民数記29
戻る 次へ

第29章

1 がつには、そのつきだいにちせいかいひらかなければならない。なんの労役ろうえきをもしてはならない。これはあなたがたがラッパをである。

2 あなたがたは燔祭はんさいをささげて、しゅこうばしいかおりとしなければならない。すなわちわか雄牛おうしとう雄羊おひつじとう、一さいおすまった小羊こひつじとうをささげなければならない。

3 その素祭そさいにはあぶらぜた麦粉むぎこをささげなければならない。すなわち雄牛おうしとうについて一エパの十ぶんの三、雄羊おひつじとうについて十ぶんの二をささげ、

4 また七とう小羊こひつじには一とうごとに十ぶんの一をささげなければならない。

5 またやぎ一とう罪祭ざいさいとしてささげ、あなたがたのためにつみのあがないをしなければならない。

6 これは新月しんげつ燔祭はんさいとその素祭そさい常燔祭じょうはんさいとその素祭そさい、および灌祭かんさいのほかのものであって、これらのもののさだめにしたがい、こうばしいかおりとして、しゅ火祭かさいとしなければならない。

7 またその七がつの十せいかいひらき、かつあなたがたのなやまさなければならない。なんの仕事しごともしてはならない。

8 あなたがたはしゅ燔祭はんさいをささげて、こうばしいかおりとしなければならない。すなわちわか雄牛おうしとう雄羊おひつじとう、一さいおす小羊こひつじとうをささげなければならない。これらはみなまったきものでなければならない。

9 その素祭そさいにはあぶらぜた麦粉むぎこをささげなければならない。すなわち雄牛おうしとうにつき一エパの十ぶんの三、雄羊おひつじとうにつき十ぶんの二をささげ、

10 また七とう小羊こひつじには一とうごとに十ぶんの一をささげなければならない。

11 またやぎ一とう罪祭ざいさいとしてささげなければならない。これらは贖罪しょくざい罪祭ざいさい常燔祭じょうはんさいとその素祭そさい、および灌祭かんさいのほかのものである。

12 がつの十五にちせいかいひらかなければならない。なんの労役ろうえきもしてはならない。七日なぬかのあいだしゅのためにまつりをしなければならない。

13 あなたがたは燔祭はんさいをささげて、しゅこうばしいかおりの火祭かさいとしなければならない。すなわちわか雄牛おうし十三とう雄羊おひつじとう、一さいおす小羊こひつじ十四とうをささげなければならない。これらはみなまったきものでなければならない。

14 その素祭そさいにはあぶらぜた麦粉むぎこをささげなければならない。すなわち十三とう雄牛おうしには一とうごとに十ぶんの三、その二とう雄羊おひつじには一とうごとに十ぶんの二をささげ、

15 その十四とう小羊こひつじには一とうごとに十ぶんの一をささげなければならない。

16 またやぎ一とう罪祭ざいさいとしてささげなければならない。これらは常燔祭じょうはんさいとその素祭そさいおよび灌祭かんさいのほかのものである。

17 だいにちにはわか雄牛おうし十二とう雄羊おひつじとう、一さいおすまった小羊こひつじ十四とうをささげなければならない。

18 その雄牛おうし雄羊おひつじ小羊こひつじとのための素祭そさい灌祭かんさいとはそのかずにしたがって、さだめのようにささげなければならない。

19 またやぎ一とう罪祭ざいさいとしてささげなければならない。これらは常燔祭じょうはんさいとその素祭そさいおよび灌祭かんさいのほかのものである。

20 だいにちには雄牛おうし十一とう雄羊おひつじとう、一さいおすまった小羊こひつじ十四とうをささげなければならない。

21 その雄牛おうし雄羊おひつじ小羊こひつじとのための素祭そさい灌祭かんさいとは、そのかずにしたがってさだめのようにささげなければならない。

22 またやぎ一とう罪祭ざいさいとしてささげなければならない。これらは常燔祭じょうはんさいとその素祭そさいおよび灌祭かんさいのほかのものである。

23 だいにちには雄牛おうしとう雄羊おひつじとう、一さいおすまった小羊こひつじ十四とうをささげなければならない。

24 その雄牛おうし雄羊おひつじ小羊こひつじとのための素祭そさい灌祭かんさいとは、そのかずにしたがってさだめのようにささげなければならない。

25 またやぎ一とう罪祭ざいさいとしてささげなければならない。これらは常燔祭じょうはんさいとその素祭そさいおよび灌祭かんさいのほかのものである。

26 だいにちには雄牛おうしとう雄羊おひつじとう、一さいおすまった小羊こひつじ十四とうをささげなければならない。

27 その雄牛おうし雄羊おひつじ小羊こひつじとのための素祭そさい灌祭かんさいとは、そのかずにしたがってさだめのようにささげなければならない。

28 またやぎ一とう罪祭ざいさいとしてささげなければならない。これらは常燔祭じょうはんさいとその素祭そさいおよび灌祭かんさいのほかのものである。

29 だいにちには雄牛おうしとう雄羊おひつじとう、一さいおすまった小羊こひつじ十四とうをささげなければならない。

30 その雄牛おうし雄羊おひつじ小羊こひつじとのための素祭そさい灌祭かんさいとは、そのかずにしたがってさだめのようにささげなければならない。

31 またやぎ一とう罪祭ざいさいとしてささげなければならない。これらは常燔祭じょうはんさいとその素祭そさいおよび灌祭かんさいのほかのものである。

32 だいにちには雄牛おうしとう雄羊おひつじとう、一さいおすまった小羊こひつじ十四とうをささげなければならない。

33 その雄牛おうし雄羊おひつじ小羊こひつじとのための素祭そさい灌祭かんさいとは、そのかずにしたがってさだめのようにささげなければならない。

34 またやぎ一とう罪祭ざいさいとしてささげなければならない。これらは常燔祭じょうはんさいとその素祭そさいおよび灌祭かんさいのほかのものである。

35 だいにはまた集会しゅうかいひらかなければならない。なんの労役ろうえきをもしてはならない。

36 あなたがたは燔祭はんさいをささげてしゅこうばしいかおりの火祭かさいとしなければならない。すなわち雄牛おうしとう雄羊おひつじとう、一さいおすまった小羊こひつじとうをささげなければならない。

37 その雄牛おうし雄羊おひつじ小羊こひつじとのための素祭そさい灌祭かんさいとは、そのかずにしたがってさだめのようにささげなければならない。

38 またやぎ一とう罪祭ざいさいとしてささげなければならない。これらは常燔祭じょうはんさいとその素祭そさいおよび灌祭かんさいのほかのものである。

39 あなたがたはさだめのまつりときに、これらのものをしゅにささげなければならない。これらはあなたがたの誓願せいがん、または自発じはつそなものとしてささげる燔祭はんさい素祭そさい灌祭かんさいおよび酬恩祭しゅうおんさいのほかのものである』」。

40 モーセはしゅめいじられたことをことごとくイスラエルの人々ひとびとげた。