民数記10
戻る 次へ

第10章

1 しゅはモーセにわれた、

2 ぎんのラッパを二ほんつくりなさい。すなわち、打物うちものつくりとし、それで会衆かいしゅうあつめ、また宿営しゅくえいすすませなさい。

3 この二つをくときは、ぜん会衆かいしゅう会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちに、あなたのところあつまってこなければならない。

4 もしその一つだけをくときは、イスラエルの氏族しぞくちょうであるつかさたちが、あなたのところあつまってこなければならない。

5 またあなたがたが警報けいほうらすときは、ひがしほう宿営しゅくえいが、みちすすまなければならない。

6 度目どめ警報けいほうらすときは、みなみほう宿営しゅくえいが、みちすすまなければならない。すべてみちすすときは、警報けいほうらさなければならない。

7 また会衆かいしゅうあつめるときにも、ラッパをらすが、警報けいほうらしてはならない。

8 アロンのである祭司さいしたちが、ラッパをかなければならない。これはあなたがたが、代々よよながくまもるべきさだめとしなければならない。

9 また、あなたがたのくにで、あなたがたをしえたげるあだとのたたかいにときは、ラッパをもって、警報けいほうらさなければならない。そうするならば、あなたがたは、あなたがたのかみしゅおぼえられて、あなたがたのてきからすくわれるであろう。

10 また、あなたがたのよろこびの、あなたがたのいわいのとき、および月々つきづきだいにちには、あなたがたの燔祭はんさい酬恩祭しゅうおんさい犠牲ぎせいをささげるにあたって、ラッパをらさなければならない。そうするならば、あなたがたのかみは、それによって、あなたがたをおぼえられるであろう。わたしはあなたがたのかみしゅである」。

11 だいねんの二にがつ二十日はつかに、くもがあかしの幕屋まくやはなれてのぼったので、

12 イスラエルの人々ひとびとは、シナイの荒野あらのて、その旅路たびじすすんだが、パランの荒野あらのいたって、くもはとどまった。

13 こうしてかれらは、しゅがモーセによって、めいじられたところにしたがって、みちすすむことをはじめた。

14 先頭せんとうには、ユダのたちの宿営しゅくえいはたが、その部隊ぶたいしたがえてすすんだ。ユダの部隊ぶたいちょうはアミナダブのナション、

15 イッサカルのたちの部族ぶぞく部隊ぶたいちょうはツアルのネタニエル、

16 ゼブルンのたちの部族ぶぞく部隊ぶたいちょうはヘロンのエリアブであった。

17 そして幕屋まくやりくずされ、ゲルションのたち、およびメラリのたちは幕屋まくやはこすすんだ。

18 つぎにルベンの宿営しゅくえいはたが、その部隊ぶたいしたがえてすすんだ。ルベンの部隊ぶたいちょうはシデウルのエリヅル、

19 シメオンのたちの部族ぶぞく部隊ぶたいちょうはツリシャダイのシルミエル、

20 ガドのたちの部族ぶぞく部隊ぶたいちょうはデウエルのエリアサフであった。

21 そしてコハテびとはせいなるものはこすすんだ。これがくまでに、人々ひとびと幕屋まくやおわるのである。

22 つぎにエフライムのたちの宿営しゅくえいはたが、その部隊ぶたいしたがえてすすんだ。エフライムの部隊ぶたいちょうはアミホデのエリシャマ、

23 マナセのたちの部族ぶぞく部隊ぶたいちょうはパダヅルのガマリエル、

24 ベニヤミンのたちの部族ぶぞく部隊ぶたいちょうはギデオニのアビダンであった。

25 つぎにダンのたちの宿営しゅくえいはたが、その部隊ぶたいしたがえてすすんだ。この部隊ぶたいはすべての宿営しゅくえいのしんがりであった。ダンの部隊ぶたいちょうはアミシャダイのアヒエゼル、

26 アセルのたちの部族ぶぞく部隊ぶたいちょうはオクランのパギエル、

27 ナフタリのたちの部族ぶぞく部隊ぶたいちょうはエナンのアヒラであった。

28 イスラエルの人々ひとびとが、そのみちすすときは、このように、その部隊ぶたいしたがってすすんだ。

29 さて、モーセは、つまちち、ミデヤンびとリウエルのホバブにった、「わたしたちは、かつてしゅがおまえたちにあたえると約束やくそくされたところかってすすんでいます。あなたも一緒いっしょにおいでください。あなたが幸福こうふくになられるようにいたしましょう。しゅがイスラエルに幸福こうふく約束やくそくされたのですから」。

30 かれはモーセにった、「わたしはきません。わたしはくにかえって、親族しんぞくのもとにきます」。

31 モーセはまたった、「どうかわたしたちを見捨みすてないでください。あなたは、わたしたちが荒野あらののどこに宿営しゅくえいすべきかを御存ごぞんじですから、わたしたちのとなってください。

32 もしあなたが一緒いっしょにおいでくださるなら、しゅがわたしたちにたまわる幸福こうふくをあなたにもおよぼしましょう」。

33 こうしてかれらはしゅやまって、三行程こうていすすんだ。しゅ契約けいやくはこは、その三行程こうていあいだかれらに先立さきだってき、かれらのためにやすところたずねもとめた。

34 かれらが宿営しゅくえいて、みちすすむとき、ひるしゅくもかれらのうえにあった。

35 契約けいやくはこすすむときモーセはった、「しゅよ、ちあがってください。あなたのてきらされ、あなたをにくものどもは、あなたのまえからりますように」。

36 またそのとどまるとき、かれった、「しゅよ、かえってきてください、イスラエルのちよろずのひとに」。