箴言13
    脚注
    Theme

    第13章

    1 知恵ちえあるちち教訓きょうくんをきく、あざけるものは、こらしめをきかない。

    2 善良ぜんりょうひとはそのくちによって、幸福こうふくる、不信実ふしんじつものねがいは、暴虐ぼうぎゃくである。

    3 くちまもものはそのいのちまもる、くちびるをおおきくひらものにはほろびがる。

    4 なまけものこころは、ねがもとめても、なにない、しかしつとはたらものこころゆたかにたされる。

    5 ただしいひといつわりをにくむ、しかししきひとずべく、まわしくふるまう。

    6 正義せいぎみちをまっすぐあゆものまもり、つみしきものたおす。

    7 んでいるといつわって、なにたないものがいる、まずしいといつわって、おおくのとみものがいる。

    8 ひととみはそのいのちをあがなう、しかしまずしいものにはあがなうべきとみがない。

    9 ただしいものひかりかがやき、しきもののともしびはされる。

    10 たかぶりはただあらそいをしょうじる、勧告かんこくをきくもの知恵ちえがある。

    11 いそいでとみる、すこしずつたくわえるものはそれをすことができる。

    12 のぞみをることがながびくときは、こころなやます、ねがいがかなうときは、いのちたようだ。

    13 言葉ことばかろんじるものほろぼされ、いましめをおもんじるものむくいをる。

    14 知恵ちえあるひとおしえいのちいずみである、これによってのわなをのがれることができる。

    15 善良ぜんりょうかしこものめぐみをる、しかし、不信実ふしんじつものみちほろびである。

    16 おおよそ、さときもの知識ちしきによってことをおこない、おろかなもの自分じぶんせびらかす。

    17 しき使者ししゃひとわざわいにおとしいれる、しかし忠実ちゅうじつ使者ししゃひとすくう。

    18 貧乏びんぼうと、はずかしめとは教訓きょうくんてるものる、しかしいましめをまもものたっとばれる。

    19 ねがいがかなえば、こころたのしい、おろかなものあくてることをきらう。

    20 知恵ちえあるものとともにあゆもの知恵ちえる。おろかなものともとなるものがいをうける。

    21 わざわいつみびとをい、ただしいものむくいをける。

    22 善良ぜんりょうひとはそのぎょう子孫しそんにのこす、しかしつみびとのとみただしいひとのためにたくわえられる。

    23 まずしいひと新田しんでんおおくの食糧しょくりょうさんする、しかし不正ふせいによればながされる。

    24 むちをくわえないものはそのにくむのである、あいするものは、つとめてこれをらしめる。

    25 ただしいものべてその食欲しょくよくたす、しかししきものはらたされない。