくえいし、

18 ハゼロテを出立しゅったつしてリテマに宿営しゅくえいし、

19 リテマを出立しゅったつしてリンモン・パレツに宿営しゅくえいし、

20 リンモン・パレツを出立しゅったつしてリブナに宿営しゅくえいし、

21 リブナを出立しゅったつしてリッサに宿営しゅくえいし、

22 リッサを出立しゅったつしてケヘラタに宿営しゅくえいし、

23 ケヘラタを出立しゅったつしてシャペルやま宿営しゅくえいし、

24 シャペルやま出立しゅったつしてハラダに宿営しゅくえいし、

25 ハラダを出立しゅったつしてマケロテに宿営しゅくえいし、

26 マケロテを出立しゅったつしてタハテに宿営しゅくえいし、

27 タハテを出立しゅったつしてテラに宿営しゅくえいし、

28 テラを出立しゅったつしてミテカに宿営しゅくえいし、

29 ミテカを出立しゅったつしてハシモナに宿営しゅくえいし、

30 ハシモナを出立しゅったつしてモセラに宿営しゅくえいし、

31 モセラを出立しゅったつしてベネヤカンに宿営しゅくえいし、

32 ベネヤカンを出立しゅったつしてホル・ハギデガデに宿営しゅくえいし、

33 ホル・ハギデガデを出立しゅったつしてヨテバタに宿営しゅくえいし、

34 ヨテバタを出立しゅったつしてアブロナに宿営しゅくえいし、

35 アブロナを出立しゅったつしてエジオン・ゲベルに宿営しゅくえいし、

36 エジオン・ゲベルを出立しゅったつしてチンの荒野あらのすなわちカデシに宿営しゅくえいし、

37 カデシを出立しゅったつしてエドムのくにはしにあるホルやま宿営しゅくえいした。

38 イスラエルの人々ひとびとがエジプトのくにて四十ねんの五がつにちに、祭司さいしアロンはしゅめいによりホルやまのぼって、そのところんだ。

39 アロンはホルやまんだとき百二十三さいであった。

40 カナンののネゲブにんでいたカナンびとアラデのおうは、イスラエルの人々ひとびとるのをいた。

41 ついで、ホルやま出立しゅったつしてザルモナに宿営しゅくえいし、

42 ザルモナを出立しゅったつしてプノンに宿営しゅくえいし、

43 プノンを出立しゅったつしてオボテに宿営しゅくえいし、

44 オボテを出立しゅったつしてモアブのさかいにあるイエ・アバリムに宿営しゅくえいし、

45 イエ・アバリムを出立しゅったつしてデボン・ガドに宿営しゅくえいし、

46 デボン・ガドを出立しゅったつしてアルモン・デブラタイムに宿営しゅくえいし、

47 アルモン・デブラタイムを出立しゅったつしてネボのまえにあるアバリムのやま宿営しゅくえいし、

48 アバリムのやま出立しゅったつしてエリコにちかいヨルダンのほとりのモアブの平野へいや宿営しゅくえいした。

49 すなわちヨルダンのほとりのモアブの平野へいやで、ベテエシモテとアベル・シッテムとのあいだ宿営しゅくえいした。

50 エリコにちかいヨルダンのほとりのモアブの平野へいやで、しゅはモーセにわれた、

51 「イスラエルの人々ひとびといなさい。あなたがたがヨルダンをわたってカナンのにはいるときは、

52 その住民じゅうみんをことごとくあなたがたのまえからはらい、すべての石像せきぞうをこぼち、すべてのぞうをこぼち、すべてのたかところ破壊はかいしなければならない。

53 またあなたがたはそのたみはらって、そこにまなければならない。わたしがそのをあなたがたの所有しょゆうとしてあたえたからである。

54 あなたがたは、おのおの氏族しぞくごとにくじをき、そのけてぎょうとしなければならない。おおきい部族ぶぞくにはおおくのぎょうあたえ、ちいさい部族ぶぞくにはすこしのぎょうあたえなければならない。そのくじのあたったところがその所有しょゆうとなるであろう。あなたがたは父祖ふそ部族ぶぞくにしたがって、それをがなければならない。

55 しかし、その住民じゅうみんをあなたがたのまえからはらわないならば、そののこしていたものはあなたがたのにとげとなり、あなたがたのわきにいばらとなり、あなたがたのくににおいて、あなたがたをなやますであろう。

56 また、わたしはかれらにしようとおもったとおりに、あなたがたにするであろう」。