民数記32
戻る 次へ

第32章

1 ルベンの子孫しそんとガドの子孫しそんとは非常ひじょうおおくの家畜かちくれをっていた。かれらがヤゼルのと、ギレアデのとをると、そこは家畜かちくうのにてきしていたので、

2 ガドの子孫しそんとルベンの子孫しそんとがきて、モーセと、祭司さいしエレアザルと、会衆かいしゅうのつかさたちとにった、

3 「アタロテ、デボン、ヤゼル、ニムラ、ヘシボン、エレアレ、シバム、ネボ、ベオン、

4 すなわちしゅがイスラエルの会衆かいしゅうまえほろぼされたくには、家畜かちくうのにてきしたですが、しもべらは家畜かちくっています」。

5 かれらはまたった、「それでもし、あなたのめぐみをられますなら、どうぞこのをしもべらの領地りょうちにして、われわれにヨルダンをわたらせないでください」。

6 モーセはガドの子孫しそんとルベンの子孫しそんとにった、「あなたがたは兄弟きょうだいたたかいにくのに、ここにすわっていようというのか。

7 どうしてあなたがたはイスラエルの人々ひとびとこころをくじいて、しゅかれらにあたえられるわたることができないようにするのか。

8 あなたがたの先祖せんぞも、わたしがカデシ・バルネアから、そのるためにつかわしたときに、おなじようなことをした。

9 すなわちかれらはエシコルのたにって、そのたとき、イスラエルの人々ひとびとこころをくじいて、しゅあたえられるくことができないようにした。

10 そこでそのときしゅいかりをはっし、ちかってわれた、

11 『エジプトからてきた人々ひとびとで二十さい以上いじょうものはひとりもわたしがアブラハム、イサク、ヤコブにちかったることはできない。かれらはわたしにしたがわなかったからである。

12 ただケニズびとエフンネのカレブとヌンのヨシュアとはそうではない。このふたりはまったしゅしたがったからである』。

13 しゅはこのようにイスラエルにむかっていかりをはっし、かれらを四十ねんのあいだ荒野あらのにさまよわされたので、しゅまえあくおこなったその世代せだい人々ひとびとは、ついにみなほろびた。

14 あなたがたはそのちちかわってったつみびとのやからであって、しゅのイスラエルにたいするはげしいいかりをさらにそうとしている。

15 あなたがたがもしそむいてしゅしたがわないならば、しゅはまたこのたみ荒野あらのにすておかれるであろう。そうすればあなたがたはこのたみをことごとくほろぼすにいたるであろう」。

16 かれらはモーセのところへすすってった、「われわれはこのところに、れのためにひつじのおりをて、また子供こどもたちのために町々まちまちてようとおもいます。

17 しかし、われわれは武装ぶそうしてイスラエルの人々ひとびとまえすすみ、かれらをそのところみちびいてきましょう。ただわれわれの子供こどもたちは、この住民じゅうみんがいをのがれるため、堅固けんご町々まちまちませておかなければなりません。

18 われわれはイスラエルの人々ひとびとが、おのおのそのぎょうけるまでは、いえかえりません。

19 またわれわれはヨルダンのかなたでかれらとともにはぎょうけません。われわれはヨルダンのこなた、すなわちひがしほうぎょうけるからです」。

20 モーセはかれらにった、「もし、あなたがたがそのようにし、みな武装ぶそうしてしゅまえってたたかい、

21 みな武装ぶそうしてしゅまえってヨルダンがわわたり、しゅがそのてき自分じぶんまえからはらわれて、

22 このくにしゅまえ征服せいふくされてのちかえってくるならば、あなたがたはしゅまえにも、イスラエルのまえにも、とがめはないであろう。そしてこのしゅまえにあなたがたの所有しょゆうとなるであろう。

23 しかし、そうしないならば、あなたがたはしゅにむかってつみおかしたものとなり、そのつみかならおよぶことをらなければならない。

24 あなたがたは子供こどもたちのために町々まちまちて、ひつじのために、おりをてなさい。しかし、あなたがたは約束やくそくしたことはおこなわなければならない」。

25 ガドの子孫しそんとルベンの子孫しそんとは、モーセにった、「しもべらはあなたのめいじられたとおりにいたします。

26 われわれの子供こどもたちとつまひつじと、すべての家畜かちくとは、このギレアデの町々まちまちのこします。

27 しかし、しもべらはみな武装ぶそうして、あなたのわれるとおり、しゅまえわたってってたたかいます」。

28 モーセはかれらのことについて、祭司さいしエレアザルと、ヌンのヨシュアと、イスラエルの人々ひとびと部族ぶぞくのうちの氏族しぞくのかしらたちとにめいじた。

29 そしてモーセはかれらにった、「ガドの子孫しそんと、ルベンの子孫しそんとが、おのおの武装ぶそうしてあなたがたと一緒いっしょにヨルダンをわたり、しゅまえたたかって、そのをあなたがたが征服せいふくするならば、あなたがたはかれらにギレアデの領地りょうちとしてあたえなければならない。

30 しかし、もしかれらが武装ぶそうしてあなたがたと一緒いっしょわたってかないならば、かれらはカナンのであなたがたのうちに領地りょうちなければならない」。

31 ガドの子孫しそんと、ルベンの子孫しそんとはこたえてった、「しもべらはしゅわれたとおりにいたします。

32 われわれは武装ぶそうして、しゅまえにカナンのわたってきますが、ヨルダンのこなたで、われわれのぎょうをもつことにします」。

33 そこでモーセはガドの子孫しそんと、ルベンの子孫しそんと、ヨセフのマナセの部族ぶぞくなかばとに、アモリびとのおうシホンのくにと、バシャンのおうオグのくにとをあたえた。すなわち、そのくにおよびその領内りょうない町々まちまちとその町々まちまち周囲しゅういとをあたえた。

34 こうしてガドの子孫しそんは、デボン、アタロテ、アロエル、

35 アテロテ・ショパン、ヤゼル、ヨグベハ、

36 ベテニムラ、ベテハランなどの堅固けんご町々まちまちて、ひつじのおりをてた。

37 またルベンの子孫しそんは、ヘシボン、エレアレ、キリヤタイム、

38 およびのちあらためたネボと、バアル・メオンのまちて、またシブマのまちてた。かれらはてた町々まちまちあたらしいあたえた。

39 またマナセのマキルの子孫しそんはギレアデにって、そこをり、その住民じゅうみんアモリびとをはらったので、

40 モーセはギレアデをマナセのマキルにあたえてそこにまわせた。

41 またマナセのヤイルはって村々むらむらり、それをハオテヤイルとづけた。

42 またノバはってケナテとその村々むらむらり、自分じぶんにしたがって、それをノバとづけた。