箴言9
    脚注
    Theme

    第9章

    1 知恵ちえ自分じぶんいえて、その七つのはしらて、

    2 けものをほふり、さけわせて、ふるまいをそなえ、

    3 はしためをつかわして、まちたかところばわりわせた、

    4 思慮しりょのないものよ、ここにきたれ」と。また、知恵ちえのないものう、

    5 て、わたしのパンをべ、わたしのわせたさけをのみ、

    6 思慮しりょのないわざをてていのちさとりのみちあゆめ」と。

    7 あざけるものいましめるものは、みずかはじしきものめるものみずかきずける。

    8 あざけるものめるな、おそらくかれはあなたをにくむであろう。知恵ちえあるものめよ、かれはあなたをあいする。

    9 知恵ちえあるもの教訓きょうくんさづけよ、かれはますます知恵ちえる。ただしいものおしえよ、かれがくすすむ。

    10 しゅおそれることは知恵ちえのもとである、せいなるものることは、さとりである。

    11 わたしによって、あなたのおおくなり、あなたのいのちとしす。

    12 もしあなたに知恵ちえがあるならば、あなた自身じしんのために知恵ちえがあるのである。もしあなたがあざけるならば、あなたひとりがそのめをうことになる。

    13 おろかなおんなは、さわがしく、みだらで、はじらない。

    14 彼女かのじょはそのいえ戸口とぐちし、まちたかところにあるにすわり、

    15 みちいそひとまねいてう、

    16 思慮しりょのないものよ、ここにきたれ」と。また知恵ちえのないひとかってこれにう、

    17 ぬすんだみずあまく、ひそかにべるパンはうまい」と。

    18 しかしそのひとは、かげがそこにあることをらず、彼女かのじょきゃく陰府よみふかみにおることをらない。