箴言19
    脚注
    Theme

    第19章

    1 ただしくあゆまずしいものは、まがったことをおろかなものにまさる。

    2 ひと知識ちしきのないのはくない、あしいそものみちまよう。

    3 ひと自分じぶんおろかさによってみちにつまずき、かえってこころのうちにしゅをうらむ。

    4 とみおおくのあたらしいともつくる、しかしまずしいひとはそのともてられる。

    5 いつわりの証人しょうにんばつまぬかれない、いつわりをいうものはのがれることができない。

    6 気前きまえのよいひとにこびるものおおい、ひとはみなおくものをするひとともとなる。

    7 まずしいものはその兄弟きょうだいすらもみなこれをにくむ、ましてそのともはこれにとおざからないであろうか。言葉ことばをかけてこれをんでも、ってかえらないのである。

    8 知恵ちえもの自分じぶんたましいあいし、さとりをたもものさいわいる。

    9 いつわりの証人しょうにんばつまぬかれない、いつわりをいうものほろびる。

    10 おろかなものが、ぜいたくなくらしをするのは、ふさわしいことではない、しもべたるものが、きみたるものおさめるなどは、なおさらである。

    11 さとりはひといかりをしのばせる、あやまちをゆるすのはひとほまれである。

    12 おういかりは、ししのほえるようであり、そのめぐみはくさうえにおくつゆのようである。

    13 おろかなはそのちちわざわいである、つまあらそうのは、雨漏あまもりのえないのとひとしい。

    14 いえとみとは先祖せんぞからうけつぐもの、かしこつましゅからたまわるものである。

    15 おこたりはひと熟睡じゅくすいさせる、なまけものえる。

    16 いましめをまももの自分じぶんたましいまもる、み言葉ことばかろんじるものぬ。

    17 まずしいものをあわれむものしゅすのだ、そのほどこしはしゅつぐなわれる。

    18 のぞみのあるうちに、自分じぶんらせ、これをほろぼすこころおこしてはならない。

    19 いかることのはげしいものばつをうける、たといかれすくってやっても、さらにくりかえさねばならない。

    20 すすめをき、教訓きょうくんをうけよ、そうすれば、ついには知恵ちえあるものとなる。

    21 ひとこころにはおおくの計画けいかくがある、しかしただしゅの、みむねだけがかたつ。

    22 ひとのぞましいのは、いつくしみふかいことである、まずしいひといつわりをいうひとにまさる。

    23 しゅおそれることはひといのちいたらせ、つねりて、わざわいにあうことはない。

    24 なまけものは、さられても、それをくちってゆくことをしない。

    25 あざけるものて、そうすれば思慮しりょのないものつつしむ。さときものいましめよ、そうすればかれ知識ちしきる。

    26 ちち乱暴らんぼうをはたらき、ははものは、はじをきたらし、はずかしめをまねくである。

    27 わがよ、知識ちしき言葉ことばをはなれてひとまよわせる教訓きょうくんくことをやめよ。

    28 わる証人しょうにんはさばきをあざけり、しきものくちあくをむさぼりう。

    29 さばきはあざけるもののためにそなえられ、むちはおろかなもののためにそなえられる。