聖典
箴言4
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第4章

1 子供こどもらよ、ちちおしえき、さとりをるためにみみかたむけよ。

2 わたしは、教訓きょうくんを、あなたがたにさずける。わたしのおしえててはならない。

3 わたしもわがちちにはであり、わがははには、ひとりのいとしであった。

4 ちちはわたしをおしえてった、「わたしの言葉ことばを、こころめ、わたしのいましめをまもって、いのちよ。

5 それをわすれることなく、またわがくち言葉ことばにそむいてはならない、知恵ちえよ、さとりをよ。

6 知恵ちえてるな、それはあなたをまもる。それをあいせよ、それはあなたをたもつ。

7 知恵ちえはじめはこれである、知恵ちえよ、あなたがなにるにしても、さとりをよ。

8 それをたっとべ、そうすれば、それはあなたをたかくあげる、もしそれをいだくならば、それはあなたをたっとくする。

9 それはあなたのあたまうるわしいかざりをき、さかえのかんむりをあなたにあたえる」。

10 わがよ、け、わたしの言葉ことばをうけいれよ、そうすれば、あなたのいのちとしおおくなる。

11 わたしは知恵ちえみちをあなたにおしえ、ただしい道筋みちすじにあなたをみちびいた。

12 あなたがあるくとき、そのあゆみはさまたげられず、はしときにも、つまずくことはない。

13 教訓きょうくんをかたくとらえて、はなしてはならない、それをまもれ、それはあなたのいのちである。

14 よこしまなものみちに、はいってはならない、しきものみちあゆんではならない。

15 それをけよ、とおってはならない、それをはなれてすすめ。

16 かれらはあくおこなわなければねむることができず、ひとをつまずかせなければ、ることができず、

17 不正ふせいのパンをらい、暴虐ぼうぎゃくさけむからである。

18 ただしいものみちは、夜明よあけのひかりのようだ、いよいよかがやきをして真昼まひるとなる。

19 しきひとみちくらやみのようだ、かれらはなににつまずくかをらない。

20 わがよ、わたしの言葉ことばこころをとめ、わたしのかたることにみみかたむけよ。

21 それを、あなたのからはなさず、あなたのこころのうちにまもれ。

22 それは、これをものいのちであり、またその全身ぜんしんすこやかにするからである。

23 油断ゆだんすることなく、あなたのこころまもれ、いのちいずみは、これからながるからである。

24 まがった言葉ことばをあなたからてさり、よこしまな談話だんわをあなたからとおざけよ。

25 あなたのは、まっすぐに正面しょうめん、あなたのまぶたはあなたのまえを、まっすぐによ。

26 あなたのあしみちをつけよ、そうすれば、あなたのすべてのみち安全あんぜんである。

27 みぎにもひだりにもまよてはならない、あなたのあしあくからはなれさせよ。