箴言28
    脚注
    Theme

    第28章

    1 しきものひともないのにげる、ただしいひとはししのようにいさましい。

    2 くにつみによって、おさめるものおおくなり、さとく、また知識ちしきあるひとによって、くにはながくたもつ。

    3 まずしいものをしえたげるまずしいひとは、糧食りょうしょくのこさないはげしいあめのようだ。

    4 律法りっぽうてるものしきものをほめる、律法りっぽうまもものはこれに敵対てきたいする。

    5 悪人あくにんただしいことをさとらない、しゅもとめるものはこれをことごとくさとる。

    6 ただしくあゆまずしいものは、まがったみちあゆめるものにまさる。

    7 律法りっぽうまもものかしこである、不品行ふひんこうものまじわるものは、ちちをはずかしめる。

    8 利息りそく高利こうりとによってそのとみをますものは、まずしいものめぐもののために、それをたくわえる。

    9 みみをそむけて律法りっぽうかないものは、そのいのりでさえもにくまれる。

    10 ただしいものわるみちまどわすものは、みずから自分じぶんあなおちいる、しかし誠実せいじつひと幸福こうふくぐ。

    11 めるひと自分じぶんみずからを知恵ちえあるものる、しかしさとりのあるまずしいものかれやぶる。

    12 ただしいものつときは、おおいなるさかえがある、しきものおこるときは、たみをかくす。

    13 そのつみかくものさかえることがない、あらわしてこれをはなれるものは、あわれみをうける。

    14 つねしゅおそれるひとはさいわいである、こころをかたくなにするものわざわいおちいる。

    15 まずしいたみおさめるわるいつかさは、ほえるしし、またはえたくまのようだ。

    16 さとりのないつかさは残忍ざんにん圧制者あっせいしゃである、不正ふせいにくもの長命ちょうめいる。

    17 ひところしてそのものぬまで、のがれびとである、だれもこれをたすけてはならない。

    18 ただしくあゆものすくいまがったみちあゆものあなおちいる。

    19 自分じぶん田地でんちたがやもの食糧しょくりょうき、無益むえきことしたがもの貧乏びんぼうきる。

    20 忠実ちゅうじつひとおおくの祝福しゅくふくる、いそいでとみようとするものばつまぬかれない。

    21 ひと片寄かたよることはくない、ひといちれのパンのために、とがをおかすことがある。

    22 よくふかひといそいでとみようとする、かえって欠乏けつぼう自分じぶんところることをらない。

    23 ひといましめるものしたをもってへつらうものよりも、おおいなる感謝かんしゃをうける。

    24 ちちははものぬすんで「これはつみではない」とものは、ほろぼすものともである。

    25 むさぼるものあらそいをおこし、しゅ信頼しんらいするものゆたかになる。

    26 自分じぶんこころたのものおろかである、知恵ちえをもってあゆものすくいる。

    27 まずしいものほどこものもの不足ふそくしない、をおおってないひとおおくののろいをうける。

    28 しきものおこるときは、たみをかくす、そのほろびるときは、ただしいひとす。