箴言27
    脚注
    Theme

    第27章

    1 あすのことをほこってはならない、一にちのうちになにがおこるかをることができないからだ。

    2 自分じぶんくちをもってみずからをほめることなく、他人たにんにほめさせよ。自分じぶんのくちびるをもってせず、ほかのひとにあなたをほめさせよ。

    3 いしおもく、すなかるくはない、しかしおろかなものいかりはこの二つよりもおもい。

    4 いきどおりはむごく、いかりははげしい、しかしねたみのまえには、だれがちえよう。

    5 あからさまにいましめるのは、ひそかにあいするのにまさる。

    6 あいするものきずつけるのは、まことからであり、あだのくちづけするのはいつわりからである。

    7 いているもの蜂蜜はちみつをもみつける、しかしえたものにはにがものでさえ、みなあまい。

    8 そのいえはなれてさまようひとは、はなれてさまようとりのようだ。

    9 あぶらこうとはひとこころよろこばせる、しかしたましいなやみによってかれる。

    10 あなたのとも、あなたのちちともてるな、あなたがなやみにあうには兄弟きょうだいいえくな、ちかとなびととおくにいる兄弟きょうだいにまさる。

    11 わがよ、知恵ちえて、わたしのこころよろこばせよ、そうすればわたしをそしるものこたえることができる。

    12 かしこものわざわいみずかけ、思慮しりょのないものすすんでいって、ばつをうける。

    13 ひとのために保証ほしょうするものからは、まずその着物きものをとれ、他人たにんのために保証ほしょうをするものをば抵当ていとうれ。

    14 あさはやくきて大声おおごえにそのとなびとしゅくすれば、かえってのろいとなされよう。

    15 あめ雨漏あまもりのえないのと、あらそきなおんなとはおなじだ。

    16 このおんなせいするのはかぜせいするのとおなじく、みぎあぶらをつかむのとおなじだ。

    17 てつてつをとぐ、そのようにひとはそのともかおをとぐ。

    18 いちじくのまもものはそのべる、主人しゅじんたっとものほまれる。

    19 みずにうつせばかおかおとがおうじるように、ひとこころはそのひとをうつす。

    20 陰府よみほろびとはくことなく、ひともまたくことがない。

    21 るつぼによってぎんをためし、によってきんをためす、ひとはその称賛しょうさんによってためされる。

    22 おろかなものをうすにれ、きねをもって、むぎともにこれをついても、そのおろかさはることがない。

    23 あなたのひつじ状態じょうたいをよくり、あなたのれにこころをとめよ。

    24 とみはいつまでもつづくものではない、どうしてくらい末代まつだいまでもたもつであろうか。

    25 くさられ、あたらしいがのび、やま牧草ぼくそうあつめられると、

    26 小羊こひつじはあなたの衣料いりょうし、やぎははたけあたいとなり、

    27 やぎのちちおおくて、あなたと、あなたのいえのものの食物しょくもつとなり、おとめらをやしなうのにじゅうぶんである。