民数記16
戻る 次へ

第16章

1 ここに、レビのコハテのなるイヅハルのコラと、ルベンのなるエリアブのダタンおよびアビラムと、ルベンのなるペレテのオンとがあいむすび、

2 イスラエルの人々ひとびとのうち、会衆かいしゅうのうちからえらばれて、つかさとなったのある人々ひとびと二百五十にんともって、モーセにさからった。

3 かれらはあつまって、モーセとアロンとにさからってった、「あなたがたは、ぶんえています。ぜん会衆かいしゅうは、ことごとくせいなるものであって、しゅがそのうちにおられるのに、どうしてあなたがたは、しゅ会衆かいしゅううえつのですか」。

4 モーセはこれをいてひれした。

5 やがてかれはコラと、そのすべての仲間なかまとにった、「あす、しゅは、しゅにつくものはだれ、せいなるものはだれであるかをしめして、そのひとをみもとにちかづけられるであろう。すなわち、そのえらんだひとを、みもとにちかづけられるであろう。

6 それで、つぎのようにしなさい。コラとそのすべての仲間なかまとは、ざらをり、

7 そのなかれ、それに薫香くんこうって、あす、しゅまえなさい。そのときしゅえらばれるひとせいなるものである。レビのたちよ、あなたがたこそ、ぶんえている」。

8 モーセはまたコラにった、「レビのたちよ、きなさい。

9 イスラエルのかみはあなたがたをイスラエルの会衆かいしゅうのうちからかち、しゅちかづかせて、しゅ幕屋まくやつとめをさせ、かつ会衆かいしゅうまえってつかえさせられる。これはあなたがたにとって、ちいさいことであろうか。

10 かみはあなたとあなたの兄弟きょうだいなるレビのたちをみなちかづけられた。あなたがたはなお、そのうえ祭司さいしとなることをもとめるのか。

11 あなたとあなたの仲間なかまは、みなそのためにあつまってしゅてきしている。あなたがたはアロンをなんとおもって、かれたいしてつぶやくのか」。

12 モーセはひとをやって、エリアブのダタンとアビラムとをばせたが、かれらはった、「わたしたちはまいりません。

13 あなたはちちみつながれるから、わたしたちをみちびして、荒野あらのでわたしたちをころそうとしている。これはちいさいことでしょうか。そのうえ、あなたはわたしたちに君臨くんりんしようとしている。

14 かつまた、あなたはわたしたちを、ちちみつながれるみちびいてかず、はたけと、ぶどうはたけとをぎょうとしてあたえもしない。これらの人々ひとびとをくらまそうとするのですか。わたしたちはまいりません」。

15 モーセはおおいにいかって、しゅった、「かれらのそなものかえりみないでください。わたしはかれらから、ろば一とうをもったことなく、またかれらのひとりをもがいしたことはありません」。

16 そしてモーセはコラにった、「あなたとあなたの仲間なかまはみなアロンと一緒いっしょに、あす、しゅまえなさい。

17 あなたがたは、おのおのざらをって、それに薫香くんこうり、おのおのそのざらをしゅまえたずさえてきなさい。そのざらはわせて二百五十。あなたとアロンも、おのおのざらをたずさえてきなさい」。

18 かれらは、おのおのざらをり、をそのなかれ、それに薫香くんこうり、モーセとアロンもともに、会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちった。

19 そのとき、コラは会衆かいしゅうを、ことごとく会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちあつめて、かれらふたりにさからわせようとしたが、しゅ栄光えいこうぜん会衆かいしゅうあらわれた。

20 しゅはモーセとアロンにわれた、

21 「あなたがたはこの会衆かいしゅうはなれなさい。わたしはただちにかれらをほろぼすであろう」。

22 かれらふたりは、ひれしてった、「かみよ、すべてのにくなるものいのちかみよ、このひとりのひとが、つみおかしたからといって、あなたはぜん会衆かいしゅうたいしていかられるのですか」。

23 しゅはモーセにわれた、

24 「あなたは会衆かいしゅうげて、コラとダタンとアビラムのすまいの周囲しゅういれといなさい」。

25 モーセはってダタンとアビラムのもとにったが、イスラエルの長老ちょうろうたちも、かれしたがってった。

26 モーセは会衆かいしゅうった、「どうぞ、あなたがたはこれらのわる人々ひとびと天幕てんまくはなれてください。かれらのものにはなににもれてはならない。かれらのもろもろのつみによって、あなたがたもほろぼされてはいけないから」。

