聖典
箴言23
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第23章

1 おさめるひとともして食事しょくじするとき、あなたのまえにあるものを、よくわきまえ、

2 あなたがもししょくをたしなむものであるならば、あなたののどにかたなをあてよ。

3 そのごちそうをむさぼりべてはならない、これはひとあざむ食物しょくもつだからである。

4 とみようと苦労くろうしてはならない、かしこくおもいとどまるがよい。

5 あなたのをそれにとめると、それはない、とみはたちまちみずかつばさしょうじて、わしのようにてんるからだ。

6 物惜ものおしみするひとのパンをべてはならない、そのごちそうをむさぼりねがってはならない。

7 かれこころのうちで勘定かんじょうするひとのように、「え、め」とあなたにうけれども、そのこころはあなたに真実しんじつではない。

8 あなたはついにそのべたものすようになり、あなたのねんごろな言葉ことばもむだになる。

9 おろかなものみみかたってはならない、かれはあなたの言葉ことばしめ知恵ちえをいやしめるからだ。

10 ふる地境じざかいうつしてはならない、みなしごのはたけおかしてはならない。

11 かれらのあがないしゅつよくいらせられ、あなたにさからってかれらのうったえを弁護べんごされるからだ。

12 あなたのこころ教訓きょうくんもちい、あなたのみみ知識ちしき言葉ことばかたむけよ。

13 らすことを、さしひかえてはならない、むちでかれってもぬことはない。

14 もし、むちでかれつならば、そのいのち陰府よみからすくうことができる。

15 わがよ、もしあなたのこころかしこくあれば、わたしのこころもまたよろこび、

16 もしあなたのくちびるがただしいことうならば、わたしのこころよろこぶ。

17 こころつみびとをうらやんではならない、ただ、ひねもすしゅおそれよ。

18 かならずのちのよいむくいがあって、あなたののぞみは、すたらない。

19 わがよ、よくいて、知恵ちえよ、かつ、あなたのこころみちけよ。

20 さけにふけり、にくをたしなむものまじわってはならない。

21 さけにふけるものと、にくをたしなむものとはまずしくなり、ねむりをむさぼるものは、ぼろをにまとうようになる。

22 あなたをんだちちのいうことをき、年老としおいたははかろんじてはならない。

23 真理しんりえ、これをってはならない、知恵ちえ教訓きょうくんさとりをもえ。

24 ただしいひとちちおおいによろこび、知恵ちえあるもののためにたのしむ。

25 あなたの父母ふぼたのしませ、あなたをんだははよろこばせよ。

26 わがよ、あなたのこころをわたしにあたえ、あなたのをわたしのみちそそげ。

27 遊女ゆうじょふかあなのごとく、みだらなおんなせま井戸いどのようだ。

28 彼女かのじょぬすびとのようにひとをうかがい、かつひとのうちに、不信実ふしんじつものおおくする。

29 わざわいあるものはだれか、うれいあるものはだれか、あらそいをするものはだれか、わずらいあるものはだれか、ゆえなくきずをうけるものはだれか、あかをしているものはだれか。

30 さけよるをふかすものって、わせたさけあじわうものである。

31 さけはあかく、はいなかにあわだち、なめらかにくだる、あなたはこれをてはならない。

32 これはついに、へびのようにかみ、まむしのようにす。

33 あなたのあやしいものを、あなたのこころいつわりをう。

34 あなたはうみなかているひとのように、帆柱ほばしらうえているひとのようになる。

35 あなたはう、「ひとがわたしをったが、わたしはいたくはなかった。わたしを、たたいたが、わたしはなにおぼえはない。いつわたしはさめるのか、またさけもとめよう」と。