民数記9
戻る 次へ

第9章

1 エジプトのくにつぎとし正月しょうがつしゅはシナイの荒野あらのでモーセにわれた、

2 「イスラエルの人々ひとびとに、過越すぎこしまつりさだめのときおこなわせなさい。

3 このつきの十四夕暮ゆうぐれさだめのときに、それをおこなわなければならない。あなたがたは、そのすべてのさだめと、そのすべてのおきてにしたがって、それをおこなわなければならない」。

4 そこでモーセがイスラエルの人々ひとびとに、過越すぎこしまつりおこなわなければならないとったので、

5 かれらは正月しょうがつの十四夕暮ゆうぐれ、シナイの荒野あらの過越すぎこしまつりおこなった。すなわち、イスラエルの人々ひとびとは、すべてしゅがモーセにめいじられたようにおこなった。

6 ところがひと死体したいれてけがしたために、その過越すぎこしまつりおこなうことのできない人々ひとびとがあって、そのモーセとアロンのまえにきて、

7 その人々ひとびとかれった、「わたしたちはひと死体したいれてけがしましたが、なぜそのさだめのときに、イスラエルの人々ひとびとともに、しゅそなものをささげることができないのですか」。

8 モーセはかれらにった、「しばらくて。しゅがあなたがたについて、どうおおせになるかをこう」。

9 しゅはモーセにわれた、

10 「イスラエルの人々ひとびといなさい、『あなたがたのうち、また、あなたがたの子孫しそんのうち、死体したいれてけがしたひとも、とお旅路たびじにあるひとも、なお、過越すぎこしまつりしゅたいしておこなうことができるであろう。

11 すなわち、二にがつの十四夕暮ゆうぐれ、それをおこない、たねれぬパンとえて、それをべなければならない。

12 これをすこしでもあさまでのこしておいてはならない。またそのほねは一ぽんでもってはならない。過越すぎこしまつりのすべてのさだめにしたがってこれをおこなわなければならない。

13 しかし、そのきよく、たびてもいないのに、過越すぎこしまつりおこなわないときは、そのひとたみのうちからたれるであろう。このようなひとは、さだめのときしゅそなものをささげないゆえ、そのつみわなければならない。

14 もし他国たこくひとが、あなたがたのうちに寄留きりゅうしていて、しゅたいして過越すぎこしまつりおこなおうとするならば、過越すぎこしまつりさだめにより、そのおきてにしたがって、これをおこなわなければならない。あなたがたは他国たこくひとにも、自国じこくひとにも、同一どういつさだめをもちいなければならない』」。

15 幕屋まくやてたに、くも幕屋まくやをおおった。すれはすなわち、あかしの幕屋まくやであって、ゆうには、幕屋まくやうえに、くものようにえて、あさにまでおよんだ。

16 つねにそうであって、ひるくもがそれをおおい、よるのようにえた。

17 くも幕屋まくやはなれてのぼるときは、イスラエルの人々ひとびとは、ただちにみちすすんだ。またくもがとどまるところに、イスラエルの人々ひとびと宿営しゅくえいした。

18 すなわち、イスラエルの人々ひとびとは、しゅめいによってみちすすみ、しゅめいによって宿営しゅくえいし、幕屋まくやうえくもがとどまっているあいだは、宿営しゅくえいしていた。

19 幕屋まくやうえに、ひさしくくものとどまるときは、イスラエルの人々ひとびとしゅいつけをまもって、みちすすまなかった。

20 また幕屋まくやうえに、くものとどまるすくないときもあったが、かれらは、ただしゅめいにしたがって宿営しゅくえいし、しゅめいにしたがって、みちすすんだ。

21 またくもゆうからあさまで、とどまることもあったが、あさになって、くもがのぼるときは、かれらはみちすすんだ。またひるでもよるでも、くもがのぼるときは、かれらはみちすすんだ。

22 ふつかでも、一かげつでも、あるいはそれ以上いじょうでも、幕屋まくやうえに、くもがとどまっているあいだは、イスラエルの人々ひとびと宿営しゅくえいしていて、みちすすまなかったが、それがのぼるとみちすすんだ。

23 すなわち、かれらはしゅめいにしたがって宿営しゅくえいし、しゅめいにしたがってみちすすみ、モーセによって、しゅめいじられたとおりに、しゅいつけをまもった。