箴言7
    脚注
    Theme

    第7章

    1 わがよ、わたしの言葉ことばまもり、わたしのいましめをあなたのこころにたくわえよ。

    2 わたしのいましめをまもっていのちよ、わたしのおしえまもること、ひとみをまもるようにせよ。

    3 これをあなたのゆびにむすび、これをあなたのこころいしぶみにしるせ。

    4 知恵ちえかって、「あなたはわが姉妹しまいだ」とい、さとりにかっては、あなたのともべ。

    5 そうすれば、これはあなたをまもって遊女ゆうじょまよわせず、言葉ことばたくみな、みだらなおんなちかづかせない。

    6 わたしはわがいえまどにより、格子こうしまどからそとをのぞいて、

    7 思慮しりょのないもののうちに、わかもののうちに、ひとりの知恵ちえのない若者わかもののいるのをた。

    8 かれはちまたをぎ、おんないえまがりかどにちかづき、そのいえみちを、

    9 たそがれに、よいに、また夜中よなかに、またくらやみにあるいていった。

    10 よ、遊女ゆうじょよそおいをした陰険いんけんおんなかれう。

    11 このおんなは、さわがしくて、つつしみなく、そのあし自分じぶんいえにとどまらず、

    12 あるときはちまたにあり、あるとき市場いちばにあり、すみずみにってひとをうかがう。

    13 このおんなかれとらえてくちづけし、はじしらぬかおかれう、

    14 「わたしは酬恩祭しゅうおんさいをささげなければならなかったが、きょう、そのちかいをはたしました。

    15 それでわたしはあなたをむかえようとて、あなたをたずね、あなたにいました。

    16 わたしはとこうつくしい、しとねと、エジプトのあやぬのき、

    17 没薬もつやく、ろかい、桂皮けいひをもってわたしのとこをにおわせました。

    18 さあ、わたしたちはよるけるまで、じょうをつくし、あいをかわしてたのしみましょう。

    19 おっといえにいません、とおくへ旅立たびだち、

    20 かねぶくろってました。満月まんげつになるまではかえりません」と。

    21 おんなおおくの、なまめかしい言葉ことばをもってかれまどわし、たくみなくちびるをもって、いざなうと、

    22 わかひとただちにおんなしたがった、あたかもうしが、ほふりくように、じかが、すみやかにとらえられ、

    23 ついに、がその内臓ないぞうすように、とりがすみやかにあみにかかるように、かれ自分じぶんいのちうしなうようになることをらない。

    24 子供こどもらよ、いまわたしのうことをき、わがくち言葉ことばみみかたむけよ。

    25 あなたのこころ彼女かのじょみちかたむけてはならない、またそのみちまよってはならない。

    26 彼女かのじょおおくのひときずつけてたおした、まことに、彼女かのじょころされたものおおい。

    27 そのいえ陰府よみみちであって、のへやへくだってく。