聖典
箴言21
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第21章

1 おうこころは、しゅのうちにあって、みずながれのようだ、しゅはみこころのままにこれをみちびかれる。

2 ひとみち自分じぶんにはただしくえる、しかししゅひとこころをはかられる。

3 正義せいぎ公平こうへいおこなうことは、犠牲ぎせいにもまさってしゅよろこばれる。

4 たかぶるとおごるこころとは、しきひとのともしびであって、つみである。

5 勤勉きんべんひと計画けいかくは、ついにそのひとゆたかにする、すべておこたるものはまずしくなる。

6 いつわりのしたをもってたからるのは、きはらわれるけむりのわなである。

7 しきもの暴虐ぼうぎゃくはそのほろぼす、かれらは公平こうへいおこなうことをこのまないからである。

8 つみびとのみちまがっている、潔白けっぱくひとおこないはまっすぐである。

9 あらそいをこのおんな一緒いっしょいえにおるよりは屋根やねのすみにおるほうがよい。

10 しきものたましいあくおこなうことをねがう、そのとなびとにも好意こういをもってられない。

11 あざけるものがばつをうけるならば、思慮しりょのないもの知恵ちえる。知恵ちえあるものおしえをうけるならば知識ちしきる。

12 ただしいかみは、しきものいえをみとめて、しきものほろびにげいれられる。

13 みみじてまずしいものこえかないものは、自分じぶんぶときに、かれない。

14 ひそかなおくものいきどおりをなだめる、ふところのまいないははげしいいかりをやわらげる。

15 公義こうぎおこなうことは、ただしいものにはよろこびであるが、あくおこなものにはほろびである。

16 さとりのみちはなれるひとは、死人しにん集会しゅうかいなかにおる。

17 快楽かいらくこのものまずしいひととなり、さけあぶらとをこのものむことがない。

18 しきものただしいもののあがないとなり、不信実ふしんじつものただしいひとかわる。

19 あらそいかおんなともにおるよりは、荒野あらのむほうがましだ。

20 知恵ちえあるものいえにはたっとたからがあり、おろかなひとはこれを、のみつくす。

21 正義せいぎといつくしみとをもとめるものは、いのちほまれとをる。

22 知恵ちえあるものつよものしろにのぼって、そのたのみとするとりでをくずす。

23 くちしたとをまもものはそのたましいまもって、なやみにあわせない。

24 たかぶりおごるものを「あざけるもの」となづける、かれ高慢こうまん無礼ぶれいおこないをするものである。

25 なまけもの欲望よくぼう自分じぶんころす、これはそのはたらかせないからである。

26 しきものはひねもすひとものをむさぼる、ただしいものあたえてしまない。

27 しきものそなものにくまれる、悪意あくいをもってささげるときはなおさらである。

28 いつわりの証人しょうにんほろぼされる、よくひと言葉ことばはすたることがない。

29 しきものはあつかましくし、ただしいひとはそのみちをつつしむ。

30 しゅかっては知恵ちえさとりも、はかりごとも、なんのやくにもたない。

31 たたかいののためにうまそなえる、しかし勝利しょうりしゅによる。