聖典
箴言3
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第3章

1 わがよ、わたしのおしえわすれず、わたしのいましめをこころにとめよ。

2 そうすれば、これはあなたのながくし、いのちとしべ、あなたに平安へいあんくわえる。

3 いつくしみと、まこととをててはならない、それをあなたのくびむすび、こころにしるせ。

4 そうすれば、あなたはかみひととのまえめぐみと、ほまれとをる。

5 こころをつくしてしゅ信頼しんらいせよ、自分じぶん知識ちしきにたよってはならない。

6 すべてのみちしゅみとめよ、そうすれば、しゅはあなたのみちをまっすぐにされる。

7 自分じぶんかしこいとおもってはならない、しゅおそれて、あくはなれよ。

8 そうすれば、あなたのすこやかにし、あなたのほね元気げんきあたえる。

9 あなたの財産ざいさんと、すべての産物さんぶつはつなりをもってしゅをあがめよ。

10 そうすれば、あなたのくらちてあまり、あなたのさかぶねはあたらしいさけであふれる。

11 わがよ、しゅこらしめをかろんじてはならない、そのいましめをきらってはならない。

12 しゅは、あいするものを、いましめられるからである、あたかもちちがそのあいするいましめるように。

13 知恵ちえもとめてひとさとりをひとはさいわいである。

14 知恵ちえによってるものは、ぎんによってるものにまさり、その利益りえきせいきんよりもいからである。

15 知恵ちえ宝石ほうせきよりもたっとく、あなたののぞなにものも、これとくらべるにりない。

16 そのみぎには長寿ちょうじゅがあり、ひだりにはとみと、ほまれがある。

17 そのみちたのしいみちであり、そのみちすじはみな平安へいあんである。

18 知恵ちえは、これをとらえるものにはいのちである、これをしっかりとらえるひとはさいわいである。

19 しゅ知恵ちえをもってもといをすえ、さとりをもっててんさだめられた。

20 その知識ちしきによってうみはわきいで、くもつゆをそそぐ。

21 わがよ、たしかな知恵ちえと、つつしみとをまもって、それをあなたのからはなしてはならない。

22 それはあなたのたましいいのちとなりあなたのくびかざりとなる。

23 こうして、あなたはやすらかに自分じぶんみちき、あなたのあしはつまずくことがない。

24 あなたはしているとき、おそれることはなく、すとき、あなたのねむりはここちよい。

25 あなたはにわかにおこ恐怖きょうふおそれることなく、しきものほろびがても、それをおそれることはない。

26 これは、しゅがあなたの信頼しんらいするものであり、あなたのあしまもって、わなにとらわれさせられないからである。

27 あなたのぜんをなすちからがあるならば、これをなすべきひとになすことをさしひかえてはならない。

28 あなたがものっているとき、そのとなびとかい、「って、またなさい。あす、それをあげよう」とってはならない。

29 あなたのとなびとがかたわらにやすらかにんでいるとき、これにかって、あくはかってはならない。

30 もしひとがあなたにあくおこなったのでなければ、ゆえなく、これとあらそってはならない。

31 暴虐ぼうぎゃくひとを、うらやんではならない、そのすべてのみちえらんではならない。

32 よこしまなものしゅにくまれるからである、しかし、ただしいものしゅ信任しんにんされる。

33 しゅの、のろいはしきものいえにある、しかし、ただしいひとのすまいはしゅめぐまれる。

34 かれはあざけるものをあざけり、へりくだるものめぐみをあたえられる。

35 知恵ちえあるものは、ほまれる、しかし、おろかなものははずかしめをる。