民数記3
戻る 次へ

第3章

1 しゅがシナイさんで、モーセとかたられたときの、アロンとモーセの一族いちぞくは、つぎのとおりであった。

2 アロンのたちのは、つぎのとおりである。長子ちょうしはナダブ、つぎはアビウ、エレアザル、イタマル。

3 これがアロンのたちのであって、かれらはみなあぶらそそがれ、祭司さいししょくにんじられて祭司さいしとなった。

4 ナダブとアビウとは、シナイの荒野あらのにおいて、異火ことびしゅまえにささげたので、しゅまえんだ。かれらには子供こどもがなかった。そしてエレアザルとイタマルとが、ちちアロンのまえ祭司さいしつとめをした。

5 しゅはまたモーセにわれた、

6 「レビの部族ぶぞくせ、祭司さいしアロンのまえってつかえさせなさい。

7 かれらは会見かいけん幕屋まくやまえにあって、アロンとぜん会衆かいしゅうのために、そのつとめをし、幕屋まくやはたらきをしなければならない。

8 すなわち、かれらは会見かいけん幕屋まくやの、すべてのうつわをまもり、イスラエルの人々ひとびとのためにつとめをし、幕屋まくやはたらきをしなければならない。

9 あなたはレビびとを、アロンとそのたちとに、あたえなければならない。かれらはイスラエルの人々ひとびとのうちから、まったくアロンにあたえられたものである。

10 あなたはアロンとそのたちとをてて、祭司さいししょくまもらせなければならない。ほかのひとちかづくものはころされるであろう」。

11 しゅはまたモーセにわれた、

12 「わたしは、イスラエルの人々ひとびとのうちのはじめにうまれたすべてのういごのかわりに、レビびとをイスラエルの人々ひとびとのうちからるであろう。レビびとは、わたしのものとなるであろう。

13 ういごはすべてわたしのものだからである。わたしは、エジプトのくににおいて、すべてのういごをころしたに、イスラエルのういごを、ひとけものも、ことごとく聖別せいべつして、わたしにせしめた。かれらはわたしのものとなるであろう。わたしはしゅである」。

14 しゅはまたシナイの荒野あらのでモーセにわれた、

15 「あなたはレビのたちを、その父祖ふそいえにより、その氏族しぞくによってかぞえなさい。すなわち、一かげつ以上いじょう男子だんしかぞえなければならない」。

16 それでモーセはしゅ言葉ことばにしたがって、めいじられたとおりに、それをかぞえた。

17 レビのたちのつぎのとおりである。すなわち、ゲルション、コハテ、メラリ。

18 ゲルションのたちのは、その氏族しぞくによればつぎのとおりである。すなわち、リブニ、シメイ。

19 コハテのたちは、その氏族しぞくによれば、アムラム、イヅハル、ヘブロン、ウジエル。

20 メラリのたちは、その氏族しぞくによれば、マヘリ、ムシ。これらはその父祖ふそいえによるレビの氏族しぞくである。

21 ゲルションからリブニびとの氏族しぞくと、シメイびとの氏族しぞくとがた。これらはゲルションびとの氏族しぞくである。

22 そのかぞえられたもの、すなわち、一かげつ以上いじょう男子だんしかずわせて七千五百にんであった。

23 ゲルションびとの氏族しぞく幕屋まくや後方こうほう、すなわち、西にしほう宿営しゅくえいし、

24 ラエルのエリアサフが、ゲルションびとの父祖ふそいえのつかさとなるであろう。

25 会見かいけん幕屋まくやの、ゲルションのたちのつとめは、幕屋まくや天幕てんまくとそのおおい、会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちのとばり、

26 にわのあげばり、幕屋まくや祭壇さいだんのまわりのにわ入口いりぐちのとばり、そのひも、およびすべてそれにもちいるものまもることである。

27 また、コハテからアムラムびとの氏族しぞく、イヅハルびとの氏族しぞく、ヘブロンびとの氏族しぞく、ウジエルびとの氏族しぞくた。これらはコハテびとの氏族しぞくである。

