民数記21
戻る 次へ

第21章

1 ときにネゲブにんでいたカナンびとアラデのおうは、イスラエルがアタリムのみちをとおってるといて、イスラエルを攻撃こうげきし、そのうちの数人すうにん捕虜ほりょにした。

2 そこでイスラエルはしゅちかいをててった、「もし、あなたがこのたみをわたしのにわたしてくださるならば、わたしはその町々まちまちをことごとくほろぼしましょう」。

3 しゅはイスラエルの言葉ことばきいれ、カナンびとをわたされたので、イスラエルはそのカナンびとと、その町々まちまちとをことごとくほろぼした。それでそのところはホルマとばれた。

4 たみはホルやまからすすみ、紅海こうかいみちをとおって、エドムのまわろうとしたが、たみはそのみちえがたくなった。

5 たみかみとモーセとにむかい、つぶやいてった、「あなたがたはなぜわたしたちをエジプトからみちびのぼって、荒野あらのなせようとするのですか。ここには食物しょくもつもなく、みずもありません。わたしたちはこの粗悪そあく食物しょくもつはいやになりました」。

6 そこでしゅは、のへびをたみのうちにおくられた。へびはたみをかんだので、イスラエルのたみのうち、おおくのものがんだ。

7 たみはモーセのもとにってった、「わたしたちはしゅにむかい、またあなたにむかい、つぶやいてつみおかしました。どうぞへびをわたしたちからられるようにしゅいのってください」。モーセはたみのためにいのった。

8 そこでしゅはモーセにわれた、「のへびをつくって、それをさおのうえけなさい。すべてのかまれたものあおいで、それをるならばきるであろう」。

9 モーセは青銅せいどうで一つのへびをつくり、それをさおのうえけていた。すべてへびにかまれたものはその青銅せいどうのへびをあおいできた。

10 イスラエルの人々ひとびとみちすすんでオボテに宿営しゅくえいした。

11 またオボテからすすんでひがしほう、モアブのまえにある荒野あらのにおいて、イエアバリムに宿営しゅくえいした。

12 またそこからすすんでゼレデのたに宿営しゅくえいし、

13 さらにそこからすすんでアルノンかわのかなたに宿営しゅくえいした。アルノンかわはアモリびとのさかいからひろがる荒野あらのながれるもので、モアブとアモリびととのあいだにあって、モアブのさかいをなしていた。

14 それゆえに、「しゅたたかいのしょ」にこうわれている。「スパのワヘブ、アルノンの谷々たにだに

15 谷々たにだに斜面しゃめん、アルのまちまでかたむき、モアブのさかいりかかる」。

16 かれらはそこからベエルへすすんでった。これはしゅがモーセにむかって、「たみあつめよ。わたしはかれらにみずあたえるであろう」とわれた井戸いどである。

17 そのときイスラエルはこのうたをうたった。「井戸いどみずよ、わきあがれ、人々ひとびとよ、この井戸いどのためにうたえ、

18 しゃくとつえとをもってつかさたちがこの井戸いどり、たみのおさたちがこれをった」。そしてかれらは荒野あらのからマッタナにすすみ、

19 マッタナからナハリエルに、ナハリエルからバモテに、

20 バモテからモアブのにあるたにき、荒野あらのおろすピスガのいただきいた。

21 ここでイスラエルはアモリびとのおうシホンに使者ししゃをつかわしてわせた、

22 「わたしにあなたのくにとおらせてください。わたしたちははたけにもぶどうはたけにも、はいりません。また井戸いどみずみません。わたしたちはあなたの領地りょうちとおぎるまで、ただおう大路おおじとおります」。

23 しかし、シホンはイスラエルに自分じぶん領地りょうちとおることをゆるさなかった。そしてシホンはたみをことごとくあつめ、荒野あらのて、イスラエルをめようとし、ヤハズにきてイスラエルとたたかった。

24 イスラエルは、やいばでかれちやぶり、アルノンからヤボクまでかれ占領せんりょうし、アンモンびとのさかいおよんだ。ヤゼルはアンモンびとのさかいだからである。

25 こうしてイスラエルはこれらの町々まちまちをことごとくった。そしてイスラエルはアモリびとのすべての町々まちまちみ、ヘシボンとそれに附属ふぞくするすべての村々むらむらにいた。

26 ヘシボンはアモリびとのおうシホンのみやこであって、シホンはモアブの以前いぜんおうたたかって、かれをアルノンまで、ことごとくそのからうばったのである。

27 それゆえにうたにうたわれている。「人々ひとびとよ、ヘシボンにきたれ、シホンのまちきずてよ。

28 ヘシボンからし、シホンのみやこからほのおて、モアブのアルをつくし、アルノンの高地こうちきみたちをほろぼしたからだ。

29 モアブよ、おまえはわざわいなるかな、ケモシのたみよ、おまえほろぼされるであろう。かれは、むすこらをらせ、むすめらをアモリびとのおうシホンの捕虜ほりょとならせた。

30 かれらのらはほろった、ヘシボンからデボンまで。われわれはあらした、はついてメデバにおよんだ」。

31 こうしてイスラエルはアモリびとのんだが、

32 モーセはまたひとをつかわしてヤゼルをさぐらせ、ついにその村々むらむらって、そこにいたアモリびとをし、

33 てんじてバシャンのみちのぼってったが、バシャンのおうオグは、そのたみをことごとくひきい、エデレイでたたかおうとして出迎でむかえた。

34 しゅはモーセにわれた、「かれおそれてはならない。わたしはかれとそのたみとそのとを、ことごとくあなたのにわたす。あなたはヘシボンにんでいたアモリびとのおうシホンにしたようにかれにもするであろう」。

35 そこでかれとそのとすべてのたみとを、ひとりのこらずころして、その占領せんりょうした。