27 そこで人々ひとびとはコラとダタンとアビラムのすまいの周囲しゅういはなった。そして、ダタンとアビラムとは、つま、および幼児ようじ一緒いっしょて、天幕てんまく入口いりぐちった。

28 モーセはった、「あなたがたはしゅがこれらのすべてのことをさせるために、わたしをつかわされたこと、またわたしが、これを自分じぶんこころにしたがっておこなうものでないことを、つぎのことによってるであろう。

29 すなわち、もしこれらの人々ひとびとが、普通ふつうかたに、普通ふつう運命うんめいうのであれば、しゅがわたしをつかわされたのではない。

30 しかし、しゅあたらしいことをされ、くちひらいて、これらの人々ひとびとと、それにぞくするものとを、ことごとくのみつくして、きながら陰府よみくだらせられるならば、あなたがたはこれらの人々ひとびとが、しゅあなどったのであることをらなければならない」。

31 モーセが、これらのすべての言葉ことばおわったとき、かれらのした土地とちけ、

32 くちひらいて、かれらとその家族かぞく、ならびにコラにぞくするすべての人々ひとびとと、すべての所有物しょゆうぶつをのみつくした。

33 すなわち、かれらと、かれらにぞくするものは、みなきながら陰府よみくだり、はそのうえじふさいで、かれらは会衆かいしゅうのうちから、ほろぼされた。

34 このとき、その周囲しゅういにいたイスラエルの人々ひとびとは、みなかれらのさけびをいてり、「おそらくはわたしたちをも、のみつくすであろう」とった。

35 またしゅのもとからて、薫香くんこうそなえる二百五十にんをもきつくした。

36 しゅはモーセにわれた、

37 「あなたは祭司さいしアロンのエレアザルにげて、そのえるなかから、かのざらをさせ、そのなかとおひろくまきらさせなさい。それらのざらはせいとなったから、

38 つみおかしていのちうしなった人々ひとびとの、これらのざらを、ひろいたとして、祭壇さいだんのおおいとしなさい。これはしゅまえにささげられて、せいとなったからである。こうして、これはイスラエルの人々ひとびとに、しるしとなるであろう」。

39 そこで祭司さいしエレアザルは、かのころされた人々ひとびとそなえた青銅せいどうざらをり、これをひろばして、祭壇さいだんのおおいとし、

40 これをイスラエルの人々ひとびと記念きねんものとした。これはアロンの子孫しそんでないほかのひとが、しゅまえちかづいて、薫香くんこうをたくことのないようにするため、またそのひとがコラ、およびその仲間なかまのようにならないためである。すなわち、しゅがモーセによってエレアザルにわれたとおりである。

41 その翌日よくじつ、イスラエルの人々ひとびと会衆かいしゅうは、みなモーセとアロンとにつぶやいてった、「あなたがたはしゅたみころしました」。

42 会衆かいしゅうあつまって、モーセとアロンとにさからったとき、会見かいけん幕屋まくやのぞると、くもがこれをおおい、しゅ栄光えいこうあらわれていた。

43 モーセとアロンとが、会見かいけん幕屋まくやまえくと、

44 しゅはモーセにわれた、

45 「あなたがたはこの会衆かいしゅうはなれなさい。わたしはただちにかれらをほろぼそう」。そこでかれらふたりは、ひれした。

46 モーセはアロンにった、「あなたはざらをって、それに祭壇さいだんからったれ、そのうえ薫香くんこうり、いそいでそれを会衆かいしゅうのもとにってって、かれらのためにつみのあがないをしなさい。しゅいかりをはっせられ、疫病えきびょうがすでにはじまったからです」。

47 そこで、アロンはモーセのったように、それをって会衆かいしゅうなかはしってったが、疫病えきびょうはすでにたみのうちにはじまっていたので、薫香くんこうをたいて、たみのためにつみのあがないをし、

48 すでにんだものと、なおきているものとのあいだつと、疫病えきびょうはやんだ。

49 コラのことによってんだもののほかに、この疫病えきびょうによってんだものは一万四千七百にんであった。

50 アロンは会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちにいるモーセのもとにかえった。こうして疫病えきびょうはやんだ。