箴言14
    脚注
    Theme

    第14章

    1 知恵ちえはそのいえて、おろかさは自分じぶんでそれをこわす。

    2 まっすぐにあゆものしゅおそれる、まがってあゆものしゅあなどる。

    3 おろかなもの言葉ことば自分じぶんにむちをてる、知恵ちえあるもののくちびるはそのまもる。

    4 うしがなければ穀物こくもつはない、うしちからによって農作物のうさくもつおおくなる。

    5 真実しんじつ証人しょうにんはうそをいわない、いつわりの証人しょうにんはうそをつく。

    6 あざけるもの知恵ちえもとめてもられない、さときもの知識ちしきることがたやすい。

    7 おろかなものまえはなれ、そこには知識ちしき言葉ことばがないからである。

    8 さときもの知恵ちえ自分じぶんみちをわきまえることにあり、おろかなものおろかは、あざむくことにある。

    9 かみしきものをあざけられる、ただしいものは、そのめぐみをける。

    10 こころくるしみはこころみずからがる、そのよろこびには他人たにんはあずからない。

    11 しきものいえほろぼされ、ただしいもの幕屋まくやさかえる。

    12 ひとみずかただしいとするみちでも、そのおわりはついにいたみちとなるものがある。

    13 わらときにもこころかなしみがあり、よろこびのはてにうれいがある。

    14 こころのもとれるものはそのしわざのり、善良ぜんりょうひともまたそのおこないのる。

    15 思慮しりょのないものはすべてのことをしんじる、さときもの自分じぶんあゆみをつつしむ。

    16 知恵ちえあるもの用心ようじんぶかく、あくはなれる、おろかなものたかぶって用心ようじんしない。

    17 いかりやすいものおろかなことをおこない、かしこもの忍耐にんたいづよい。

    18 思慮しりょのないものおろかなことを自分じぶんのものとする、さときもの知識ちしきをもってかんむりとする。

    19 悪人あくにん善人ぜんにんまえにひれし、しきものただしいものもんにひれす。

    20 まずしいものはそのとなりにさえもにくまれる、しかしめるものおおくのともをもつ。

    21 となびといやしめるものつみびとである、まずしいひとをあわれむものはさいわいである。

    22 あくはかものはおのれをあやまるではないか、ぜんはかものにはいつくしみと、まこととがある。

    23 すべての勤労きんろうには利益りえきがある、しかし口先くちさきだけの言葉ことば貧乏びんぼうをきたらせるだけだ。

    24 知恵ちえあるものかんむりはその知恵ちえである、おろかなものはなかんむりはただおろかさである。

    25 まことの証人しょうにんひといのちすくう、いつわりをものうらぎりものである。

    26 しゅおそれることによってひと安心あんしん、そのらはのがれる。

    27 しゅおそれることはいのちいずみである、ひとのわなからのがれさせる。

    28 おうさかえはたみおおいことにあり、きみほろびはたみうしなうことにある。

    29 いかりをおそくするものおおいなるさとりがあり、みじかものおろかさをあらわす。

    30 おだやかなこころいのちである、しかし興奮こうふんほねくさらせる。

    31 まずしいものをしえたげるものはそのつくぬしあなどる、とぼしいものをあわれむものは、しゅをうやまう。

    32 しきものはそのしきおこないによってほろぼされ、ただしいものはそのただしきによって、のがれる。

    33 知恵ちえはさときものこころにとどまり、おろかなものこころられない。

    34 正義せいぎくにたかくし、つみたみをはずかしめる。

    35 かしこいしもべはおうめぐみをうけ、はじをきたらすものはそのいかりにあう。