箴言30
    脚注
    Theme

    第30章

    1 マッサのひとヤケのアグルの言葉ことば。そのひとはイテエルにかってった、すなわちイテエルと、ウカルとにかってった、

    2 わたしはたしかにひとよりもおろかであり、わたしにはひとさとりがない。

    3 わたしはまだ知恵ちえをならうことができず、また、せいなるものさとることもできない。

    4 てんにのぼったり、くだったりしたのはだれか、かぜをこぶしのなかあつめたのはだれか、みず着物きものつつんだのはだれか、のすべての限界げんかいさだめたものはだれか、そのなにか、そのなにか、あなたはたしかにそれをっている。

    5 かみ言葉ことばはみな真実しんじつである、かみかれたのものたてである。

    6 その言葉ことばくわえてはならない、かれがあなたをめ、あなたをいつわものとされないためだ。

    7 わたしは二つのことをあなたにもとめます、わたしのなないうちに、これをかなえてください。

    8 うそ、いつわりをわたしからとおざけ、まずしくもなく、またみもせず、ただなくてならぬ食物しょくもつでわたしをやしなってください。

    9 りて、あなたをらないといい、「しゅとはだれか」とうことのないため、またまずしくてぬすみをし、わたしのかみよごすことのないためです。

    10 あなたは、しもべのことをその主人しゅじんに、あしざまにいってはならない、そうでないとかれはあなたをのろい、あなたはつみをきせられる。

    11 にはちちをのろったり、はは祝福しゅくふくしないものがある。

    12 には自分じぶんにみずからをきよものとして、なおそのけがれをあらわれないものがある。

    13 にはまた、このようなひとがある——ああ、そののいかにたかきことよ、またそのまぶたのいかにつりあがっていることよ。

    14 にはまたつるぎのようなをもち、かたなのようなきばをもって、まずしいものうえから、とぼしいものひとなかからほろぼすものがある。

    15 ひるにふたりのむすめがあって、「あたえよ、あたえよ」という。くことをらないものが三つある、いや、四つあって、みな「もう、たくさんです」とわない。

    16 すなわち陰府よみ不妊ふにんたいみずにかわく、「もう、たくさんだ」といわないがそれである。

    17 自分じぶんちちをあざけり、ははしたがうのをいやしいこととするは、たにのからすがこれをつつきし、はげたかがこれをべる。

    18 わたしにとって不思議ふしぎにたえないことが三つある、いや、四つあって、わたしにはさとることができない。

    19 すなわちそらぶはげたかのみちいわうえうへびのみちうみをはしるふねみちおとこおんなにあうみちがそれである。

    20 遊女ゆうじょみちもまたそうだ、彼女かのじょべて、そのくちをぬぐって、「わたしはなにもわるいことはしない」とう。

    21 は三つのことによってふるう、いや、四つのことによって、えることができない。

    22 すなわち奴隷どれいたるものおうとなり、おろかなもの食物しょくもつき、

    23 みきらわれたおんなよめき、はしためがおんな主人しゅじんのあとにすわることである。

    24 この地上ちじょうに、ちいさいけれども、非常ひじょうかしこいものが四つある。

    25 ありはちからのない種類しゅるいだが、その食糧しょくりょうなつのうちにそなえる。

    26 いわだぬきはつよくない種類しゅるいだが、そのいえいわにつくる。

    27 いなごはおうがないけれども、みなたいんでいでつ。

    28 やもりはでつかまえられるが、おう宮殿きゅうでんにおる。

    29 あるきぶりの堂々どうどうたるものが三つある、いや、四つあって、みな堂々どうどうあるく。

    30 すなわちけもののうちでもっともつよく、なにもののまえにも退しりぞかない、しし、

    31 ててあるくおんどり、やぎ、そのたみまえをいばってあるおうがそれである。

    32 あなたがもしおろかであってみずかたかぶり、あるいは悪事あくじはかったならば、あなたのくちてるがよい。

    33 ちちをしめれば凝乳ぎょうにゅうる、はなをしめればがでる、いかりをしめればあらそいがおこる。