箴言26
    脚注
    Theme

    第26章

    1 ほまれおろかなものにふさわしくないのは、なつゆきり、刈入かりいれのときあめるようなものだ。

    2 いわれのないのろいは、びまわるすずめや、びかけるつばめのようなもので、まらない。

    3 うまのためにはむちがあり、ろばのためにはくつわがあり、おろかなもののためにはつえがある。

    4 おろかなものにそのおろかさにしたがってこたえをするな、自分じぶんかれおなじようにならないためだ。

    5 おろかなものにそのおろかさにしたがってこたえをせよ、かれ自分じぶんみずからを知恵ちえあるものないためだ。

    6 おろかなものたくしてことおくものは、自分じぶんあしり、がいをうける。

    7 あしなえのあしようがない、おろかなものくちには箴言しんげんもそれにひとしい。

    8 ほまれおろかなものあたえるのは、いしいしげにつなぐようだ。

    9 おろかなものくち箴言しんげんがあるのは、ったものが、とげのあるつえをげるようだ。

    10 とおりがかりのおろものや、ったものやとものは、すべてのひときずつける射手いてのようだ。

    11 いぬかえっててそのいたものべるように、おろかなものはそのおろかさをくりかえす。

    12 自分じぶんみずからを知恵ちえあるものとするひとを、あなたはるか、かれよりもかえっておろかなひとのぞみがある。

    13 なまけものは、「みちにししがいる、ちまたにししがいる」という。

    14 がちょうつがいによってまわるように、なまけものはその寝床ねどこ寝返ねがえりをする。

    15 なまけものさられても、それをくちってゆくことをいとう。

    16 なまけもの自分じぶんに、こたえることのできる七にんものよりも、みずからを知恵ちえありとする。

    17 自分じぶん関係かんけいのないあらそいにたずさわるものは、とおりすぎるいぬみみをとらえるもののようだ。

    18, 19 となびとあざむいて、「わたしはただたわむれにした」というものは、または、またはを、げつける気違きちがいのようだ。

    20 たきぎがなければえ、ひとのよしあしをものがなければあらそいはやむ。

    21 おきすみをつぎ、にたきぎをくべるように、あらそいをこのひとあらそいのをおこす。

    22 ひとのよしあしをいうもの言葉ことばはおいしい食物しょくもつのようで、はらおくにしみこむ。

    23 くちびるはなめらかであっても、こころわるいのはうえぐすりをかけたつちうつわのようだ。

    24 にくものはくちびるをもってみずかかざるけれども、こころのうちにはいつわりをいだく。

    25 かれこえをやわらげてかたっても、しんじてはならない。そのこころに七つのにくむべきものがあるからだ。

    26 たといいつわりをもってそのにくしみをかくしても、かれあく会衆かいしゅうなかあらわれる。

    27 あなものみずからそのなかおちいる、いしをまろばしあげるものうえに、そのいしはまろびかえる。

    28 いつわりのした自分じぶんきずつけたものにくみ、へつらうくちほろびをきたらせる。