民数記27
戻る 次へ

第27章

1 さて、ヨセフのマナセの氏族しぞくのうちのヘペルの、ゼロペハデのむすめたちがうったえてきた。ヘペルはギレアデの、ギレアデはマキルの、マキルはマナセのである。そのむすめたちはをマアラ、ノア、ホグラ、ミルカ、テルザといったが、

2 かれらは会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちでモーセと、祭司さいしエレアザルと、つかさたちとぜん会衆かいしゅうとのまえってった、

3 「わたしたちのちち荒野あらのにました。かれは、コラの仲間なかまとなってしゅさからったものどもの仲間なかまのうちにはくわわりませんでした。かれ自分じぶんつみによってんだのですが、おとこがありませんでした。

4 おとこがないからといって、どうしてわたしたちのちちがその氏族しぞくのうちからけずられなければならないのでしょうか。わたしたちのちち兄弟きょうだいおなじように、わたしたちにも所有しょゆうあたえてください」。

5 モーセがそのことしゅまえべると、

6 しゅはモーセにわれた、

7 「ゼロペハデのむすめたちのうことはただしい。あなたはかならかれらのちち兄弟きょうだいたちとおなじように、かれらにもぎょう所有しょゆうあたえなければならない。すなわち、そのちちぎょうかれらにわたさなければならない。

8 あなたはイスラエルの人々ひとびといなさい、『もしひとんで、おとこがないときは、そのぎょうむすめわたさなければならない。

9 もしまたむすめもないときは、そのぎょう兄弟きょうだいあたえなければならない。

10 もし兄弟きょうだいもないときは、そのぎょうちち兄弟きょうだいあたえなければならない。

11 もしまたちち兄弟きょうだいがないときは、その氏族しぞくのうちでかれもっとちか親族しんぞくにそのぎょうあたえて所有しょゆうさせなければならない』。しゅがモーセにめいじられたようにイスラエルの人々ひとびとは、これをおきてのさだめとしなければならない」。

12 しゅはモーセにわれた、「このアバリムのやまのぼって、わたしがイスラエルの人々ひとびとあたえるなさい。

13 あなたはそれをてから、兄弟きょうだいアロンのようにそのたみくわえられるであろう。

14 これは会衆かいしゅうがチンの荒野あらのさからいあらそったとき、あなたがたはわたしのめいにそむき、あのみずのかたわらでかれらのまえにわたしのせいなることをあらわさなかったからである」。これはチンの荒野あらのにあるカデシのメリバのみずである。

15 モーセはしゅった、

16 「すべてのにくなるもののいのちかみしゅよ、どうぞ、この会衆かいしゅううえにひとりのひとて、

17 かれらのまえ出入でいりし、かれらをみちびし、かれらをみちびれるものとし、しゅ会衆かいしゅう牧者ぼくしゃのないひつじのようにしないでください」。

18 しゅはモーセにわれた、「かみれいのやどっているヌンのヨシュアをえらび、あなたのをそのうえにおき、

19 かれ祭司さいしエレアザルとぜん会衆かいしゅうまえたせて、かれらのまえしょくにんじなさい。

20 そしてかれにあなたの権威けんいあたえ、イスラエルの人々ひとびとぜん会衆かいしゅうかれしたがわせなさい。

21 かれ祭司さいしエレアザルのまえち、エレアザルはかれのためにウリムをもって、しゅまえ判断はんだんもとめなければならない。ヨシュアとイスラエルの人々ひとびとぜん会衆かいしゅうとはエレアザルの言葉ことばしたがっていで、エレアザルの言葉ことばしたがってはいらなければならない」。

22 そこでモーセはしゅめいじられたようにし、ヨシュアをえらんで、祭司さいしエレアザルとぜん会衆かいしゅうまえたせ、

23 かれうえをおき、しゅがモーセによってかたられたとおりにかれ任命にんめいした。