28 一かげつ以上いじょう男子だんしかずは、わせて八千六百にんであって、聖所せいじょつとめまもものたちである。

29 コハテのたちの氏族しぞくは、幕屋まくやみなみほう宿営しゅくえいし、

30 ウジエルのエリザパンが、コハテびとの氏族しぞく父祖ふそいえのつかさとなるであろう。

31 かれらのつとめは、契約けいやくはこつくえ燭台しょくだい、二つの祭壇さいだん聖所せいじょつとめもちいるうつわ、とばり、およびすべてそれにもちいるものまもることである。

32 祭司さいしアロンのエレアザルが、レビびとのつかさたちのちょうとなり、聖所せいじょつとめまもるものたちを監督かんとくするであろう。

33 メラリからマヘリびとの氏族しぞくと、ムシびとの氏族しぞくとがた。これらはメラリの氏族しぞくである。

34 そのかぞえられたもの、すなわち、一かげつ以上いじょう男子だんしかずは、わせて六千二百にんであった。

35 アビハイルのツリエルが、メラリの氏族しぞく父祖ふそいえのつかさとなるであろう。かれらは幕屋まくやきたほう宿営しゅくえいしなければならない。

36 メラリのたちが、そのつとめとして管理かんりすべきものは、幕屋まくやわく、その横木よこぎ、そのはしら、その、そのすべてのうつわ、およびそれにもちいるすべてのもの

37 ならびににわのまわりのはしらとその、そのくぎ、およびそのひもである。

38 また幕屋まくやまえ、そのひがしほう、すなわち、会見かいけん幕屋まくやひがしほう宿営しゅくえいするものは、モーセとアロン、およびアロンのたちであって、イスラエルの人々ひとびとつとめかわって、聖所せいじょつとめまもるものである。ほかのひとちかづくものころされるであろう。

39 モーセとアロンとが、しゅ言葉ことばにしたがってかぞえたレビびとで、その氏族しぞくによってかぞえられたもの、一かげつ以上いじょう男子だんしは、わせて二万二千にんであった。

40 しゅはまたモーセにわれた、「あなたは、イスラエルの人々ひとびとのうち、すべてういごである男子だんしの一かげつ以上いじょうのものをかぞえて、そのかず調しらべなさい。

41 またしゅなるわたしのために、イスラエルの人々ひとびとのうちの、すべてのういごのかわりにレビびとをり、またイスラエルの人々ひとびと家畜かちくのうちの、すべてのういごのかわりに、レビびとの家畜かちくりなさい」。

42 そこでモーセはしゅめいじられたように、イスラエルの人々ひとびとのうちの、すべてのういごをかぞえた。

43 そのかぞえられたういごの男子だんし、すべて一かげつ以上いじょうものは、そのかずによると二万二千二百七十三にんであった。

44 しゅはモーセにわれた、

45 「あなたはイスラエルの人々ひとびとのうちの、すべてのういごのかわりに、レビびとをり、またかれらの家畜かちくかわりに、レビびとの家畜かちくりなさい。レビびとはわたしのものとなる。わたしはしゅである。

46 またイスラエルの人々ひとびとのういごは、レビびとのかずを二百七十三にん超過ちょうかしているから、そのあがないのために、

47 そのあたまかずによって、ひとりごとにぎんシケルをらなければならない。すなわち、聖所せいじょのシケルにしたがって、それをらなければならない。一シケルは二十ゲラである。

48 あなたは、その超過ちょうかしたものをあがなうかねを、アロンと、そのたちにわたさなければならない」。

49 そこでモーセは、レビびとによってあがなわれたもの超過ちょうかした人々ひとびとから、あがないのかねった。

50 すなわち、モーセは、イスラエルの人々ひとびとのういごから、聖所せいじょのシケルにしたがって千三百六十五シケルのぎんり、

51 そのあがないのかねを、しゅ言葉ことばにしたがって、アロンとそのたちにわたした。しゅがモーセにめいじられたとおりである。