民数記34
戻る 次へ

第34章

1 しゅはモーセにわれた、

2 「イスラエルの人々ひとびとめいじていなさい。あなたがたがカナンのにはいるとき、あなたがたのぎょうとなるべきはカナンので、その全域ぜんいきつぎのとおりである。

3 みなみほうはエドムにせっするチンの荒野あらのはじまり、みなみさかいは、ひがししおうみはしはじまる。

4 そのさかいはアクラビムのさかみなみめぐってチンにかい、カデシ・バルネアのみなみいたり、ハザル・アダルにすすみ、アズモンにおよぶ。

5 そのさかいはまたアズモンからてんじてエジプトのかわいたり、うみおよんできる。

6 西にしさかいはおおうみとその沿岸えんがんで、これがあなたがたの西にしさかいである。

7 あなたがたのきたさかいつぎのとおりである。すなわちおおうみからホルやままでせんき、

8 ホルやまからハマテの入口いりぐちまでせんき、そのさかいをゼダデにいたらせ、

9 またそのさかいはジフロンにすすみ、ハザル・エノンにいたってきる。これがあなたがたのきたさかいである。

10 あなたがたのひがしさかいは、ハザル・エノンからシパムまでせんき、

11 またそのさかいはアインのひがしほうで、シパムからリブラにくだり、またそのさかいくだってキンネレテのうみひがし斜面しゃめんいたり、

12 またそのさかいはヨルダンにくだり、しおうみいたってきる。あなたがたのくに周囲しゅういさかい以上いじょうのとおりである」。

13 モーセはイスラエルの人々ひとびとめいじてった、「これはあなたがたが、くじによってぐべきである。しゅはこれを九つの部族ぶぞくはん部族ぶぞくとにあたえよとめいじられた。

14 それはルベンの子孫しそん部族ぶぞくとガドの子孫しそん部族ぶぞくとがとも父祖ふそいえにしたがって、すでにそのぎょうけ、またマナセのはん部族ぶぞくもそのぎょうけていたからである。

15 この二つの部族ぶぞくはん部族ぶぞくとはエリコにちかいヨルダンのかなた、すなわちひがしほうほうで、そのぎょうけた」。

16 しゅはまたモーセにわれた、

17 「あなたがたに、ぎょうとしてあたえる人々ひとびとつぎのとおりである。すなわち祭司さいしエレアザルと、ヌンのヨシュアとである。

18 あなたがたはまた、おのおの部族ぶぞくから、つかさひとりずつをえらんで、あたえさせなければならない。

19 その人々ひとびとつぎのとおりである。すなわちユダの部族ぶぞくではエフンネのカレブ、

20 シメオンの子孫しそん部族ぶぞくではアミホデのサムエル、

21 ベニヤミンの部族ぶぞくではキスロンのエリダデ、

22 ダンの子孫しそん部族ぶぞくではヨグリのつかさブッキ、

23 ヨセフの子孫しそん、すなわちマナセの部族ぶぞくではエポデのつかさハニエル、

24 エフライムの子孫しそん部族ぶぞくではシフタンのつかさケムエル、

25 ゼブルンの子孫しそん部族ぶぞくではパルナクのつかさエリザパン、

26 イッサカルの子孫しそん部族ぶぞくではアザンのつかさパルテエル、

27 アセルの子孫しそん部族ぶぞくではシロミのつかさアヒウデ、

28 ナフタリの子孫しそん部族ぶぞくでは、アミホデのつかさパダヘル。

29 カナンのでイスラエルの人々ひとびとぎょうあたえることをしゅめいじられた人々ひとびと以上いじょうのとおりである」。