民数記6
戻る 次へ

第6章

1 しゅはまたモーセにわれた、

2 「イスラエルの人々ひとびといなさい、『おとこまたはおんなが、とくちかいをて、ナジルびととなる誓願せいがんをして、しゅ聖別せいべつするときは、

3 ぶどうしゅさけち、ぶどうしゅとなったもの、さけとなったものをまず、また、ぶどうのしるまず、またなまでもしたものでも、ぶどうをべてはならない。

4 ナジルびとであるあいだは、すべて、ぶどうのからできるものは、たねかわべてはならない。

5 また、ナジルびとたる誓願せいがんてているあいだは、すべて、かみそりをあたまててはならない。しゅ聖別せいべつした日数ひかずちるまで、かれせいなるものであるから、かみをのばしておかなければならない。

6 しゅ聖別せいべつしているあいだは、すべて死体したいちかづいてはならない。

7 父母ふぼ兄弟きょうだい姉妹しまいんだときでも、そのためにけがしてはならない。かみ聖別せいべつしたしるしが、あたまにあるからである。

8 かれはナジルびとであるあいだは、すべてしゅせいなるものである。

9 もしひとがはからずもかれのかたわらにんで、かれ聖別せいべつしたあたまけがしたならば、かれきよめるに、あたまをそらなければならない。すなわち、七日なぬかにそれをそらなければならない。

10 そして八やまばと二、またはいえばとのひな二たずさえて、会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちにおる祭司さいしところかなければならない。

11 祭司さいしはその一いちわ罪祭ざいさいに、一いちわ燔祭はんさいにささげて、かれ死体したいによってつみかれのためにあがない、そのかれあたま聖別せいべつしなければならない。

12 かれはまたナジルびとたるかずを、あらためてしゅ聖別せいべつし、一さいおす小羊こひつじたずさえてきて、愆祭けんさいとしなければならない。それ以前いぜんは、かれがその聖別せいべつけがしたので、無効むこうになるであろう。

13 これがナジルびとの律法りっぽうである。聖別せいべつかずちたときは、そのひと会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちれてこなければならない。

14 そしてそのひとそなものしゅにささげなければならない。すなわち、一さいおす小羊こひつじまったきもの一とう燔祭はんさいとし、一さいめす小羊こひつじまったきもの一とう罪祭ざいさいとし、雄羊おひつじまったきもの一とう酬恩祭しゅうおんさいとし、

15 またたねれぬパンの一かご、あぶらぜてつくった麦粉むぎこ菓子かしあぶらったたねれぬ煎餅せんべい、および素祭そさい灌祭かんさいたずさえてこなければならない。

16 祭司さいしはこれをしゅまえたずさえてきて、その罪祭ざいさい燔祭はんさいとをささげ、

17 また雄羊おひつじたねれぬパンの一かごとともに、酬恩祭しゅうおんさい犠牲ぎせいとして、しゅにささげなければならない。祭司さいしはまたその素祭そさい灌祭かんさいをもささげなければならない。

18 そのナジルびとは会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちで、聖別せいべつしたあたまをそり、その聖別せいべつしたあたまかみって、これを酬恩祭しゅうおんさい犠牲ぎせいしたにあるうえかなければならない。

19 祭司さいしはその雄羊おひつじかたえたものと、かごからったたねれぬ菓子かし一つと、たねれぬ煎餅せんべい一つをって、これをナジルびとが、その聖別せいべつしたあたまをそったのち、そのさづけ、

20 祭司さいししゅまえでこれをうごかして揺祭ようさいとしなければならない。これはせいなるものであって、そのうごかしたむねと、ささげたももとともに、祭司さいしするであろう。こうしてのち、そのナジルびとは、ぶどうしゅむことができる。

21 これは誓願せいがんをするナジルびとと、そのナジルびとたることのために、しゅにささげるかれそなものについての律法りっぽうである。このほかにそのちからおよものをささげることができる。すなわち、かれはそのちか誓願せいがんのように、ナジルびとの律法りっぽうにしたがっておこなわなければならない』」。

22 しゅはまたモーセにわれた、

23 「アロンとそのたちにいなさい、『あなたがたはイスラエルの人々ひとびと祝福しゅくふくしてこのようにわなければならない。

24 ねがわくはしゅがあなたを祝福しゅくふくし、あなたをまもられるように。

25 ねがわくはしゅがみかおをもってあなたをてらし、あなたをめぐまれるように。

26 ねがわくはしゅがみかおをあなたにけ、あなたに平安へいあんたまわるように」』。

27 こうしてかれらがイスラエルの人々ひとびとのために、わたしのとなえるならば、わたしはかれらを祝福しゅくふくするであろう」。