箴言25
    脚注
    Theme

    第25章

    1 これらもまたソロモンの箴言しんげんであり、ユダのおうヒゼキヤにぞくする人々ひとびとがこれをうつした。

    2 ことかくすのはかみほまれであり、こときわめるのはおうほまれである。

    3 てんたかさとふかさと、おうたるものこころとははかることができない。

    4 ぎんから、かなくそをのぞけ、そうすれば、ぎん細工人ざいくにんうつわつく材料ざいりょうとなる。

    5 おうまえからしきもののぞけ、そうすれば、そのくらい正義せいぎによってかたつ。

    6 おうまえみずかたかぶってはならない、えらひとってはならない。

    7 たっとひとまえしたにさげられるよりは、「ここにがれ」といわれるほうがましだ。

    8 あなたがたことを、軽々かるがるしく法廷ほうていしてはならない。あとになり、あなたがとなびとにはずかしめられるとき、あなたはどうしようとするのか。

    9 となびとあらそうことがあるならば、ただそのひとあらそえ、他人たにん秘密ひみつをもらしてはならない。

    10 そうでないと、ものがあなたをいやしめ、あなたは、いつまでもそしられる。

    11 おりにかなってかた言葉ことばは、ぎんものきんのりんごをはめたようだ。

    12 知恵ちえをもっていましめるものは、これをきくものみみにとって、きん耳輪みみわせいきんかざりのようだ。

    13 忠実ちゅうじつ使者ししゃはこれをつかわすものにとって、刈入かりいれのひややかなゆきがあるようだ、よくその主人しゅじんこころよろこばせる。

    14 おくものをするといつわってほこひとは、あめのないくもかぜのようだ。

    15 忍耐にんたいをもってけばきみ言葉ことばをいれる、やわらかなしたほねくだく。

    16 みつたならば、ただるほどにこれをべよ、おそらくはべすごして、それをすであろう。

    17 となびといえあしをしげくしてはならない、おそらくはかれわずらわしくなって、あなたをにくむようになろう。

    18 となびとてきしていつわりのあかしをてるひとは、こんぼう、つるぎ、またはするどのようだ。

    19 なやみにうとき不信実ふしんじつものたのみにするのは、わる、またはなえたあしたのみとするようなものだ。

    20 こころいためるひとまえうたをうたうのは、さむ着物きものぐようであり、またきずうえをそそぐようだ。

    21 もしあなたのあだがえているならば、パンをあたえてべさせ、もしかわいているならばみずあたえてませよ。

    22 こうするのは、かれのこうべにむのである、しゅはあなたにむくいられる。

    23 北風きたかぜあめおこし、陰言かげごとをいうしたひとかおいからす。

    24 あらそいをこのおんな一緒いっしょいえにおるよりは、屋根やねのすみにおるほうがよい。

    25 とおくにからるよい消息しょうそくは、かわいているひとひややかなみずのようだ。

    26 ただしいものわるものまえ屈服くっぷくするのは、井戸いどにごったよう、またいずみがよごれたようなものだ。

    27 みつおおべるのはよくない、ほめる言葉ことばひかにするがよい。

    28 自分じぶんこころせいしないひとは、城壁じょうへきのないやぶれたしろのようだ。