聖典
箴言16
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第16章

1 こころにはかることはひとぞくし、したこたえしゅからる。

2 ひとみち自分じぶんにことごとくいさぎよしとえる、しかししゅひとたましいをはかられる。

3 あなたのなすべきことしゅにゆだねよ、そうすれば、あなたのはかるところはかならる。

4 しゅはすべてのものをおのおのそのようのためにつくり、しきひとをもわざわいのためにつくられた。

5 すべてこころたかぶるものしゅにくまれる、たしかに、かればつまぬかれない。

6 いつくしみとまことによって、とがはあがなわれる、しゅおそれることによって、ひとあくまぬかれる。

7 ひとみちしゅよろこばせるときしゅはそのひとてきをもそのひとやわらがせられる。

8 正義せいぎによってたわずかなものは、不義ふぎによっておおくのたからにまさる。

9 ひとこころ自分じぶんみちかんがはかる、しかし、そのあゆみをみちびものしゅである。

10 おうのくちびるにはかみ決定けっていがある、さばきをするとき、そのくちあやまりがない。

11 ただしいはかりとてんびんとはしゅのものである、ふくろにあるふんどうもすべてかれつくられたものである。

12 あくおこなうことはおうにくむところである、そのくらい正義せいぎによってかたっているからである。

13 ただしいくちびるはおうよろこばれる、かれただしいことものあいする。

14 おういかりは使者ししゃである、知恵ちえあるひとはこれをなだめる。

15 おうかおひかりにはいのちがある、かれめぐみは春雨はるさめをもたらすくものようだ。

16 知恵ちえるのはきんるのにまさる、さとりをるのはぎんるよりものぞましい。

17 あくはなれることはただしいひとみちである、自分じぶんみちまもものはそのたましいまもる。

18 たかぶりはほろびにさきだち、ほここころたおれにさきだつ。

19 へりくだってまずしい人々ひとびとともにおるのは、たかぶるものともにいて、獲物えものけるにまさる。

20 つつしんで、み言葉ことばをおこなうものさかえる、しゅたのものはさいわいである。

21 こころ知恵ちえあるものはさときものととなえられる、くちびるがあまければ、そのおしえひときつけるちからす。

22 知恵ちえはこれをものいのちいずみとなる、しかし、おろかさはおろかなものけるこらしめである。

23 知恵ちえあるものこころはそのうところをかしこくし、またそのくちびるにひときつけるちからす。

24 ここちよい言葉ことば蜂蜜はちみつのように、たましいあまく、からだをすこやかにする。

25 ひと自分じぶんただしいとするみちがあり、そのおわりはついににいたるみちとなるものがある。

26 ほねおるもの飲食いんしょくのためにほねおる、そのくち自分じぶんせまるからである。

27 よこしまなひとあくくわだてる、そのくちびるにははげしいのようなものがある。

28 いつわものあらそいをおこし、つげぐちするものしたしいともはなれさせる。

29 しえたげるものはそのとなびとをいざない、これをくないみちみちびく。

30 めくばせするものあくはかり、くちびるをちぢめるもの悪事あくじをなしげる。

31 しらがはさかえのかんむりである、ただしくきることによってそれがられる。

32 いかりをおそくするもの勇士ゆうしにまさり、自分じぶんこころおさめるものしろものにまさる。

33 ひとはくじをひく、しかしことさだめるのはまったしゅのことである。