民数記11
    脚注
    Theme

    第11章

    1 さて、たみ災難さいなんっているひとのように、しゅみみにつぶやいた。しゅはこれをいていかりをはっせられ、しゅかれらのうちにえあがって、宿営しゅくえいはしいた。

    2 そこでたみはモーセにむかってさけんだ。モーセがしゅいのったので、そのはしずまった。

    3 しゅかれらのうちにえあがったことによって、そのところはタベラとばれた。

    4 またかれらのうちにいたおおくのあつまりびとは欲心よくしんおこし、イスラエルの人々ひとびともまたふたたいてった、「ああ、にくべたい。

    5 われわれはおもおこすが、エジプトでは、ただで、うおべた。きゅうりも、すいかも、にらも、たまねぎも、そして、にんにくも。

    6 しかし、いま、われわれの精根せいこんきた。われわれのまえには、このマナのほかなにもない」。

    7 マナは、こえんどろののようで、いろはブドラクのいろのようであった。

    8 たみあるきまわって、これをあつめ、ひきうすでひき、または、うすでつき、かまでて、これをもちとした。そのあじあぶら菓子かしあじのようであった。

    9 よる宿営しゅくえいつゆがおりるとき、マナはそれとともった。

    10 モーセは、たみいえごとに、おのおのその天幕てんまく入口いりぐちくのをいた。そこでしゅはげしくいかられ、またモーセは不快ふかいおもった。

    11 そして、モーセはしゅった、「あなたはなぜ、しもべにわる仕打しうちをされるのですか。どうしてわたしはあなたのまえめぐみをないで、このすべてのたみ重荷おもにわされるのですか。

    12 わたしがこのすべてのたみを、はらんだのですか。わたしがこれをんだのですか。そうではないのに、あなたはなぜわたしに『やしなおや乳児にゅうじくように、かれらをふところにいて、あなたがかれらの先祖せんぞたちにちかわれたけ』とわれるのですか。

    13 わたしはどこからにくて、このすべてのたみあたえることができましょうか。かれらはいて、『にくべさせよ』とわたしにっているのです。

    14 わたしひとりでは、このすべてのたみうことができません。それはわたしにはおもぎます。

    15 もしわたしがあなたのまえめぐみをますならば、わたしにこのような仕打しうちをされるよりは、むしろ、ひとおもいにころし、このうえくるしみにわせないでください」。

    16 しゅはモーセにわれた、「イスラエルの長老ちょうろうたちのうち、たみ長老ちょうろうとなり、つかさとなるべきことを、あなたがっているもの七十にんをわたしのもとにあつめ、会見かいけん幕屋まくやれてきて、そこにあなたとともたせなさい。

    17 わたしはくだって、そのところで、あなたとかたり、またわたしはあなたのうえにあるれいを、かれらにもあたえるであろう。かれらはあなたとともに、たみ重荷おもにい、あなたが、ただひとりで、それをうことのないようにするであろう。

    18 あなたはまたたみいなさい、『あなたがたはきよめて、あすをちなさい。あなたがたはにくべることができるであろう。あなたがたがいてしゅみみに、わたしたちはにくべたい。エジプトにいたときかったとったからである。それゆえ、しゅはあなたがたににくあたえてべさせられるであろう。

    19 あなたがたがそれをべるのは、一にち二日ふつかや五や十二十日はつかではなく、

    20 一かげつおよび、ついにあなたがたのはなからるようになり、あなたがたは、それにてるであろう。それはあなたがたのうちにおられるしゅかるんじて、そのまえき、なぜ、わたしたちはエジプトからてきたのだろうとったからである』」。

    21 モーセはった、「わたしとともにおるたみ徒歩とほ男子だんしだけでも六十万です。ところがあなたは、『わたしはかれらににくあたえて一かげつのあいだべさせよう』とわれます。

    22 ひつじうしれをかれらのためにほふって、かれらをきさせるというのですか。うみのすべてのうおかれらのためにあつめて、かれらをきさせるというのですか」。

    23 しゅはモーセにわれた、「しゅみじかかろうか。あなたは、いま、わたしの言葉ことばるかどうかをるであろう」。

    24 このときモーセはて、しゅ言葉ことばたみげ、たみ長老ちょうろうたち七十にんあつめて、幕屋まくや周囲しゅういたせた。

    25 しゅくものうちにあってくだり、モーセとかたられ、モーセのうえにあるれいを、その七十にん長老ちょうろうたちにもあたえられた。そのれいかれらのうえにとどまったときかれらは預言よげんした。ただし、そののちかさねて預言よげんしなかった。

    26 そのときふたりのものが、宿営しゅくえいにとどまっていたが、ひとりのはエルダデとい、ひとりのはメダデといった。かれらのうえにもれいがとどまった。かれらはをしるされたものであったが、幕屋まくやかなかったので、宿営しゅくえいのうちで預言よげんした。

    27 ときにひとりの若者わかものはしってきて、モーセにげてった、「エルダデとメダデとが宿営しゅくえいのうちで預言よげんしています」。

    28 わかときからモーセの従者じゅうしゃであったヌンのヨシュアはこたえてった、「わがしゅ、モーセよ、かれらをさしめてください」。

    29 モーセはかれった、「あなたは、わたしのためをおもって、ねたみをおこしているのか。しゅたみがみな預言者よげんしゃとなり、しゅがそのれいかれらにあたえられることは、ねがわしいことだ」。

    30 こうしてモーセはイスラエルの長老ちょうろうたちとともに、宿営しゅくえいきあげた。

    31 さて、しゅのもとからかぜおこり、うみこうから、うずらをはこんできて、これを宿営しゅくえいちかくにおとした。そのちた範囲はんいは、宿営しゅくえい周囲しゅういで、こちらがわも、おおよそ一にち行程こうてい、あちらがわも、おおよそ一にち行程こうてい地面じめんからたかさおおよそ二キュビトであった。

    32 そこでたみがってその終日しゅうじつ、その終夜しゅうや、またそのつぎ終日しゅうじつ、うずらをあつめたが、あつめることもっとすくないものも、十ホメルほどあつめた。かれらはみな、それを宿営しゅくえい周囲しゅういひろげておいた。

    33 そのにくがなお、かれらのあいだにあってべつくさないうちに、しゅたみにむかっていかりをはっし、しゅ非常ひじょうはげしい疫病えきびょうをもってたみたれた。

    34 これによって、そのところはキブロテ・ハッタワとばれた。欲心よくしんおこしたたみを、そこにめたからである。

    35 キブロテ・ハッタワから、たみはハゼロテにすすみ、ハゼロテにとどまった。