箴言17
    脚注
    Theme

    第17章

    1 平穏へいおんであって、ひとかたまりのかわいたパンのあるのは、あらそいがあって、食物しょくもつゆたかないえにまさる。

    2 かしこいしもべは身持みもちわるいむすこをおさめ、かつ、その兄弟きょうだいたちのなかにあって、資産しさんまえる。

    3 ぎんこころみるものはるつぼ、きんこころみるものはひとこころこころみるものはしゅである。

    4 あくおこなものいつわりのくちびるにき、いつわりをいうものしきしたみみかたむける。

    5 まずしいものをあざけるものはそのつくぬしあなどる、ひとわざわいよろこものばつまぬかれない。

    6 まご老人ろうじんかんむりである、ちちさかえである。

    7 すぐれた言葉ことばおろかなものには似合にあわない、ましていつわりをうくちびるはきみたるものには似合にあわない。

    8 まいないはこれをおくひとには幸運こううんたまのようだ、そのかうところ、どこでもかれさかえる。

    9 あいもとめるひとひとのあやまちをゆるす、ひとのことをいふらすものともはなれさせる。

    10 いましめがさときひとてっするのは、百こらしめがおろかなひとてっするよりもふかい。

    11 しきものはただ、そむくことのみをもとめる、それゆえ、かれかっては残忍ざんにん使者ししゃがつかわされる。

    12 おろかなものおろかなことをするのにうよりは、をとられたぐまにうほうがよい。

    13 あくをもてぜんむくいるものは、あくがそのいえはなれることがない。

    14 あらそいのはじめはみずがもれるのにている、それゆえ、けんかのおこらないうちにそれをやめよ。

    15 しきものただしいとするものただしいものわるいとするもの、この二つのものはともにしゅにくまれる。

    16 おろかなものはすでにこころがないのに、どうして知恵ちえおうとしてにその代金だいきんっているのか。

    17 ともはいずれのときにもあいする、兄弟きょうだいはなやみのときのためにうまれる。

    18 知恵ちえのないひとをうって、そのとなびとまえ保証ほしょうをする。

    19 あらそいをこのものつみこのむ、そのもんたかくするものほろびをもとめる。

    20 まがったこころものはさいわいをない、みだりにしたをもってかたものわざわいおちいる。

    21 おろかなものなげきをる、おろものちちよろこびをない。

    22 こころたのしみはくすりである、たましいのうれいはほねらす。

    23 しきものひとのふところからまいないをけて、さばきのみちをまげる。

    24 さときものはそのかお知恵ちえにむける、しかし、おろかなものはてにそそぐ。

    25 おろかなはそのちちうれいである、またこれをんだははいたみである。

    26 ただしいひとばっするのはよくない、たっとひとつのはわるい。

    27 言葉ことばすくなくするもの知識ちしきのあるものこころ冷静れいせいひとはさときひとである。

    28 おろかなものだまっているときは、知恵ちえあるものおもわれ、そのくちびるをじているときは、さときものおもわれる。