聖典
箴言10
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第10章

1 ソロモンの箴言しんげん知恵ちえあるちちよろこばせ、おろかなははかなしみとなる。

2 不義ふぎたからえきなく、正義せいぎひとすくして、まぬかれさせる。

3 しゅただしいひとえさせず、しきもの欲望よくぼうをくじかれる。

4 うごかすことをおこたものまずしくなり、つとはたらものとみる。

5 なつのうちにあつめるものかしこであり、刈入かりいれのときねむものはじをきたらせるである。

6 ただしいもののこうべには祝福しゅくふくがあり、しきものくち暴虐ぼうぎゃくかくす。

7 ただしいものはほめられ、しきものちる。

8 こころのさときものいましめをける、むだくちをたたくおろかなものほろぼされる。

9 まっすぐにあゆものあゆみは安全あんぜんである、しかし、そのみちげるものわざわいにあう。

10 で、めくばせするものうれいをおこし、あからさまに、いましめるもの平和へいわをきたらせる。

11 ただしいものくちいのちいずみである、しきものくち暴虐ぼうぎゃくかくす。

12 にくしみは、あらそいをおこし、あいはすべてのとがをおおう。

13 さときもののくちびるには知恵ちえがあり、知恵ちえのないものにはむちがある。

14 知恵ちえあるもの知識ちしきをたくわえる、おろかなもののむだくちは、いまにもほろびをきたらせる。

15 めるものたからは、そのかたしろであり、まずしいものとぼしきは、そのほろびである。

16 ただしいものける賃銀ちんぎんいのちみちびき、しきもの利得りとくつみいたる。

17 教訓きょうくんまもものいのちみちにあり、こらしめをてるものみちをふみまよう。

18 にくしみをかくものにはいつわりのくちびるがあり、そしりをくちものおろかなものである。

19 言葉ことばおおければ、とがをまぬかれない、自分じぶんのくちびるをせいするもの知恵ちえがある。

20 ただしいものしたせいぎんである、しきものこころ価値かちすくない。

21 ただしいもののくちびるはおおくのひとやしない、おろかなもの知恵ちえがなくてぬ。

22 しゅ祝福しゅくふくひとませる、しゅはこれになんのかなしみをもくわえない。

23 おろかなものは、たわむごとのようにあくおこなう、さときひとにはかしこおこないがたのしみである。

24 しきものおそれることは自分じぶんきたり、ただしいものねがうことはあたえられる。

25 あらしがとおりすぎるときしきものは、もはや、いなくなり、ただしいもの永久えいきゅうかたてられる。

26 なまけものは、これをつかわすものにとっては、をいため、けむりなやますようなものだ。

27 しゅおそれることはひといのちおおくする、しきものとしちぢめられる。

28 ただしいもののぞみはよろこびにおわり、しきもののぞみはえる。

29 しゅは、まっすぐにあゆものにはしろであり、あくおこなものにはほろびである。

30 ただしいものはいつまでもうごかされることはない、しきものは、むことができない。

31 ただしいものくち知恵ちえをいだし、いつわりのしたかれる。

32 ただしいもののくちびるはよろこばるべきことをわきまえ、しきものくちいつわりをかたる。