聖典
箴言5
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第5章

1 わがよ、わたしの知恵ちえこころをとめ、わたしのさとりにみみをかたむけよ。

2 これは、あなたがつつしみをまもり、あなたのくちびるに知識ちしきたもつためである。

3 遊女ゆうじょのくちびるはみつをしたたらせ、その言葉ことばあぶらよりもなめらかである。

4 しかしついには、彼女かのじょはにがよもぎのようににがく、もろのつるぎのようにするどくなる。

5 そのあしくだり、そのあゆみは陰府よみみちにおもむく。

6 彼女かのじょはいのちのみちこころをとめず、そのみちひとまよわすが、彼女かのじょはそれをらない。

7 子供こどもらよ、いまわたしのうことをけ、わたしのくち言葉ことばから、はなってはならない。

8 あなたのみち彼女かのじょからとおはなし、そのいえもんちかづいてはならない。

9 おそらくはあなたのほまれ他人たにんにわたし、あなたのとし無慈悲むじひものにわたすにいたる。

10 おそらくは他人たにんがあなたの資産しさんによってたされ、あなたの労苦ろうく他人たにんいえく。

11 そしてあなたのおわりがて、あなたのと、からだがほろびるとき、かなしんで、

12 うであろう、「わたしは教訓きょうくんをいとい、こころいましめをかろんじ、

13 教師きょうしこえしたがわず、わたしをおしえるものみみかたむけず、

14 あつまりのなか会衆かいしゅうのうちにあって、わたしは、破滅はめつおちいりかけた」と。

15 あなたは自分じぶんみずためからみずみ、自分じぶん井戸いどから、わきみずむがよい。

16 あなたのいずみを、そとにまきちらし、みずながれを、ちまたにながしてよかろうか。

17 それを自分じぶんだけのものとし、他人たにんともにあずからせてはならない。

18 あなたのいずみ祝福しゅくふくけさせ、あなたのわかときつまたのしめ。

19 彼女かのじょあいらしいじか、うつくしいしかのようだ。いつも、そのぶさをもって満足まんぞくし、そのあいをもってつねよろこべ。

20 わがよ、どうして遊女ゆうじょまよい、みだらなおんなむねをいだくのか。

21 ひとみちしゅまえにあり、しゅはすべて、そのおこないを見守みまもられる。

22 しきもの自分じぶんのとがにとらえられ、自分じぶんつみのなわにつながれる。

23 かれは、教訓きょうくんがないためにに、そのおろかさのおおきいことによってほろびる。