箴言20
    脚注
    Theme

    第20章

    1 さけひとをあざけるものとし、さけひとをあばれものとする、これにまよわされるもの無知むちである。

    2 おういかりは、ししがほえるようだ、かれいからせるもの自分じぶんいのちをそこなう。

    3 あらそいに関係かんけいしないことはひとほまれである、すべておろかなものいかあらそう。

    4 なまけものさむいときにたがやさない、それゆえ刈入かりいれのときになって、もとめてもなにもない。

    5 ひとこころにあるはかりごとはふか井戸いどみずのようだ、しかし、さときひとはこれをくみす。

    6 自分じぶん真実しんじつだというひとおおい、しかし、だれが忠信ちゅうしんひとうであろうか。

    7 けたところなく、ただしくあゆひと——そののち子孫しそんはさいわいである。

    8 さばきのにすわるおうはそのをもって、すべてのあくをふるいわける。

    9 だれが「わたしは自分じぶんこころきよめた、わたしのつみきよめられた」ということができようか。

    10 たがいちがった二しゅのはかり、二しゅのますは、ひとしくしゅにくまれる。

    11 おさでさえも、そのおこないによってみずからをしめし、そのすることのきよいかただしいかをあらわす。

    12 みみと、とは、ともにしゅつくられたものである。

    13 ねむりをあいしてはならない、そうすればまずしくなる、ひらけ、そうすればパンにくことができる。

    14 ものは、「わるい、わるい」という、しかしってのちかれみずかほこる。

    15 きんもあり、あたいたか宝石ほうせきおおくあるが、たっとうつわ知識ちしきのくちびるである。

    16 ひとのために保証ほしょうするものからは、まずその着物きものれ、他人たにんのために保証ほしょうするものをば抵当ていとうれ。

    17 あざむったパンはおいしい、しかしのちにはそのくち砂利じゃりたされる。

    18 はかりごとはともすることによってる、たたかおうとするならば、まずよくしなければならない。

    19 あるきまわってひとのよしあしをいうもの秘密ひみつをもらす、くちびるをひらいてあるものまじわってはならない。

    20 自分じぶん父母ふぼをののしるものは、そのともしびはくらやみのなかえる。

    21 はじめにいそいで資産しさんは、そのおわりがさいわいでない。

    22 「わたしがあくむくいる」とってはならない、しゅのぞめ、しゅはあなたをたすけられる。

    23 たがいちがった二しゅのふんどうはしゅにくまれる、いつわりのはかりはくない。

    24 ひとあゆみはしゅによってさだめられる、ひとはどうしてみずからそのみちを、あきらかにすることができようか。

    25 軽々かるがるしく「これはせいなるささげものだ」とい、またちかいをててのちかんがえることは、そのひとのわなとなる。

    26 知恵ちえあるおうは、みのをもってあおぎけるように悪人あくにんらし、くるまをもって脱穀だっこくするように、これをばっする。

    27 ひとたましいしゅのともしびであり、ひとこころおくさぐる。

    28 いつくしみと、まこととはおうまもる、そのくらいもまた正義せいぎによってたもたれる。

    29 わかひとさかえはそのちから老人ろうじんうつくしさはそのしらがである。

    30 きずつくまでにてばわるところきよくなり、むちでてばこころそこまでもきよまる。