民数記24
戻る 次へ

第24章

1 バラムはイスラエルを祝福しゅくふくすることがしゅこころにかなうのをたので、今度こんどはいつものようにって魔術まじゅつもとめることをせず、かお荒野あらのにむけ、

2 げて、イスラエルがそれぞれ部族ぶぞくにしたがって宿営しゅくえいしているのをた。そのときかみれいのぞんだので、

3 かれはこの託宣たくせんべた。「ベオルのバラムの言葉ことばじたひと言葉ことば

4 かみ言葉ことばもの全能者ぜんのうしゃまぼろしものたおして、ひらかれたもの言葉ことば

5 ヤコブよ、あなたの天幕てんまくうるわしい、イスラエルよ、あなたのすまいは、うるわしい。

6 それはとおくひろがる谷々たにだにのよう、かわべのそののよう、しゅえられた沈香ぢんこうじゅのよう、ながれのほとりの香柏こうはくのようだ。

7 みずかれらのかめからあふれ、かれらのたねみずうるおいにそだつであろう。かれらのおうはアガグよりもたかくなり、かれらのくにはあがめられるであろう。

8 かみかれらをエジプトからみちびされた、かれらは野牛やぎゅうつののようだ。かれらはてきなる国々くにぐにたみほろぼし、そのほねくだき、をもってとおすであろう。

9 かれらはじしのようにをかがめ、じしのようにしている。だれがかれらをおこしえよう。あなたを祝福しゅくふくするもの祝福しゅくふくされ、あなたをのろうものはのろわれるであろう」。

10 そこでバラクはバラムにむかっていかりをはっし、らした。そしてバラクはバラムにった、「てきをのろうためにまねいたのに、あなたはかえって三までもかれらを祝福しゅくふくした。

11 それでいまあなたはいそいで自分じぶんのところへかえってください。わたしはあなたをおおいに優遇ゆうぐうしようとおもった。しかし、しゅはその優遇ゆうぐうをあなたにさせないようにされました」。

12 バラムはバラクにった、「わたしはあなたがつかわされた使者ししゃたちにったではありませんか、

13 『たといバラクがそのいえちるほどの金銀きんぎんをわたしにあたえようとも、しゅ言葉ことばえてこころのままにぜんあくおこなうことはできません。わたしはしゅわれることをべるだけです』。

14 わたしはいまわたしのたみのところへかえってきます。それでわたしはこのたみのちにあなたのたみにどんなことをするかをおおしらせしましょう」。

15 そしてこの託宣たくせんべた。「ベオルのバラムの言葉ことばじたひと言葉ことば

16 かみ言葉ことばもの、いとたかもの知識ちしきをもつもの全能者ぜんのうしゃまぼろしたおして、ひらかれたもの言葉ことば

17 わたしはかれる、しかしいまではない。わたしはかれのぞる、しかしちかくではない。ヤコブから一つのほし、イスラエルから一ぽんのつえがおこり、モアブのこめかみと、セツのすべてのらの脳天のうてんつであろう。

18 てきのエドムは領地りょうちとなり、セイルもまた領地りょうちとなるであろう。そしてイスラエルは勝利しょうりるであろう。

19 けんものがヤコブからのこったものまちからほろぼすであろう」。

20 バラムはまたアマレクをのぞて、この託宣たくせんべた。「アマレクはしょ国民こくみんのうちの最初さいしょのもの、しかし、ついにほろるであろう」。

21 またケニびとをのぞてこの託宣たくせんべた。「おまえのすみかは堅固けんごだ、いわに、おまえをつくっている。

22 しかし、カインはほろぼされるであろう。アシュルはいつまでおまえ捕虜ほりょとするであろうか」。

23 かれはまたこの託宣たくせんべた。「ああ、かみさだめられた以上いじょう、だれがびることができよう。

24 キッテムの海岸かいがんからふねがきて、アシュルをめなやまし、エベルをめなやますであろう。そしてかれもまたついにほろるであろう」。

25 こうしてバラムはがって、自分じぶんのところへかえっていった。バラクもまたった。