民数記8
戻る 次へ

第8章

1 しゅはモーセにわれた、

2 「アロンにいなさい、『あなたがともしをともすときは、七つのともし燭台しょくだい前方ぜんぽうてらすようにしなさい』」。

3 アロンはそのようにした。すなわち、しゅがモーセにめいじられたように、燭台しょくだい前方ぜんぽうてらすように、ともしをともした。

4 燭台しょくだいつくりはつぎのとおりである。それはきんもので、そのだいもそのはなとも打物うちものつくりであった。モーセはしゅしめされたかたにしたがって、そのようにその燭台しょくだいつくった。

5 しゅはまたモーセにわれた、

6 「レビびとをイスラエルの人々ひとびとのうちからって、かれらをきよめなさい。

7 あなたはこのようにしてかれらをきよめなければならない。すなわち、つみきよめるみずかれらにそそぎかけ、かれらに全身ぜんしんをそらせ、衣服いふくあらわせて、きよめさせ、

8 そしてかれらにわか雄牛おうしとうと、あぶらぜた麦粉むぎこ素祭そさいとをらせなさい。あなたはまた、ほかにわか雄牛おうし罪祭ざいさいのためにらなければならない。

9 そして、あなたはレビびとを会見かいけん幕屋まくやまえれてきて、イスラエルの人々ひとびとぜん会衆かいしゅうあつめ、

10 レビびとをしゅまえすすませ、イスラエルの人々ひとびとをして、をレビびとのうえかせなければならない。

11 そしてアロンは、レビびとをイスラエルの人々ひとびとのささげる揺祭ようさいとして、しゅまえにささげなければならない。これはかれらにしゅつとめをさせるためである。

12 それからあなたはレビびとをして、をかの雄牛おうしあたまうえかせ、その一つを罪祭ざいさいとし、一つを燔祭はんさいとしてしゅにささげ、レビびとのためにつみのあがないをしなければならない。

13 あなたはレビびとを、アロンとそのたちのまえたせ、これを揺祭ようさいとしてしゅにささげなければならない。

14 こうして、あなたはレビびとをイスラエルの人々ひとびとのうちからかち、レビびとをわたしのものとしなければならない。

15 こうしてのちレビびとは会見かいけん幕屋まくやにはいってつとめにつくことができる。あなたはかれらをきよめ、かれらをささげて揺祭ようさいとしなければならない。

16 かれらはイスラエルの人々ひとびとのうちから、まったくわたしにささげられたものだからである。イスラエルの人々ひとびとのうちのはじめにうまれたもの、すなわち、すべてのういごのかわりに、わたしはかれらをってわたしのものとした。

17 イスラエルの人々ひとびとのうちのういごは、ひとけものも、みなわたしのものだからである。わたしはエジプトので、すべてのういごをころしたに、かれらを聖別せいべつしてわたしのものとした。

18 それでわたしはイスラエルの人々ひとびとのうちの、すべてのういごのかわりにレビびとをった。

19 わたしはイスラエルの人々ひとびとのうちからレビびとをって、アロンとそのたちにあたえ、かれらに会見かいけん幕屋まくやで、イスラエルの人々ひとびとかわってつとめをさせ、またイスラエルの人々ひとびとのためにつみのあがないをさせるであろう。これはイスラエルの人々ひとびとが、聖所せいじょちかづいて、イスラエルの人々ひとびとのうちにわざわいおこることのないようにするためである」。

20 モーセとアロン、およびイスラエルの人々ひとびとぜん会衆かいしゅうは、すべてしゅがレビびとのことにつき、モーセにめいじられたところにしたがって、レビびとにった、すなわち、イスラエルの人々ひとびとは、そのようにかれらにった。

21 そこでレビびとはきよめ、その衣服いふくあらった。アロンはかれらをしゅまえにささげて揺祭ようさいとした。アロンはまたかれらのために、つみのあがないをしてかれらをきよめた。

22 こうしてのち、レビびとは会見かいけん幕屋まくやにはいって、アロンとそのたちにつかえてつとめをした。すなわち、かれらはレビびとのことについて、しゅがモーセにめいじられたところにしたがって、そのようにかれらにった。

23 しゅはまたモーセにわれた、

24 「レビびとはつぎのようにしなければならない。すなわち、二十五さい以上いじょうものつとめにつき、会見かいけん幕屋まくやはたらきをしなければならない。

25 しかし、五十さいからはつとめはたらきを退しりぞき、かさねてつとめをしてはならない。

26 ただ、会見かいけん幕屋まくやでその兄弟きょうだいたちのつとめたすけをすることができる。しかし、つとめをしてはならない。あなたがレビびとにそのつとめをさせるには、このようにしなければならない」。