聖典
民数記36
戻る 次へ

第36章

1 ヨセフの子孫しそん氏族しぞくのうち、マナセのマキルのであるギレアデのらの氏族しぞくのかしらたちがきて、モーセとイスラエルの人々ひとびとのかしらであるつかさたちとのまえかたって、

2 った、「イスラエルの人々ひとびとに、そのぎょうをくじによってあたえることをしゅはあなたにめいじられ、あなたもまた、われわれの兄弟きょうだいゼロペハデのぎょうを、そのむすめたちにあたえるよう、しゅによってめいじられました。

3 そのむすめたちがもし、イスラエルの人々ひとびとのうちの部族ぶぞくのむすこたちにとつぐならば、彼女かのじょたちのぎょうは、われわれの父祖ふそぎょうのうちからのぞかれて、そのとつぐ部族ぶぞくぎょうくわえられるでしょう。こうしてそれはわれわれのぎょうぶんからのぞかれるでしょう。

4 そしてイスラエルの人々ひとびとのヨベルのとしがきたとき彼女かのじょたちのぎょうは、そのとついだ部族ぶぞくぎょうくわえられるでしょう。こうして彼女かのじょたちのぎょうは、われわれの父祖ふそ部族ぶぞくぎょうのうちからのぞかれるでしょう」。

5 モーセはしゅ言葉ことばにしたがって、イスラエルの人々ひとびとめいじてった、「ヨセフの子孫しそん部族ぶぞくうところはただしい。

6 ゼロペハデのむすめたちについて、しゅめいじられたことはこうである。すなわち『彼女かのじょたちはそのこころにかなうものにとついでもよいが、ただその父祖ふそ部族ぶぞく一族いちぞくにのみ、とつがなければならない。

7 そうすればイスラエルの人々ひとびとぎょうは、部族ぶぞくから部族ぶぞくうつるようなことはないであろう。イスラエルの人々ひとびとは、おのおのその父祖ふそ部族ぶぞくぎょうをかたくたもつべきだからである。

8 イスラエルの人々ひとびと部族ぶぞくのうち、ぎょうをもっているむすめはみな、そのちち部族ぶぞくぞくする一族いちぞくにとつがなければならない。そうすればイスラエルの人々ひとびとは、おのおのその父祖ふそぎょうたもつことができる。

9 こうしてぎょうは一つの部族ぶぞくから部族ぶぞくうつることはなかろう。イスラエルの人々ひとびと部族ぶぞくはおのおのそのぎょうをかたくたもつべきだからである』」。

10 そこでゼロペハデのむすめたちは、しゅがモーセにめいじられたようにした。

11 すなわちゼロペハデのむすめたち、マアラ、テルザ、ホグラ、ミルカおよびノアは、そのちち兄弟きょうだいのむすこたちにとついだ。

12 彼女かのじょたちはヨセフのマナセのむすこたちの一族いちぞくにとついだので、そのぎょうはそのちち一族いちぞくぞくする部族ぶぞくにとどまった。

13 これらはエリコにちかいヨルダンのほとりのモアブの平野へいやで、しゅがモーセによってイスラエルの人々ひとびとめいじられた命令めいれいとおきてである。